827: 本当にあった怖い名無し 2018/07/08(日) 22:56:15.98 ID:0yNhpU8O0
石じじいの話です。

犬も猫も、昭和の時代までは日本でもたまに食されていたそうです。
これは、じじいに聞いたことですが、子供ごころに「げげっ!そんなもの食ったの!?」と驚いたことを覚えています。

ある動物の肉が特定の疾病の治療のために効く、というのは世界各地にあるようです。
ある種のフードファディズムですね。
じじいは、満州や蒙古には「肺病には犬の肉を食べると効く」という風習があった、と話していました。

日本支配時代の朝鮮での有名な事件ですが、女子の死体を掘り起こしてその脳髄を取り出して病気の息子に食させた事件があります。
じじいから、その事件を聞いて怖かったことを覚えています。
事件の内容が内容だけに、じじいは子供の私に詳しい話をしませんでしたが、その死体を掘り起こした人物は、それを「薬」として使った人物からお金をもらってやったのだそうです。
日本人の捜査指揮官たち(Nら)が捜査に血眼になったそうです。
(この程度の話だけ「じじい話」メモにあります)
日本にも特定の病気治療のために人肉を食べるのが良いとされる迷信はあり、「片仮名本・因果物語(1661)」などに触れられています。
明治時代で有名なのは、1879年の「毒婦高橋お伝」として「おもしろおかしく」伝えられた事件でしょう。
no title