1: 名無しさん@おーぷん 2016/04/17(日)07:11:53 ID:wUI
あとひとつは?
no title

盛り塩
盛り塩(もりしお、もりじお)とは、塩を三角錐型あるいは円錐型に盛り、玄関先や家の中に置く風習である。主に縁起担ぎ、厄除け、魔除けの意味を持つ。
日本の盛り塩の風習は奈良・平安時代には既にあったとされる。盛り塩の由来は神事・葬送儀礼から来たのではないかとする見方がある。葬送儀礼では葬式後に塩を撒く風習があり、又神道の方では神棚に盛り塩を供えると言った風習がある為である。これは塩が清浄や生命力の更新といった意味合いがあるからである。日本では『古事記』に海水で禊ぎ・祓いをした記載があり、これを潮垢離(しおごり)と言う。


https://ja.wikipedia.org/wiki/盛り塩