no title

過去記事再掲載について
サイト移転時にお蔵入りになってしまった過去記事の復活を行っていましたが、ようやくほぼ全ての記事のサルベージが終わりました。
復活掲載に関しては完了しましたが、しばらく古い記事に修正や手直しを加えたものを深夜帯、時事性の無い記事のみに限り引き続き掲載させていただきます。ご了承ください。
モス男、金子たちが居ない時期の古ーい記事もありますので、懐かしむ気分で楽しんでいただければ幸いです。
1: 風吹けば名無し 2018/06/22(金) 00:31:14.06 ID:VbQYxLq0a
たった40年前の事件とは思えん
映画みたい
ロボトミー殺人事件
ロボトミー殺人事件(ロボトミーさつじんじけん)とは、1979年(昭和54年)、東京都内で精神科医の妻と母親が刺殺された強盗殺人事件の通称。
1979年9月に元スポーツライターで当時50歳の桜庭章司が、「精神外科手術を受けたことにより人間性を奪われた」として殺害と自殺を目論み執刀医の自宅に押し入った。医師の母親と妻を拘束して医師本人の帰宅を待つが、予想時刻を過ぎても帰宅しなかったことから2人を殺害して金品を強奪して逃走するも、池袋駅で職務質問した警察官に銃刀法違反の現行犯で逮捕された。1993年に東京地裁が無期懲役と判決するが検察と被告双方が控訴し、1995年に東京高裁が控訴を棄却したため被告側が上告するも、1996年に最高裁で無期懲役が確定する。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ロボトミー殺人事件