800px-Pisanello_010
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/15(金) 18:52:53.155 ID:28WSQuth0.net
なぜ首吊りとか原始的な方法使うん?
絞首刑
絞首刑(こうしゅけい)とは、死刑の一種で、絞殺する刑罰である。絞殺刑(こうさつけい)ともいう。
日本では律令法において、「絞」という呼称で呼ばれる。現在の日本における死刑の執行は、落下のエネルギーを用いて刑が執行されるので、より細かい区分では「縊首(いしゅ)刑」ともいう。ただし、首を絞めることは同じなので絞首の一形態であるとするのが最高裁判所の判例(死刑受執行義務不存在確認訴訟)である。
かつて、絞首刑は最も安楽に死をもたらす死刑の執行方法であると考えられていた。1952年に、東京大学の古畑種基博士は、ある事件の鑑定書において、絞首刑によって受刑者は一瞬で意識を失うと主張した。この考え方は、裁判所にも受け入れられ、長年にわたって信じられてきた。しかし、絞首刑が受刑者の意識を一瞬で失わせることがないという知見がオーストリアのヴァルテル・ラブル博士により得られており、ラブル博士によれば、受刑者の意識は、執行開始後少なくとも5秒以上残存するとされる。この研究成果は、日本の裁判所によって支持されるに至り、絞首刑の執行により受刑者が一瞬で意識を失うという古畑博士の研究が誤りであることが裁判所によっても確認されたのである。


https://ja.wikipedia.org/wiki/絞首刑