7765cbf9-480x307-1-480x307-1-480x307
796: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 22:47:01.21 ID:1peF804o0.net
ふと、思い出したので長文失礼。 

もう10年以上前、G県の大学に入学した俺は大学近隣の寮に入った。 
狭いし小汚いし、何より規約?制約が多くてイヤだった。 
男子寮で女子禁制、そりゃ下宿に一人暮らしなら女を連れ込みたい10代の若者にはキツイ。 
しかし初めての一人暮らしの寂しさを埋めてくれたのは、女の肌だけでなく、寮の先輩達と同期の面々だった。 
野郎だらけのユートピアはそれはそれで快適で、こっそり彼女を連れ込んだり、先輩とこっそり寮内で合コンしたり、すぐに寮を出ようと思いながらも2年間をそこで楽しく過ごした。 
大学二年の時、遊びまくって連れ込み部屋化してた俺は家賃が安くてキレイな1Kの物件を近くに見つけたので、三年への進級を機にそこへ引っ越すことにした。 
そして春休み前に、寮で卒業生と俺の送別会を開いてくれることになった。 
それは何かと寮のイベント毎に催される、廊下にお膳みたいなのを用意して、酒と寮母のおばちゃんの料理がズラリと並び、寮生みんなが廊下で膝を突き合わせて大騒ぎする宴会だった。 
寮は横長の建物で、北側と南側に部屋が並び、中央に廊下がある建物だ。 
当然玄関、風呂、トイレは共用。 
狭く長い廊下に男が20人以上集まってワイワイやるからかなり賑やかで、食えや飲めやの大宴会になるのが通例だった。 
卒業生と寮を出る俺は主役のため、とにかく集中的に飲まされた。 
元々酒は強いし、ヤンチャ坊で強気な俺はガンガンに飲みまくって周りへも返杯で飲ませまくっていたが、新居への引越し準備の疲れもあってか、0時を越えた頃にさすがにへべれけになってしまった。 
宴会会場は廊下なので、そのまま自室にフラフラしながら戻って、荷物が片付いて布団しかない一間の部屋で眠りについた。 
酔いと疲れで熟睡していたが、ふと異音で目が覚めた。