no title

1: 本当にあった怖い名無し 2018/10/27(土) 16:45:44.77
頭脳だけあってもやれることは知れてる

人間と同じように物を作れる手と移動できる足、それを持ったときに真のシンギュラリティが起こる

つづく
技術的特異点
技術的特異点(ぎじゅつてきとくいてん、英語:Technological Singularity)、またはシンギュラリティ(Singularity)とは、未来学上の概念の一つである。端的に言えば、再帰的に改良され、指数関数的に高度化する人工知能により、技術が持つ問題解決能力が指数関数的に高度化することで、(頭脳が機械的に強化されていない)人類に代わって、汎用人工知能あるいはポストヒューマンが文明の進歩の主役に躍り出る時点の事である。
2012年以降、ディープラーニングの爆発的な普及を契機に現実味を持って議論されるようになり、2045年問題とも呼ばれている。2016年以降、ビジネスにおいてもディープラーニングの影響が本格的に現れ始めており、技術的には全世界で一番大きな注目を集めている話題となった。


https://ja.wikipedia.org/wiki/技術的特異点