1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [SK] 2018/08/11(土) 20:28:38.93 ID:1oUGwXuv0 BE:323057825-PLT(12000)
製作費300万円の映画『カメラを止めるな!』が快進撃を続けています。
84席のレイトショーから始まった公開は、全国150館に拡大。
異例ずくめのヒットの裏側には何があったのでしょうか。
ライターの稲田豊史さんは「『この世界の片隅に』と同じく、観客に製作者の熱意が伝わる仕掛けがあった」と分析します――。
----------

本作は製作費300万円のインディーズ作品です。
役者は全員ほぼ無名、監督の上田慎一郎さんにとっても初の劇場用長編映画で、製作母体は監督・俳優養成スクールである「ENBUゼミナール」です。

『カメラを止めるな!』の導入は「山奥の廃墟でゾンビものの自主映画を撮影している撮影隊に、本物のゾンビが襲いかかる」というもの。
どこかで聞いたことのある設定ではありますが、その後の展開は意外性に富んでいます。
緻密に考え尽くされた脚本や、端役のひとりに至るまで丁寧に描き込まれた登場人物、ラストに訪れる驚愕のカタルシスは、多くの鑑賞者の胸を打ちました。

(中略)

口コミが広がり、7月23日からはシネコン最大手のTOHOシネマズを含む全国40館での上映がスタートしました。
その結果、公開7週目にして観客動員数ベスト10にランク入りしたわけです。

勢いはまだ止まっていません。公開館数は増え続けており、先ごろ全国150館での公開も決定しました。
映画業界では「公開館数は初日が一番多く、その後はどんどん減っていく」というのが普通なので、異例ずくめの事態です。

うしみつ注:引用此処まで。全文は以下ソース元をご覧ください
制作費300万『カメ止め』が愛されるワケ
https://news.biglobe.ne.jp/economy/0811/pre_180811_4491063440.html
no title


カメラを止めるな!
『カメラを止めるな!』(カメラをとめるな!)は2017年製作、公開の日本映画。監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールの《シネマプロジェクト》第7弾作品。2017年11月に先行公開。その後、国内及び海外の映画賞を数々受賞し、2018年6月に日本国内で凱旋上映を行った。監督・上田慎一郎にとっては初の劇場長編作品。

あらすじ
ゾンビ映画の撮影中に本物のゾンビが襲来する。リアリティーにこだわる監督は撮影を続行しカメラを回し続ける。本気で逃げ惑う俳優陣とスタッフ、そして監督。ありがちな筋立て、いかにも低予算なインディーズ作品。こうして37分の短編映画ができあがった、のだが!?


https://ja.wikipedia.org/wiki/カメラを止めるな!

うしみつ注:以下、具体的なネタバレではありませんが映画の内容に触れるコメント、感想等が含まれる為、閲覧注意でお願いします