children-2397456_1280


218: 『公園デビュー』 03/12/29 19:35
引越しして2ケ月、子供は2歳、可愛い盛り、そろそろ公園デビュー。
服装も完璧、ブランドじゃないし、バックも普通。ベビーカーも義姉のお下がり。
春の日差しの中におでかけ。
「こんにちは、○○裏のマンションの2階に引越しして来ました佐藤です。」
子供たちが寄ってきた、砂場で遊んでいたらしく砂だらけ・・。
「どうも~田中です、山田です、よろしく。」
「可愛いお子さんね、いくつ・・・」
息子は指を全部出した。
2つなのに。「お名前は」「りょうです」まだ言えないけど愛想はいい。
「カワイイィ、、おばちゃん!私たちが遊んであげる・」と子供たち。
まだ、「おばちゃんじゃないわよ!」と口には出せない。

砂場を見るとお山が出来ている。
「まぁ、大きなお山、みんなが作ったの?」
横にあいた穴にひざまで入ってみんな真っ黒、愛する息子は興味津々。
赤いバケツと黄色いスコップでヨチヨチあるき。
「おいたしたらしかってね?、」「ハァーイ」と可愛い声。
うまくやれそうだわ、「これからもよろしくね」始めのうちはそこにいて・・いつのまにか、ちょっと離れ、子供たちを横目でみながら田中さん、山田さんのお話。

そしていつの間にか・・。
話も弾んで夫の事、会社の事、そんな井戸端会議であっという間に時は過ぎた。
ふと、胸に風が通り過ぎ、なぜかハッとなって後ろを振り向いた。
砂場には女の子2人の姿があった。
楽しそうに・・・・。
「子供がいない!」あわてて砂場へ駆け寄った。
靴が!子供の靴がちゃんと揃えておかれていた。
「おばちゃん、りょうくん悪い子だったからおねんねしてもらったの」
お山の横の穴はもうなかった。

310: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/01/01 03:52
通学時の話。
俺はある市営地下鉄の駅を使ってる。
大抵の地下鉄の駅と同じように、その駅もホームからエスカレーターか階段を登って外に出るようになってる。
ちなみにエスカレーターは二列あって、俺はいつも左側を使うようにしてる。
習慣かな。
この前、いつものように半分眠りながら左側のエスカレーターを登ってた。
ちょっと遅刻気味だったから駆け足だったんだけど、ふと右の方から視線を感じてそっちを見た。

そしたら右側のエスカレーターから、手すりに両腕をのせてニコニコしながらこっちを顔で追ってる小さい女の子がいたのね。
あぁ、私立に通ってる小学生かな…と思ってそのまま他の電車に乗り換えたんだけど、ある事に気が付いてゾッとした。
その女の子、ニコニコこっち見ながらその場に「静止」してたんだよ。
エスカレーターって常に動いてるから、同じ位置に静止するためにはエスカレーターと同じ速度で逆方向に運動しなきゃならない。
でもその女の子は手すりに両腕をのせてニコニコしてただけ。
後ろから来る人達も女の子を避けて登ってただけで誰も不自然に感じてないようだった。
あれは何だったんだろう?
2003年12月上旬、横浜市営地下鉄あざみ野駅での出来事です。

311: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/01/01 04:08
前に住んでたマンション、入り口が広めのロビーになってたんだ。
バイト終わるのが結構遅くて、急ぎ足でロビーに駆け込んだら集合ポストの陰に、女の人が立ってんの。
その時は余り怖いとは思わず、「こんばんわ」って声かけたの。
女性も、ボソッと言ったんけど聞き取れなくて、反射的にこちらが耳を寄せたら、「昨日、金魚が死んだの」ってグーにした手を突き出して俺の目の前で、開いたの。
手の中は、どう見ても金魚じゃなくて、血まみれた内臓みたいな肉。
翌日から、バイトのシフトは早い時間に入れてもらうようにした。

401: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/01/02 13:35
俺が高校生のころはよく夜中に風呂入ってたんだよ。
夜の2時くらい。隣の隣の家には俺と同級生で幼馴染の男友達が住んでたんだ。
んである日、そいつと夜中コッソリ遊びに行って2時くらいに帰ってきた時。
いつものように風呂に入ってたわけ。夜中だからあんまり五月蝿くしないようにね。

湯船に使ってる時、突然、さっき別れたばかりの幼馴染の叫び声が聞こえた。
「うわ!わぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」って。
どしたんだ?ゴキでもでたか?と思ってたら今度は隣の家から音が聞こえてきた。
ドンドンドンドンドオン!雨戸を叩く音だ。
何?誰かいんの?と考えていると音が止んだ。
次に隣の家と俺の家の間に植えられている木が揺れる音がする。
俺の入ってる風呂の窓の向こうにその木がある。その木の向こうに隣の家。
もしかして猿でもいるのか?と思った俺は窓から見てみる事に。

すると窓を開けた瞬間、女がいた。
女が木にしがみついておれを見ていた。
声を失った俺。動けない。女は無表情で髪が短く、合羽を着ていた。
動けないまま時間が過ぎていく。
そのとき、風呂の天井から水滴が俺の肩に落ちた。
突然動けるようになった俺は叫びながら窓を閉めて鍵を掛けた。
「うウォぁああァああああああ!!!」ガラガラガチャン。
木が揺れる音。窓の向こうで何がが着地する音。
ザザザザ…ビタンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドン
風呂の窓の向こうから女が俺を見ながら右手で激しく窓を叩いていた。

音を聞きながら俺は気を失った。
気がついたら俺は湯船の中に居た。
湯は水に変わり。
俺の体も冷え切っていた。

翌日、学校に行くと幼馴染に聞いてみた。
「昨日、別れた後風呂入ったか?」…ウン
「……お前もみた?」…ウン
お前も?「…見た。」……。
沈黙の後、幼馴染が言った。
「あいつちっちゃい声で言ってた。アケロアケロって」
俺達は互いにそれ以上追及しなかった。分かりたくも無かった。
それから俺が夜中に風呂に入ることは無い。
あんまり怖くないですねスンマソン

441: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/01/03 06:27
去年の夏の話なんだが怖かった話をひとつ。
大学の友達4人ばかりで心霊スポットを2,3個回ったんだけど幽霊とかには会うこともなく結局コンビニで色々買って公園みたいなとこで喋ってたのよ。
普段は俺含めて大人しいみんななんだけど、この4人が集まると結構ハイになるって言うか悪ノリしちゃう事があるのね。
今日も心霊スポットの空家とか病院跡で物壊したりガラス割ったりしていつもよかハイになってたわけ何だけどね。

その公園の端のベンチで俺ら座ってたんだけど公園の真ん中に背が高くてスンゲー髪の長い女が立ってたの、
まじサダコみてーな感じの・・・
で俺ら悪ノリでナンパっていうか絡んだわけね
「遊ばねー?」とか「ホテルいこー」とかそんな感じでさ。
でもその女逃げたりとか言い返したりとか全然リアクションとらなくてさ、
なんかこっちもイラついてきたわけ。

442: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/01/03 06:45
そしたら何を思ったか友達の一人が手元にあった石をその女に投げつけたのよ、結構な勢いで・・・
石は見事に女の腹を直撃、俺らはそれみてゲラゲラ笑ってたのよ・・・
女はちょっと腹を押さえるとこっちに正面を向けて立ったのね。
んで何したかっていうと「ミー…」って猫みたいな声上げるとその場で前転みたいな感じでグルングルンって回りだしたの。
「燃焼けーい。燃焼けーい」ってCMあるじゃん?あんな感じ。
俺らそんな異常な状況なってもハイになってて「ウハハ、スゲー」とかいって笑ったわけ、いやもうみんなヤベェって思ってたんだろうけどとにかく上辺だけでも笑ってようとしたのかな・・・

そしたら女がブリッジの体制になってビタリって止まったのよ。
んでこっちに顔向けたのね、髪の毛全部垂れ下って顔が全部見れたんだけど目が白めが真っ赤で黒目も猫とか犬みたいに光を反射してギラリって光ってて開いた口からはギザギザの歯と30cmくらいありそうな舌をだしててさ・・・。
あ、こいつ、まじやべえって思った瞬間「フシャー!」って猫の怒ったときみたいな声上げてブリッジの体制のまま手足をバタバタさせてこっちに向かってきたのよ・・・。
一目散にみんなバラバラに逃げ出して家にかえったね。
俺も家に帰ったんだけどとりあえず玄関に塩まいたよ、食塩だけど・・・
その後、俺は何も起こらなかった、

関係あるかはしらないけど石ぶつけた奴は数日後車で事故ってた命に別状なかったけどね・・・
あー、怖かったなぁあれは・・・。

455: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/01/03 18:01
旦那と幼い娘と三人で暮らしてます。
仕事の都合上旦那はいつも帰りが夜遅く、私と娘は先に寝てしまうのが習慣でした。
部屋には娘が生まれる前に買っておいたたくさんのぬいぐるみがあったんですが、なぜか娘はそれらを嫌っており、何かと「こわい、こわい」と言って避けたがります。
ぬいぐるみの顔が怖いのかと聞くと首を横に振ります。
慣れさせようとしてもやはり怖がるだけで、結局捨ててしまいました。
いつものように娘と布団に入りうとうとしていると、玄関の鍵が開けられる音がしました。
かちゃり。
旦那か。
今日はいつもより早いな、と思いまたそのままうとうとしていました。
すると、不意に音がしたのです。
さっきの鍵の音ではありません。ドクン。私の心臓の音でした。
ドクン。ドクン。
突然鼓動が早くなってきたんです。
それだけではありません。
言い知れない恐怖も襲ってきました。
なぜだろう。帰ってきたのは旦那のはずなのに。
家に入ってきたのは、旦那であるはずなのに。
なんで怖いんだろう。
そういえば旦那は足音がどっしりしていました。
すると、今聞こえる軽い足音は……。
嫌。来ないで。

456: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/01/03 18:02
ドクン。ドクン。ドクン。
だんだん鼓動が早まっていきます。
ドクン。ドクドクドク。
胸が痛い。
痛いほど鼓動が強い。
ドクドクドクドク!かちゃり。
『誰か』が部屋に入ってきた。
そう思いました。…………。
絶対に見たくない。
身体は動くので、目を開けて見ようと思えば見ることができたと思うんですが、ただただ怖いものを見たくない、そんな情けないほど子供じみた感情で、しかし本能に忠実な感情で、目を頑なに閉じたまま恐怖にじっと耐えていました。
ドクドクドクドクドクドク………。

457: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/01/03 18:02
しばらく経ちましたが、何も音はしません。
動悸もおさまってきて、いつの間にか普段の調子に戻っていました。
部屋のドアは開いてませんし、思い出してみると、旦那が朝に、今日は帰れないと言っていた記憶があります。
ああ、夢でも見たのかなと思いました。
うなされて娘を起こしはしなかったかと考えて、私は娘の方を見ました。
娘は目を開けていました。
ある方向をじっと見つめているようでした。
私の後ろです。
何か気になるものでもあるのかと振り返ると、捨てたはずのぬいぐるみ達が、部屋の真ん中でこちらを見ていたのです。


引用元: ・死ぬほど洒落にならない恐い話集めてみない?61