no title

1: 野良ハムスター ★ 2018/11/07(水) 12:34:43.77 ID:CAP_USER
【11月7日 AFP】観測史上初めて太陽系外から飛来した小惑星と2017年に認定された「オウムアムア(Oumuamua)」について、米ハーバード大学(Harvard University)の研究者らが今週、地球外生命体(エイリアン)から送り込まれた「探査機」である可能性に言及し、注目を集めている。ただ、ほかの専門家からは懐疑的な見方が出ている。

ハワイの言葉で「使者」「偵察者」を意味するオウムアムアは昨年10月、地球上の複数の望遠鏡によって発見された。全長約400メートル、幅約40メートルの葉巻形で岩石質の恒星間天体で、太陽系内を超高速で移動している。

ハーバード大の宇宙物理学者、シュムエル・ビアリー(Shmuel Bialy)氏らは論文のプレプリント版の中で、「とっぴな仮説」と前置きしつつ、オウムアムアは「地球外文明によって地球圏に意図的に送り込まれた、完全に稼働中の探査機かもしれない」と指摘した。

オウムアムアは、予想以上の加速で太陽から遠ざかっているため、太陽光圧を受けて進むソーラーセイル(太陽帆)のようなものによって推進力を得て、宇宙を移動しているとみられるという。

ビアリー氏は6日、AFPへの電子メールで「オウムアムアの予想以上の加速という未解明の現象について、私たちは太陽光圧によって説明できる可能性があると示した」と説明。「そのためには表面積が非常に広く、非常に薄い物体が必要だが、こうした物体は自然界には存在しない」としている。

地球外生命体の力が働いているとするこの説は急速に広まったが、ほかの天文学者たちからは異論が出ている。

うしみつ注:引用此処まで。全文はソース元をご覧ください

http://www.afpbb.com/articles/-/3196468
no title

オウムアムア
オウムアムア (1I/2017 U1) は、2017年に発見された、天体観測史上初となる太陽系外から飛来した恒星間天体と目される天体である。発見された当初は太陽系内の彗星や小惑星と考えられたため C/2017 U1 や A/2017 U1 という名称で呼ばれていた。
A/2017 U1は直径が 160 m前後の小さな天体とされているが、NASAは、直径400 m未満としている。2017年9月9日に、近日点を通過し、0.248 au(約3710万km)まで太陽に接近した。同年10月14日、地球から2400万kmのところを通過し、その5日後に地球近傍天体探索プロジェクトパンスターズによって発見された。 観測結果から、この天体は軌道離心率が1を超える双曲線軌道であることが判明したが、その軌道離心率が約1.19と求められたことで注目された。この値は、これまでの最高記録であるボーエル彗星(軌道離心率1.058)の記録を大幅に更新した。


https://ja.wikipedia.org/wiki/オウムアムア