7765cbf9-480x307-1-480x307-1-480x307
6: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/07/07(火) 01:51:14.30 ID:DajCCuzB.net
最近、友人から聞いた話なんですが友人は小学生の時にとある嘘をついたそうです。 
その嘘と言うのが『〇〇町にある廃墟の前で白い服の髪の長い女の幽霊が廃墟を見つめて立ってるを見た』と言う物でした。 
クラス中の子たちがその嘘を信用し、友人に話しかけてクラスの人気者になったそうです。 
  
ですが、幽霊が出たと嘘をついた廃墟は実際には友人の親戚の方の所有地で買い取り手が決まるまで放置していた結果、廃墟となってしまった場所で幽霊なんて物はでる筈もありませんでした。 
  
当然、その後、幽霊を見たと言う他の人が現れる訳も無く、次第に友人の幽霊話は忘れ去られた見たいです。 
その友人は中学を卒業する時には親の仕事で他県に引っ越さなくてはいけなくなり、親しくした友人とは離れ離れになったそうです。 

自分のついた嘘などすっかり忘れ、友人は他県に引っ越して高校を卒業し、大学で一人暮らしを始め、今、大学3年生になりました。 
大学3年になった今年に、親が祖母の面倒を見なくてはいけなくなった為に前に住んでいた場所に戻ることになったそうです。 
  
友人は一人暮らしで大学生活等もあり引っ越しの手伝いには参加できず、この前のGWの時に久しぶりに中学まで暮らした地元に戻ったそうです。 
GW中と言う事あってか、中学時代の同級生たちと再会する機会がありお酒を一緒に飲んだそうです。 
その酒の席で友人は一人の子からある奇妙な話を聞いたそうです。