7765cbf9-480x307-1-480x307
●「投稿怪談」として  霊感主婦 さん よりいただいた体験談です

usi32: 投稿者 霊感主婦 さん 2016/4/3(日) 04:44:44.44 

北東北の大学の人文学部一年生の折の事。


クラスの同じ係の男子Aが密教系新興宗教に嵌まっていて
大変に熱心に勧誘してきました。
体の弱い子で喘息がひどく気の毒な感じでした。
大学も休むことが続いたりするので、係になっていてもクラスの用事は私ひとりで済ませることもありました。

ある日、連絡しなければならない用があり、電話をすると、アパート共同電話に出た他の部屋の学生が、彼は喘息が悪化して食事も取れず臥せっているというのです。
同情から、なんとなく世話をしてしまいました。

こうなると、さらに彼は情熱的に勧誘します。
根負けして某市の地方本部道場に連れていかれました。

○○宗はアーケード街のビル3フロアを使用していました。
ビルの前で既に黒いモヤモヤした奴が彷徨いていて嫌な感じでした。
Aには見えないようでした。

事務室兼談話室、食堂みたいなフロアにまず通され、めっちゃ笑顔の、若い?(私の田舎は40代は青年団だからね)信者達に囲まれ、方言に満ち満ちた会話に投げ込まれているうちに道場長というオバチャンがでてきました。

『あんたが来るのは御本尊様から知らされで、わがってた。まぁ、よぐ、いらしたなぁ』

ヤバイ、と思いつつも曖昧に笑うしかない情況。
さっきの若手信者達の群れの中から一人の30代の公務員っぽい男が前に出てきました。
オバチャンは満面の笑みで

『あたしの息子、教師なのよ。宜しくね♪』

私を連れてきたAは驚いた顔になっていました。
別のフロアに本堂があるからと皆で移動させられました。

Aは私の手を引っ張り一番後に座りました。
勤行が始まるのだそうです。
灯りが暗くなり真言宗と大変よく似た勤行が始まりました。
知っているお経でしたので唱えていると死臭?のような酷い臭いと踊る如く頭を振る黒いモヤモヤのやや、デカイ奴(長髪)と高音の絞り出すような読経が微かに聞こえました。
部屋の済みに置かれている納札箱の中で、何かしかがバタバタしています。

その時、目が游いでしまい、道場長のオバチャンと視線が合ってしまいました。
バレた!!
私のあっち側の奴が『見える』『聴こえる』『話せる』が知られている と思いました。

勤行が終わると、オバチャンに召集されました。
Aとオバチャンと息子と私。皆は晩御飯調理中。
オバチャン曰く、あれらは不成仏霊で、悦んで集まっている。気が済めば成仏する。御本尊様があまねく救っている。そして
『あんたには使命がある。あんたはアタシの後継者になるんだわ♪だから、ここに喚ばれたんだよ。』

Aは強張った顔になり下を向いていました。
オバチャンは更に続けます。
今度はAに向かって微笑みながら

『アンタの相手はこの娘ではないよ。』

元来鈍い私は、やっとこの瞬間に最大の危機を認識しました。
本気でヤバすぎ。
この私が?
下級な霊魂の巣になっとる新興宗教の道場長の息子の嫁さん兼跡取り?
親戚中の男子が真言宗の○○派僧侶だぞ。
怖すぎ!Aは涙目で青ざめた顔で俯いています。
私は、何とか誤魔化して帰ろうと必死でした。

泊まって行けと信者達にしつこく誘われましたが、Aを置いて帰りました。
あんなに沢山の黒い奴だらけの宗教施設はご免被ります。
臭いし気持ち悪い。嫁さんは他で見つけてくださいナ。

翌日、Aは大変に不機嫌でした。
私は我が家の宗教があるからと断りました。
入信しなくてよいから、とAに食い下がられ、終いには
『お前を連れてかないと俺は針の筵だぞ、助けてくれよ!俺はお前が好きなのに、なんでアイツの嫁なんだ?』
と泣きました。挙げ句、泣いたために喘息のひどい発作になりました。
仕方なく、Aに肩を貸し部屋まで送りました。

2ヶ月くらいはその宗教施設に日曜毎にいきました。
なんとか宗教からは逃げましたが、別の意味で逃げきれませんでした。
その後にAは私の最初の夫となりました。
霊に頼られやすいというのは、お人好しで情に流されやすいとよく聞きます。
そうです。若い頃の私、かなりの世間知らずの間抜けです。
勿論、頼りない彼とは幸せにはなれませんでした。一子をもうけましたが、彼の家庭環境やらにもついていけず、離婚に至っています。
関西で育った息子。小学六年生の折りに『なんで父さんと結婚したんや?アホちゃう?』とグサグサ刺されました。


この内容は絶対に見せられません。


1001: うしみつ 2032/3/2(火) 04:044:44.44 ID:usi32.com

【拡散】桜の起源が【 韓国ではない 】ことが正式に報道される!!!

【悲報】卵かけご飯はハゲの原因だった!?

ケンミンショーでねーわと思った自分の地元の情報

うしみつ四コマ更新中