no title

352: 本当にあった怖い名無し 2018/04/24(火) 23:15:01.01 ID:WF6i1VJI0
初めて書き込むので、上手く纏まっているか自信がないけど聞いてほしい。


3年前から一人暮らしを始めたんだけど、その時住んでたのは最上階角部屋っていう結構良い部屋。
部屋には南向きのベランダに出られるでっかい窓が付いてて、このベランダも結構広くて洗濯機や物干し台を置いてた。
で、片側に隣室との衝立?というか、隔板が設置されてるんだ。災害時に破って隣室に避難できるやつ。
この隔板が結構雑な造りで、やたら隙間が広いうえに高さも足りないもんだから隣室のベランダの様子なんか丸見えだし、多分細身の人間なら隙間から侵入できるレベル。
まあ建物自体古いし家賃も安かったから気にならない範囲ではあった。男の一人暮らしだし。
でも俺、オカルト大好き&想像力が豊かすぎるくせにビビり(でも0感)という少々情けない性格をしており、そういう隙間なんか見ちゃうと「この隙間から誰かが覗いてたらどうしよう」とかアホな妄想をしてよく勝手に怖くなってた。
実際のところそんな事は起こったことがなく、時々隣人と洗濯のタイミングが被って目が合って気まずくなった経験くらいしかないが。

で、その日は、残業終わりに飲みの付き合いで帰ってきたら日付が変わってた。
クタクタですぐにでも寝たかったけど、そういう日に限って洗濯物がどっさり溜まってて翌日の着替えがない。
しょうがなく洗濯してから寝ることにした。(時間的にも非常識だったけど、両隣もよく深夜に回してたから心の中で謝罪しつつ実行)
脱水完了した洗濯物をベランダでうとうとしながら干してたけど、ふと「今あの隙間から人と目があったら怖いよなー」と嫌な事を考えてしまった。
一瞬隔板から血まみれの女がこちらに顔を出してる図を想像してビビったけど、そんな時間にベランダに誰もいるはずはなく、隙間からは何も見えない。
自分の想像力に引きつつさっさと寝よう、と再開した時、何か変な音が聞こえてきた。
カリ、カリ、ってなにか硬いものを引っ掻いてるような音。
風でハンガーがどっかにぶつかってるのか?と思ったけどそんな様子はない。
よくよく聞いてみると、音は隔板の方から聞こえているようだった。
ちょうど、ケイカル板に人間が爪を立てるとあんな音が出るんじゃないだろうか。
そう気付いた瞬間、まだ肌寒い時期なのに、一瞬で背中にぶわっと汗が滲んだのが分かった。