137: 可愛い奥様 2018/04/06(金) 01:08:16.00 ID:ZyrKUSCL0
祖母と「霊を信じるか?」という話題になった時、
祖母自身は見た事ないけどあってもおかしくはないと思ってると話していた。
(私は全くの0感)
その後で、「じゃあもし死んだら、可能だったら私のところに幽霊になって出てきてよ。おばあちゃんなら恐くないから」
「よしきた!」
と約束した。(ノリのいい祖母だった)

それから数年経って祖母は認知入って死んだ。

その納骨の時、納骨堂に住職が入って来られた瞬間、
グラっと納骨堂が揺れた。
私と子供達が「地震!?」「揺れたよね?」と騒いだけど、
夫や親戚たちは、はぁ?揺れてないし、という感じ。

それから納骨の読経が始まった時、
ズラッと並んだ納骨棚の向こうから、
小柄な老人がこっちを覗き込んでるような人影が見えた。
祖母が自分の納骨を見にきたのか~と思った。

どうせだったら、「ばあっ!」みたいな、
分かりやすく幽霊になって欲しかったし、
何より話したかったよ。