697: 本当にあった怖い名無し 2018/08/19(日) 13:11:02.20 ID:Q2efHDaR0
荒れ気味なので、さりげなく投下。
20年以上前、隣の県の大学に通っていたが通学に時間がかかり過ぎる、とちょうど今の時期に一人暮らしを始めた。
昼間、マンションの向かいの金物屋さんで必要な物を色々買い揃え、人の良さそうな店主が近所のスーパーや美味しいパン屋さんを教えてくれたりした。
夜中、初めての一人暮らしでテンション上がってなかなか寝付けず、100mぐらい先にあるコンビニ(但し24時間営業でもなく、家族経営みたいな○マザキだったと思う)にタバコとビールを買いに行った。
当時は24時間自販機でタバコもビールも買えたんだよね。
するとコンビニの手前のお寺がこんな時間なのに明るくて数人の人もいるようだ。お通夜か。買い物を済ませて帰るところで、「昼間のべっぴんちゃん!」とお寺の縁台から声を掛けられた。金物屋の店主だ。
うちの学生マンションに住む女の子は全員べっぴんちゃん、町のおばちゃん達はお嬢ちゃん、なかなかの遣り手。おいでおいでしてる。
知らない人のお通夜なのにいいのかな、と思いつつその弔いの宴席に加わることになった。