過去記事再掲載について
サイト移転時にお蔵入りになってしまった過去記事の復活を行っていましたが、ようやくほぼ全ての記事のサルベージが終わりました。
復活掲載に関しては完了しましたが、しばらく古い記事に修正や手直しを加えたものを深夜帯、時事性の無い記事のみに限り引き続き掲載させていただきます。ご了承ください。
モス男、金子たちが居ない時期の古ーい記事もありますので、懐かしむ気分で楽しんでいただければ幸いです。
1: 風吹けば名無し 2018/03/06(火) 14:31:33.77 ID:sAq6ATSi0
・タスマニアオオガニ
・最大体長46cm、最大体重13kg
・その握力は3000kgを超える。これはシャチの咀嚼力の3倍以上の数値だ


no title
タスマニアオオガニ
タスマニアオオガニ(Pseudocarcinus gigas)は、甲殻亜門・十脚目・短尾下目・イソオウギガニ科に属するカニの一種。
オーストラリア南西部とタスマニア島近辺の海域の、水深30~500mに住む。
甲幅が最大で46cmに達し、体重も13kgになる巨大なカニで、体重や脚を拡げた大きさではタカアシガニに及ばないものの、甲幅ではこちらに軍配が上がる。雌のサイズは雄の半分ほどである。磯に住むイソオウギガニが5cmほどの小型のカニであるのに対し、近縁種ではあるが巨大になる。甲羅は赤に黄色が混じり合った色で、ハサミの爪の先は黒。ハサミは右側が大きい。節足動物のハサミとしても最大級の大きさとなる。


https://ja.wikipedia.org/wiki/タスマニアオオガニ