1: みつを ★ 2018/11/09(金) 03:55:19.30 ID:CAP_USER9
https://jp.sputniknews.com/photo/201811085556529/

世界の最も恐ろしい5つのホテル
2018年11月08日 22:35
(アップデート 2018年11月08日 22:51)

魔女のリンゴの香りを感じることができるのはどこ?鏡についた不思議な子供の指紋を見ることができるのは?グリゴリー・ラスプーチンと知り合いになれるかもしれない場所は?
スプートニク日本

通信社スプートニクが、世界で最も謎めいたホテル5つをご紹介します。

カナダのフェアモント・バンフ・スプリングス・ホテル
no title

城を彷彿させるこのホテルは、19世紀末にオープンした。伝説によると、建設中に労働者たちは一つの部屋に窓やドアをつくるのを忘れてしまった。上司の怒りを恐れた労働者たちは、8階のこの部屋をふさいで隠した。ホテルの開業後、8階の部屋の宿泊者たちから、ガサガサというような奇妙な音や、ひっかくような音がするとのクレームが相次いだ。これは1920年代に起こった火災で部屋が発見されるまで続いた。部屋はその後、873号室となった。そこでは今も壁にかかっている大きな鏡に子どもの指紋がついており、ホテルのメイドがどんなに努力しても、誰もその指紋を落とすことができないという。

米コロラド州エステス・パークのザ・スタンリー・ホテル
no title

ホラー小説家スティーヴン・キングは、ザ・スタンリー・ホテルから小説『シャイニング』のインスピレーションを受けた。『シャイニング』では、ホテルに住む幽霊が主人公の気を狂わせ、主人公の男性は自分の家族を襲う。ザ・スタンリー・ホテルでは、かつて地下で凍死した女性がホテルの廊下を歩いていると言われている。

米カリフォルニア州ロングビーチ港の「 クイーン・メリー」号
no title

1934年9月に進水した際に、客船クイーン・メリー号が置かれていた造船所で作業員4人が死亡し、大勢の人が不吉な予兆だと考えた。奇妙な偶然の一致により、北大西洋を横断する定期便として運航していたクイーン・メリー号は、自殺者を惹きつけるようになった。破産した銀行家、ギャンブラー、騙された夫たちが、客船から海に飛び込んだ。第二次世界大戦時、クイーン・メリー号は兵士たちを輸送した。複数の兵士たちは、換気の悪い部屋で窒息死した。現在クイーン・メリー号はロングビーチ港に係留され、ホテルとして使用されている。船室や甲板に、船長、兵士、古い時代の服装をした女性、タキシード姿の男性などの幽霊が出ると言われている。

ロシア・サンクトペテルブルクの「ゴロホヴァヤ通り64番地」
no title

サンクトペテルブルクのゴロホヴァヤ通り64番地の建物は、20世紀初頭にアパートとして建設された。これといって特別な特徴はないが、このアパートの3階には、かつてグリゴリー・ラスプーチンが暮らしていた。多くの現代人は、ラスプーチンが魔法や黒魔術を使っていたのではないかと疑っている。宿泊客たちは、皇帝一家と親しかったラスプーチンは今もこの建物におり、深く考え込みながら部屋を歩いていると語っている。

米マサチューセッツ州セイラムのホーソーン・ホテル
no title

米マサチューセッツ州のセイラム市は、住民の清教徒的な考え方や、17世紀末の「魔女裁判」などで知られている。セイラムの魔女裁判では20人が処刑され、約200人が投獄された。噂によると、ホーソーン・ホテルは、魔女として処刑されたブリジット・ビショップがかつて所有していたリンゴ畑だった場所に建設されている。ホテルの宿泊客たちは、夜中になると見えない手に触られるのを感じたり、リンゴの強い香りを感じると話している。