1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/22(日) 09:23:27.60 ID:jpEx1Og00.net
蛇かと思ってた
Plinius3

バジリスク
バジリスクまたはバシリスクは、ヨーロッパの想像上の生物。名称はギリシア語で「小さな王」を意味し、βασιλεύςに由来する。
ヘビの王であり、見ただけで死をもたらす力を持っていると思われていた。姿はヤマカガシに似ており、頭部に冠状のトサカが隆起している。身体を半分持ち上げて、音を立てながら進むと言われ、この特徴から、インドに生息するコブラからこの生物を想像したのではないかというものもいる。リビアや中東にある砂漠地帯は、そこを住処とするバシリスクの力で砂漠となったと言い伝えられた。
中世になると、バジリスクについての伝承はコカトリスのものと合流し、同一視されるようになる。バジリスクは、雄鶏の産んだ卵をヘビかそれに類する生き物が孵化させて生まれると言われるようになり、その姿や生態についての記述には雄鶏のそれが取り入れられた(後年の主な姿態としては、頭に鶏冠を持ったヘビ、あるいは8本足のトカゲなどがある)。そして、コカトリスとは雌雄関係にある(どちらが雄か雌かは不明)とも言われ、「バジリスク」の別称として「コカトリス」が用いられるようにもなった。


http://ja.wikipedia.org/wiki/バジリスク