no title

128: なしっこ 2018/03/29(木) 14:02:43.60 ID:jRcQ7g7k0
最近思い出してゾッとした話。

中学1年生の時。
小学校とか中学校とかでこっくりさんが流行る時期ってあるよね。
当時私の学校でもこっくりさんブームが来てて、放課後にこっくりさんをやってた。
よく覚えてないけど、何かの拍子で途中で1人が手を離してしまった。
こっくりさんは途中で手を離したら呪われる。
驚きと恐怖で、私含め全員が手を離してしまった。
呪われたらどうしよう!とJC達はパニック。
とりあえず怖いから早く帰ろうということになった。

私の地元は田舎で山ばかり。
中でも私の家は山の谷間にあって民家はまばら、田畑ばかり。
家の真向かいの山にはお墓、その山含め周囲の山は小さい神社とか祠?がいっぱいある。
こっくりさんの呪いに完全にびびっており、友達と別れてからは人通りも少ない山沿いの道を走って帰った。

夜、1人で寝るのは怖かったけど寝つきはいいのであっさり寝られた。