no title

1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/03/03(土) 21:18:16.13 ID:QxAvVdKn0● BE:887141976-PLT(16001)
中国湖北省に住んでいる女性Aさんは2月26日に夫を起こすために部屋に行った。しかしAさんが起こしても夫は目を覚ますことはなかった。

Aさんは夫が死んだと思ってしまった。夫は元々胃がんの末期判定を受けており闘病生活を続けてきた。
病院からも夫の病気が治る見込みは無いと診断され、退院後に家で余生を過ごしていた。
そんな経緯があったことからAさんは病気で苦しんでいた夫が死んだと思ったようだ。

Aさんはすぐに葬儀の準備をして、夫は遺体保管所に送られた。しかし、葬儀場の従業員が、遺体保管所から夫を寿衣を着せて化粧をしているととんでもないことが起きた。
死んだと思っていた夫の指が痙攣して動きだしたのだ。

従業員は急いで従業員の脈を確認したあとに救急隊に助けを要請した。
しかし、医療スタッフが遺体保管所に到着したときには、夫は動く事はなかった。医療スタッフは彼が
本当に亡くなったと、このときに正式に確認された。

葬儀場の従業員は「今までこのようなことは3回ほどあった。普通の人は人間の体が硬く、冷たかったら死んだと思ってしまう。しかし、心臓の鼓動や脈拍などを確認することが、正確な死亡の事実を知る術である」と述べた。

http://gogotsu.com/archives/37659


関連記事
死亡宣告を受けた女性が棺桶の中に閉じ込められる 実は生きており数日間脱出を試みるも死亡
http://gogotsu.com/archives/37394