no title

1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:54:47 ID:XQS
1 中 銀行口座を開設できない
2 遊 パスポートを取得できない
3 左 一夫多妻制
4 二 親族以外の男性と直接話してはいけない
5 三 夫が3回「離婚」と言えば離婚成立
6 右 人前では目以外は黒い布で隠さなければならない
7 一 スタジアムでスポーツを観てはいけない(2018年に撤廃)
8 捕 自転車を運転してはいけない
9 投 自動車を運転してはいけない(2018年に撤廃)
サウジアラビアにおける女性の人権
サウジアラビアにおける女性の人権(サウジアラビアにおけるじょせいのじんけん)では、サウジアラビア国内における女性の人権について述べる。2017年の世界経済フォーラムの世界男女格差指数では144カ国中138位であった。
しかし、指数には問題点も多く、信憑性は薄い。サウジアラビアはイスラーム教の中で最も厳格なハンバル学派のシャリーアを国法としている。サウジアラビア国民の女性は外出時には必ずアバヤを身に着けねばならない。
また一夫多妻制が認められている国でもある。サウジアラビアは1978年採択の女子差別撤廃条約を批准しているが、「シャリーアに反しない限り」という留保をつけている。国際連合人権理事会では留保の下に条約は遵守されているという見解を示されている。
1990年の「湾岸危機」で、女性を含む米軍兵士が多く駐留し、これをきっかけに、女性の権利拡大を求める声が国内で拡大したという説がある。また、近年女性の権利が徐々に拡大しているといわれ、アラブの春の影響も指摘される。
2013年1月11日、サウジアラビア諮問評議会の議員に30名の女性を初めて任命した。


https://ja.wikipedia.org/wiki/サウジアラビアにおける女性の人権