1: プティフランスパン ★ 2018/08/03(金) 10:26:07.88 ID:CAP_USER9
新自殺ゲーム「MOMO」で12歳少女が死亡…SNSの不気味アイコンに要注意
2018.08.03
https://bq-news.com/bq180803b

2017年頃からからロシアを始めとする世界各国で社会問題となった「青い鯨/ブルー・ホエール・チャレンジ」をご存知でしょうか? 

ネット上の自殺コミュニティに集まった参加者たちに、SNSを通じて50日間、毎日様々な課題が命じられ、最終的に自殺へ導かれてしまう…
ロシアでは130人もの若者が自殺したことで、警察が首謀者を逮捕。
現在「青い鯨/ブルー・ホエール・チャレンジ」は下火になってきたのですが、新たな自殺誘発ゲームが誕生し、火種がくすぶり始めています。

■ 若者を狙う自殺ゲーム「MOMO」

メキシコのタバスコ州コンピューター犯罪調査班によれば「最初はFacebookで不特定多数のメンバーが集まり『MOMO』が始まった」そうです。
この「MOMO」が、世界中に広まりつつある、新たな自殺ゲームなのです。

実際に「MOMO」のコミュニティに参加した人たちからの証言によれば、FacebookやYouTubeの「閲覧注意」コンテンツに興味を持った人たちが「MOMO」の参加者に選ばれ、チャレンジの指示に従わないと脅迫されるとのこと。

またスマホの無料通話アプリWhatsAppにも、突然、不気味な女性アイコンから連絡が来て、「MOMO」に巻き込まれるケースも増えているとか…
BBCによれば、「MOMO」はメキシコ、アルゼンチン、アメリカ、フランス、ドイツにも広がっているのが確認されているが詳細は不明。
ただ、「MOMO」の指示を出す人物は、参加者の個人情報を手に入れて、脅迫することを目的にしている可能性が高いと見られています。

(中略)

アルゼンチンの警察によれば、つい最近12歳の少女が自殺した原因は「MOMO」と関連が深いと発表し、少女とメッセージを交換していた少年の行方を捜索中。
うしみつ注:引用此処まで。全文はソース元をご覧ください

no title

青い鯨
青い鯨(あおいくじら)・Blue Whale Challenge(ブルー・ウェール・チャレンジ)とは、ロシアで2017年頃発祥とされる、SNSなどを介して参加者へ自殺を教唆、扇動するいわゆる自殺コミュニティや、その指示の内容などの総称である。
青少年の自殺を誘発しているとしてロシアをはじめ、アメリカ、アルゼンチン、イタリア、インド、ウルグアイ、ケニア、コロンビア、中国、チリ、バングラディッシュ、ブルガリア、ブラジル、フランス、ポルトガル、メキシコ、ほか世界各国で社会問題と化している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/青い鯨吸血鬼