no title

no title

no title

うしみつ注:この後、丈夫青年は幼い頃のジュリーを殺したのが自分であり、今の彼女は代わりに作られたアンドロイドであったことを知らされる。そして、追っ手のロボットを迎え撃とうとするが、あっさり撃ち殺されEND。

アトムの最後
アトムの最後(アトムのさいご)は別冊少年マガジン(現・月刊少年マガジン)1970年(昭和45年)7月号(講談社)に掲載された手塚治虫の漫画作品である。
鉄腕アトムの後日談的内容の作品であり、題名の通り「アトムの最後」をテーマとしている。作品内容も1976年(昭和51年)の朝日ソノラマの単行本において、作者自ら「陰惨でいやな気分になる」と記述したように殺伐とした悲劇として描かれあまりにも救いのない内容に賛否分かれるが、一部では高い評価を得た作品である。ただし、本作ではアトムの存在は脇に置かれており、主人公の丈夫とガールフレンドのジュリーの間に起きた悲劇が物語の主軸となっている。


https://ja.wikipedia.org/wiki/アトムの最後