image (11)


719: 1つ 04/09/04 22:37 ID:eTM/2uRs
もう大分昔の話だが。
まだ小かったうちの娘がね、絵を描いてたのよ。
絵書くのが好きだから別に何でもない事だとその時は思った。
そしたら突然、『パァン!』と蛍光灯が弾け飛んだ。
びっくりして急いで子供を部屋から出したんだが、その絵ってのが何ていうか、幾何学模様や、見た事も無いような漢字を羅列してるものだったんだ。
あまりにも怪しいので神社(この判断は正しかったのかどうかわからんが)にそれを持っていったら、『その子は、とても恐ろしいモノを呼び出そうとしてた』とか何とか言われた。

怖くて詳細は聞けなかったけど。家に帰って娘と話をすると、『じいちゃんにもらった本』といって、糸で綴じてある恐ろしく古い本を見せられた。
中には、娘が書いていたような絵(御札?)が沢山書かれていて、漢文?で説明書きらしきものがしてあった。
これも神社に持って行くと、蒼白な顔で『また後日、連絡します』って。

その数日後、別の大きな神社に呼ばれて行ったらなにやら凄く偉そうな人が出てきて、『この本は燃やしてはいけない。海に捨てる。』というようなことを言われ、同行するように言われた。
行き先は東北のとある場所。
始めは冗談じゃねえよと思ったけど、放っておくのも・・・と思い行った。
よくわからん儀式が終わって、海に例の本を流した後、一番偉そうな人が『もし、この類の本をまた見つけたら、絶対に持って来い』と。
もしかしたらまだまだあるかも知れないといわれた。

720: 2つ 04/09/04 22:38 ID:eTM/2uRs
その半年後実家に帰り、怖かったが勇気を出して父親に本の事を尋ねた。
すると『知らない』と言われてしまい、それ以上追求は出来ずじまい。
その日の夜中に、トイレに行こうと居間の横を通ると、両親の話し声が聞こえてきた。
『○○(娘)も成功させることが出来んかったなぁ。あの歳ならまだ・・(云々)・・』
『うちの家計ももうおしまいかも知れないねぇ』
だって。
特に覚えてるのはこんくらい。
何で家計の話してたんかは不明。
別に家に金が無かったわけじゃないし。どっちにせよ、両親は何か隠してるなと確信した。

その後自分の家に戻りしばらく経ったある日、両親が心中した。
異様な現場だったと聞いた。
二人で包丁を互いの胸に突き刺していたらしい。
部屋には、見た事も無いほど大きな紙が敷かれ、その紙には娘が書いていた絵のようなものが書いてあった。

警察にそれを見せられた時は背筋が凍りついた。
葬式の時もかなり悲しかったが、その事が頭から離れなかった。
後日、その紙も神社に処分してもらった。
この時は葬式とか何やらの後で付いて行く気にならなかった。

んでこれは最近の話なんだが、その例の娘が何故か『じいちゃんたちの家で暮らす』って言い出した。
家は遺言で今も定期的に手入れがされてるんだが、何で突然?正直こんな事を突然言い出されると怖い。
住まわせて良いものかどうか。
ここまで書くと知り合いには分かってしまう話なんだが、見てないだろと鷹を括って書いてみた。

723: マン・オン・ザ・タイトロープ ◆Man/NBzKY6 04/09/04 22:50 ID:sXpBit4N
なにを呼び出そうとしてたんだろうか?
それと、「家計」ではなく「家系」だったんじゃないか?

715: 本当にあった怖い名無し 04/09/04 20:01 ID:xxL/nvkt
三年前の深夜2時頃、富士樹海の中を通る道を、高校時代の友人と二人で私の運転する車で帰郷の為に走っていた時のことです。
この道は実家に帰る時に毎回使う走り慣れた道なのですが、車のライト以外一切の明かりが無く、しかもかの富士樹海だし深夜2時だしで流石に少し緊張しながら運転していました。
この道はカーブの連続する道で見通しが悪い為、普段は余りスピードを出さないのですが、この時は早く通り抜けたい思いからいつもよりスピードを出していました。
いつもより速い速度でカーブを抜けた瞬間、私の目に飛込んできたのは、何の明かりも持たずに一人で車道を歩く男性の姿でした。
間一髪ハンドルを切り、その男性を避け事なきを得たのですが、こんな時間にあんな所にいたあの男はひょっとしてこれから自殺する所だったんじゃないかと友人と話をして、ガクブルしたのを覚えています。

実はこの話は、つい一月前まではまったく忘れていた話でした。
今年のお盆に実家に帰るために、またこの道を、しかもまた深夜に走った時の事です。
カーブを抜けた瞬間、また、明かりも持たず歩く男性が居たのです。
しかも、今回はハンドルが間に合わず男性を避けることが出来ませんでした。
しかし、すぐ車から降りて男性を探したのですが、なぜか男性が見付かりません。
しかも、車のフロント部にも傷一つ無いのです。
その瞬間、唐突に思い出したのです。

この場所が3年前と全く同じカーブである事、男性の背格好が3年前のあの男と全く同じであったことを…。
私は、一目散にその場から離れ、一人で運転する恐怖に耐えられず、そこから一番近いコンビニで朝を待ったのです。
次の日、近くの大きい神社に行き、事情を話し私と車両方ともお払いして貰いました。
そこの神社の方の話によると、恐らくその男性を(が)最期に見た私が通った事で成仏していないその男性の魂が生前の行動を再現しただけであると、別に害は無いけど私はその場所へは余り近付かない方がいいとも言われました。
まあ、もとより、頼まれても二度とこの道を使うつもりは無いのですが…。
書き込み中に近くに雷落ちてマジでビビった(つд;)

748: 本当にあった怖い名無し 04/09/05 04:01 ID:QO+iZLOD
仮名A子の家に行った時の話。
夜十時頃、ビールを飲みながら話をしていると、突然天井近くで、「カチッ!」と大きな音が響いた。
びっくりしていると、今度は玄関のドアが、「ガンガンガン!」と鳴り出した。
A子が外の様子を見に行ったけど、すぐに戻って来て、なぜか風呂場に入っていって、そこでへたりこんで放心状態になっていた。
たぶん嫌な相手、昔の男でも押しかけて来たんだろう、と思って、ドアの所に行って、のぞき穴から見てみた。
黒ずくめの白い顔をした女が、意味不明に痙攣しながら立っていた。
ナンジャコリャ!と飛びのくと、背後にA子がいた。

彼女は、ちょっと待っててね、と言うと、自転車の鍵を取って外に出ていった。
30分くらい待っていると、A子が一人で戻って来た。
…何だったのあれは?
とおそるおそる問いかけると、彼女は疲れたように言った
「わたしのお母さん」

834: 本当にあった怖い名無し 04/09/29 17:35:59 ID:kB2y53ea
小学生中学年くらいだったの話だったと想います。
よくある100物語をやろうと誰かが言ったのがきっかけでした。
とはいっても、1人で何十個も怖い話を知ってるわけもなく10名が1人10個ずつ話す事になった訳です。
私も、必死で怖い話を覚えて参加したんです。
まあ、100個と言っても似たような(ほぼ同じ)話もちらほら。
ローソクも2,30本ずつ立てて、残り少なくなったら又火をつける。
体育倉庫に忍び込んでやってたんですごく狭かったんですよね。
俺も、話終わり70話、80話とどんどん進んでいったんです。
放課後から始めたからすでに日はおちかけてます。
そして、最後の人が100話目を話し終え、ローソクを消す・・・
数秒、沈黙が恐怖を掻き立てたのだけど何も起きず。
誰かが「なんだよ、やっぱなんにもおきねーじゃん」と。
俺もちょっとだけ期待してたんですが、まあこんなもんかとね。
大体、同じ話とかローソクいっぺんに立てないとかダメな要素満点だったし。

でもそれまでのなんともいえない緊張感ってのが楽しかったのでそれなりに満足してみんなして体育倉庫を後にしていく。
最後に俺が体育倉庫のドアを閉めて振り向きなんとなく、人数を数えたんですよ。
これがいけなかったのか・・・
1.2.3・・・・7.8・・9・・・??9人?
みんな歩きながらだし、最初は数え間違えだと想ったんです。
みんなを呼び止めました。

836: 本当にあった怖い名無し 04/09/29 17:40:04 ID:kB2y53ea
「ちょっと!!」
あまりに、でかい声だったのでしょう。
みんな俺のほうを振り向いて歩みを止めました。
俺は無言のまま、もう一度人数を数えました。
はやり9名しかいない。
おかしい。
「なあ、誰か先に帰った?」
先頭のほうを歩いてた奴が答えた
「いや、誰も帰ってないと想うぞ、どしたん?」

俺は、正直意味がワカリマセンでした。
1人足りなかったがじゃないんです。
問題は、1人足りないと想われる人が誰かわからないんです。
俺は、答えました。
「え?だって10人でやってたでしょ?いま。。。9人だよ・・?」
みんな人数を数え始めました。
そして、みんなの顔色が目に見えて代わって行ったのが分かりました。
そして俺と同じ疑問を口にしていました。
「なあ。。。誰がいなくなった?」
そうです。
たしかに、1人居なくなったのにそれが誰だか思い出すことが分からなかったのです。
その場の全員が。
誰かが言いました。
「・・・今日は、遅いから、帰ろう。。。」
みんな無言で帰っていきました。
次の日から、クラスには誰も居ない席が一つ出来ました。
先生も含め、誰かいたような気がするが誰も思い出せません。
名簿にも載っていませんでした。
1人という人間が消えたという事実があったかどうかすらあやふやになってしまいました。

837: 本当にあった怖い名無し 04/09/29 17:46:40 ID:kB2y53ea
それから、10年以上たちます。
今では、その事すら、記憶から消えようとしてました。
でも、たしかに最初は居たのです。
誰も覚えてません。
これからも思い出すことはないでしょう・・・
永遠に消えた、クラスメートの存在を・・

861: 近づいてくる 04/10/03 08:26:54 ID:2cixwthw
職場の先輩の体験談です。
当時先輩は大学生で、夏休みを利用して普通免許を取るべく二駅先にある教習所に通っていました。
夏休みを利用して~と考える人は多く、実技講習の予約がなかなか取れなかったらしく先輩は予約が取れなかった日も朝9時頃から教習所へ行って、キャンセル待ちをしていたそうです。
毎日電車で二駅先の教習所まで通っていたある日、何気なく眺めていた車内で、4両ほど先の車両に乗っている男性が目にとまりました。
その男性は非常に背が高く、網棚の上に頭を載せられるんじゃないかと思うほどで、周囲の人の頭上に肩までも見えていたそうです。
吊革を吊るしているポールに掴まり、少し俯いた姿勢で外を見ているような格好だったそうです。
その時は「デカっ!」と思っただけで特別気にもならず間もなく目的の駅に着いて降りたので、すぐ忘れてしまったとのことでした。

次の日も先輩は、同じように電車で教習所に向かっていました。
ふと昨日のことを思い出して前の車両を見ると、3両ほど先の車両に、昨日と同じ人を見つけました。
同じような姿勢だけれど、少し顔をこちらに向けているような、何となくこっちを見ているような気がしたそうです。
電車がカーブに差し掛かり、一瞬男性が視界から消えました。
先輩はずっと男性の居る車両の方を向いて、何気なく見ていたそうです。
また直線になり、無意識に男性を探した先輩は3両先に居たはずの男性が、2両先の車両に移動していることに気がつきました。
さっき見た時と同じような姿勢で、でも今度は明らかに顔がこちらを向いていました。
一瞬「うっ?!」と思いはしたものの、特別恐怖感などはなく目的の駅に到着したこともあって、その日もそれで終わったそうです。

862: 近づいてくる 04/10/03 08:27:45 ID:2cixwthw
次の日、いつも発車ギリギリで駆け込み乗車をする先輩は変わらず駆け込み乗車をしましたが昨日・一昨日よりも1本早い電車に乗りました。
そして何気なく前の車両を見ると隣の車両に、その男性が乗っていました。
今度は間違いなくこちらを向いています。
明らかに自分を見ています。
その時初めて恐怖を覚えたそうです。
そしてふと、次の駅を過ぎたところのカーブを思い浮かべもしかしたらこの車両に移動してくるかも知れないと思うと余計怖くなり慌てて反対側の車両に移動して男性の方を見るとまださっきと同じ車両(今は2両先)に居ます。
次の駅を通り過ぎ、カーブに差し掛かり、一瞬男性が視界から消えました。
そして再び直線になった時、男性はさっきまで先輩が乗っていた車両に移動していました。
男性は相変わらずジッと先輩を見つめ、先輩も怖くて目が離せず次の駅につくまでその男性と見つめ合った状態で下車する時も、ホームに降りてからも、その電車が発車して見えなくなるまでずっとその男性と目があったままだったそうです。

それから先輩は電車を利用しなくなり、毎日原付で教習所まで通ったそうです。
男性の瞬きひとつしない目がとてもとても怖くて、今も忘れられないと言っていました。

53: TWELVE 04/07/15 19:53 ID:PzzyOI7Z
今から20年程前、私が高校2年生の事です。
夏休みに、親友の森*と浅*、私の3人で東北を旅しました。
親友二人は鉄道旅行が目的、私は野鳥観察が目的で、2週間の旅程は、北東北をゆったり鉄道で巡りながら、野生生物の宝庫を訪ね歩くといったものでした。
旅の中盤、青*県の日本海側にある十*湖を訪ねました。
十*湖は、鬱蒼と茂る広葉樹の森の中に、その名の由来となった数の湖が点在する湖沼群です。
訪ねる人もほとんど無く、不気味な雰囲気を漂わせています。
元々都会育ちである親友たちは、「凄いところだなぁ!まさに秘境だね!!」などとはしゃぎ回っていました。
その日の宿泊先は、湖のほとりにあるバンガローを予定していました。

54: TWELVE ② 04/07/15 19:56 ID:PzzyOI7Z
旅行に行く前に、3人で公衆電話から予約の電話を入れてあったのです。
ところが、いくら歩いても着きません。
案内も全く見当たらず、少し歩くたびに、迷路の様に入り組んだ山道が次々と現れ、いつのまにか湖からも離れてしまいました。
鬱蒼と茂る木々によって太陽光線が遮られた、昼なお暗い山道を、迷い歩きました。
皆が遭難の恐怖に押し潰されそうになっていた時でした。
私たちが進もうとしていた道の方から、なんともイヤーな臭いが漂ってきたのです。

58: TWELVE ③ 04/07/15 20:14 ID:PzzyOI7Z
臭いの元には、毛むくじゃらのおじさんがいました。
なにか、生命の危機を感じさせるイヤーな臭いに、逃げる体勢をとり掛けていた私たちはほっと胸を撫で下ろしました。
臭いは、おじさんが肩にかけていた熊の毛皮のものだったようです。
おじさんにバンガローの場所を尋ねると、なぜだか一瞬戸惑いの表情を浮かべてから、おじさんが歩いてきた方を指差し、
「すぐそこだよ。でも、やめた方がいいんじゃないかな」
と言うと、スタスタと歩いていってしまいました。
(方言交じりで正確にはわかりませんでしたが)
果たして、山道を進むと目の前に小さなバンガローが6つ並ぶキャンプ場があったのです。

私と浅*は大喜びで駆け回りましたが、一人森*だけが沈んだ顔をしていました。
「どうしたんだよ。助かったのに」
「いや、さっきのおじさん・・・、」
「ん?」
「左手が無かったんだよ。手首から先、何かですっぱり切り落としたみたいに」
「・・・・事故で無くしたんじゃないか?」
「血が出てたんだよ!真っ赤な切り口からポタポタ垂れていたんだぜ!」

61: TWELVE ④ 04/07/15 20:25 ID:PzzyOI7Z
青ざめた森*の言葉に、言いようの無い恐怖に晒されました。
しかし、もう夕方になっており、これから森を抜けるのも危ないということでバンガローに泊まることにしました。
キャンプ場の隅にある管理棟から、管理人直通の電話をかけました。
「ツーツーツーツー」
「あれ、出ないぜ?」
何度か時間を置いてかけ直したのですが、つながりません。
普通の電話の様にダイヤルつきでは無く、受話器を外せばつながる電話なのに!!
「やりぃ!タダで泊まれるんじゃねぇ?」
能天気な浅*が喜んでいますが、私と森*はいよいよヤバイのではと、冷たい汗を流していました。
「ま、まぁ、電話の故障なのかもな。明日の朝また電話してみよう」
つるべ落としに太陽は沈んでいきます。
簡単な夕飯を済ませると、3人は早々にバンガローの中にこもりました。

62: TWELVE ⑤ 04/07/15 20:35 ID:PzzyOI7Z
ごめんなさい。初めてなものですから。もう少々ですのでご勘弁ください。

バンガローは狭く、3人が川の字に寝るともういっぱいでした。
なぜかラジオもうからず、私たちは将来の事、好きな女の子の事などを語り合い、言い知れぬ恐ろしさを忘れようとしていました。
浅*もいつしか怖くなってきたようで、もう能天気な事は言わなくなっていました。
3人が話し疲れてしまい、初めて数十秒の沈黙が訪れた、午前2時ごろでした。
《シュイーーーーーーーーーーーーーン》
10秒以上も、甲高い金属音がキャンプ場に鳴り響いたのです。
しばらく、私たちは口を開くことができませんでした。

「・・・・・おい」
「今聞こえた!?」
「お前も?」
「おれも聞こえた!あれなんだよ!?」
電気のこぎり、いわゆるチェーンソーの音でした。

64: TWELVE ⑤ 04/07/15 20:41 ID:PzzyOI7Z
それが、どう遠く見ても30メートルと離れていないところから聞こえたのです。「逃げよう!」
「でも、外に出たらやられるよ!」
「だからといってここにいたらいつか殺されるよ!!」
でも、外に出る勇気はありませんでした。
そのバンガローはなぜか左右に扉があって、1箇所を固めておけば対抗できる構造ではありません。
しかも内部が狭いので身動きもとれません。
襲われれば、確実に死ぬ!!
私たちは、いつ扉を開けられるかと身を縮めて、天に祈るしかありませんでした。
《シュイーーーーーーーーーン》
更に近くでチェーンソーが鳴り響きました。
「うわぁぁぁぁぁぁ!!!!」

66: TWELVE ⑥ 04/07/15 20:49 ID:PzzyOI7Z
どれだけ時が流れたのでしょう、私たちは全身にぐっしょりと汗をかいたまま、身動きもできずいました。
そして、ガラスを通して朝の光が入ってきたとき、精神の限界に達したのか3人とも気を失ってしまったのです。
気がついたときは、昼の12時になっていました。
恐る恐る扉をあけると、なにもいません。
「助かった~!!」
皆、涙を流して抱き合いました。
「とっとと帰ろうぜ!タクシー呼べないかな?」
管理人に電話をして、ついでに車も呼んでもらおうと、管理棟に向かいました。
しかし、受話器を耳に当てても、なにも聞こえません。
何も・・・・、
「うわぁーー!!」
「電話線が切れている!!」
まるでチェーンソーで切ったように・・・。

71: TWELVE⑧ 04/07/15 21:03 ID:PzzyOI7Z
誰もいなかったときには、昨晩の音は空耳だったのかも。
などと能天気に考えていた3人でしたが、現実を叩きつけられ、いよいよパニックに陥りました。
昨日見た片手の無いあのおやじが、チェーンソーを振り回して襲い掛かってくる姿が脳裏にへばりつき離れません。
逃げようにも、土地勘のあるおやじを相手にどう逃げればいいのでしょう。
途方に暮れていたその時、私たちがやってきた山道の方から、ガサガサと草を掻き分ける音が聞こえてきました。

「ぎゃあああああああああああ」

76: TWELVE⑨ 04/07/15 21:21 ID:PzzyOI7Z
山道を掻き分けてきたのは、拳銃を持った男たちでした。
「助けて!!」
「お前らナニやってるんだ!!!」
猟友会と警察の山狩りだったのです。
警察官に連れられ、駅まで歩く途中聞いた話はこんなものでした。

「1週間前に、キャンプ場のそばで殺人があった。君らが歩いた道からは見えなかったのだろうが、バンガローから50メートルも離れていない。犯人はずっと森の中を逃げ回っていて、一度は犬が追い詰めたが我々が行ってみると犬は首を切り落とされていた。危険なので、一帯には入らないように周知したんだが、君らは知らなかったのか?」

警察でカップラーメンをご馳走になり、ほっとしたところで昨日会ったおやじの事を話すと、「良く、殺されずにすんだなぁ」と言われました。
まさにあのおやじが殺人鬼だったのです。
解放された脚で列車に乗り込み、旅を終えました。
その後、殺人鬼は見つかり、警察に取り囲まれて、自らの命を絶ったそうです。
チェーンソーで・・・。
今でも、なぜ私たちが殺されなかったのか、不思議でたまりません。


引用元: https://hobby7.5ch.net/test/read.cgi/occult/1088820233/

引用元: https://hobby5.5ch.net/test/read.cgi/occult/1089823372/