no title

歴代神父300人、子ども千人に性的虐待の疑い 米ペンシルベニア州
(CNN) 米ペンシルベニア州のカトリック教会に属する歴代の神父300人以上について、子どもへの性的虐待を行っていた疑いが強いことが分かった。大陪審の報告で明らかになった被害者の数は、確実視されているものだけで1000人を超えるとみられている。
今回の大陪審の報告は州内の6教区の内部文書に基づいてまとめられ、14日午後に公表された。聖職者による性 的虐待について、1947年までさかのぼって調査している。
記録が失われたり被害者が名乗り出なかったケースもあり、「実際の被害者は数千人単位に上るとみられる」という。
(中略)
カトリック教会では、米国のほか豪州や南米でも、虐待の事実やその隠蔽が発覚するスキャンダルが相次いでいる。

うしみつ注:引用此処まで。全文は以下ソース元をご覧ください