349: 本当にあった怖い名無し 2018/12/07(金) 12:17:36.19 ID:rUmn18Nq0
無駄に長いけど怖くない

子供の頃毎年夏休みに母方の祖父母のところに遊びに行っていた
遊ぶといえば川だけの集落で、ものすごいド田舎なので夜は少ない外灯だけが頼りの暗闇になるけど寝る前なんかにカエルの声をききながら婆ちゃんとよく散歩した
で、その夜も婆ちゃんと手をつないで散歩してたら突然「あそこ見ぃ」と山の方を指さしたので目線を向けると遠くの暗闇の中でぽつぽつと三つほど小さな火のようなものが見える
火みたいといっても別に赤くはなくイメージとしては松明を持った人が山にいるのかなって「何?」と訊ねたら「狐火で、あれ」
狐火についての簡単な説明をされ「へー」ってそういうものがあるんだなぁって思ったぐらいでその後怖い事も特に起きず家に帰った
あと、そこはお盆に川に入ると足を引っ張られるから絶対入るなと言われてるんだけど我慢できず一度だけ盆に泳いだことがある
本当に溺れて水中で緑っぽい茶色の細い何かが足元にいたのを見た
必死に上にあがろうとしてる最中だったからじっくりは見られず何かはわからないけどその先の暗い水底と相まってかなり怖かった
以来ちゃんと言いつけを守った
狐火を見たのも溺れたのもこの一度きり
溺れたのは本当にただ溺れただけかもしれないですが
大人になってからは、夜に妹と橋の上から川を見ていたら(暗くて見えないんだけども)犬の鳴き声がして遠くの民家で飼ってる犬かな?って思ってたら次の瞬間すぐそばに鳴き声が来た
そこは道もなく家も川原もない辺りなので川の中にいるのでもない限り不可能な場所だし移動が早すぎる
え?おかしくない?って妹と顔見合わせたら急にゾッとして二人で本気で走って帰った
ちなみにそこは狸に化かされた類の話やお化けを見たなんてのが結構ある地方
父も同じ県出身なんだけど怖い話は父方の地域の方に多かった

351: 本当にあった怖い名無し 2018/12/07(金) 19:37:53.22 ID:6wTHlUlg0
狸や狐は犬が嫌いだから川を犬が流されてたんじゃないかな?
狐狗狸さんだと仲間みたいに並べられているけどw

355: 本当にあった怖い名無し 2018/12/08(土) 09:55:44.81 ID:1tVkrPdW0
子供の頃、狐火と言うのか野火と言うのか、夜に畑の脇の草むらにポッと揺らめく小さな灯を友達と見たことがある
なんだアレ?とか言いながらしばらく観察してるとしばらくしてシュー…と灯が小さくなって消えていった
100円ライターくらいの小さな灯火なんだけどね

357: 本当にあった怖い名無し 2018/12/08(土) 12:43:57.03 ID:zdPa9heC0
>>355
石じじいの田舎と私の田舎は同じですが、田舎の家には、土間があり、そこが台所になっていて、地面に七輪をおいて煮炊きをしていました。
燃料は炭や裏山で切り出してきた薪ザッポです。
大きなかまどもあり、それでご飯を炊いていました。
餅つきをするときには、もち米をそのかまどで蒸します。
魚を調理した時にハラワタをとり出して鍋に入れて土間に置いておくと(それは鶏の餌になるのです)、その小さな一点がぼー、と鈍く光っていることがありました。
緑色の光です。
燐光だったのでしょうが、人魂もこんなものか、と子供心に納得した覚えがあります。

魚のハラワタは、食べないのでそのまま捨てていたのですが、たまには、そのなかになにか異物が入っていると思われる場合があり、そのようなときには包丁で切り開いて見ていました。
あっと、驚くようなものが出てくることがありました。

はらわた、と言えば「悪魔のはらわた」(1973)という映画があります。
肛門から出血するほどのくだらない映画ですが、おすすめです。
若い頃見て人生に自身が持てました。

358: 本当にあった怖い名無し 2018/12/08(土) 12:46:40.52 ID:zdPa9heC0
石じじいの話です。

(1) ある日、山歩きから戻ってきたら、途中まで乗ってきて停めておいた自分の車の運転席のシートの上にお弁当が置いてあったことがあったそうです。おにぎり3つに、おこうこうが経木の折りに入って。
お腹が空いていたので食べようかと思ったのですが、そのときはドアに鍵をかけていたので、思いとどまったそうです。
当時は、車に鍵を挿したまま、ドアも閉めずに停めておいて山に行くことも多かったと。

(2)幅の狭い林道の道端に止まって地図を確認していたときに、後ろから黒いセダンがやってきて、じじいの車の横を勢いよく走り去ったそうです。
片側は谷川だったので危ないなと思いましたが、高級そうな車だったので、営林署の偉い人の視察だろうか?と思って納得したそうです。
昔は役人は威張っていました。
しかし、普通は、そんなところに偉い人はやってこないし、営林署の車はジープ(本物のジープ)だった。
狭い曲がりくねった林道を苦労して行くと、道はなくなって河原に出たそうです。
そこが車が通れる林道の部分の終点でした。
先にいった件の車はいなかったそうです。
脇に分かれる道はなかったのに。
「その車はどこにいったん?」私
「わからん。谷に落ちたんやないか思うて注意して帰ってきたけんど、落ちとらんかったもんな。」

いわゆる「消える自動車」です。

363: 本当にあった怖い名無し 2018/12/09(日) 12:59:04.80 ID:3y+V7PwH0
石じじいの話です。

奇怪な話でも、その原因が狐狸の類に騙されたといったものや河童にいたずらされたといったものだと、なにか「ほのぼの」とした感じがのこります。
西日本の山で恐ろしい動物は、イノシシです。数が多いので山で遭遇する可能性が高い。里にも降りてきて農作物を荒らすことも頻繁にあります。
じじいによると、イノシシには鋭い牙があるので、襲われると(突進してきてぶつかられると)、それで脚に深い傷を追うことが多く、出血して危ないのだとか。
じじいも何度も遭遇したそうですが、見かけたら刺激しないように遠ざかる、というのが一番の方法だと。
最悪なのは、石を投げたりして刺激することだそうです。
相手がパニック状態になって、攻撃してきます。
「猪突猛進」という言葉があるので、それを信じて、また誤解して、横にひょいと逃げれば避けることができると考える人がいますが、それはだめだと。
イノシシは機動性があるので、逃げてもすぐに方向転換して突いてくるそうです。奴らもそこまで単純ではない。頭が良いそうです。
イノシシに山で襲われて、脚に大怪我して血を流しながら帰ってきた人を見たことがあるそうです。その人が履いていたズボンはずたずたに避けていたと。

私も子供の頃、山に遊びに行った時に何度も見ました。走るのがとても速い動物でした


364: 本当にあった怖い名無し 2018/12/09(日) 18:29:45.90 ID:fYeyicFu0
>>363
イノシシは怖いよね人間でも食べちゃう
アメリカの豚が先祖返りしたやつはオッコトヌシぐらいでかいw

366: 本当にあった怖い名無し 2018/12/09(日) 20:03:29.67 ID:3y+V7PwH0
>>364
石じじいの話です。

イノシシは雑食で水生の動物も食べるようです。
きれい好きなので、泥浴びをします。減反で使われなくなった田んぼや湿地にその跡が残っていたりします。
戦後、減反政策で使われない田が増え、山、特に竹林の手入れがされなくなって数が増えたようです。
イノシシは筍を食べますからね。
子供の頃、戦前はイノシシは多くなかったが、戦後増えたと年寄りから聞いたことがあります。
生息域が増えたのでしょう。繁殖力も旺盛なようです。
「豚の金玉はでかいけんね!」とは、じじいの言葉です。
害獣(人間にとってですが)の駆除と言えば猟銃による狩猟でしょう。昔は、家のそばでぶっ放していました。
空気銃というのをご存知ですか?ソフトエアガンとは違います。
銃身にライフリングがほどこされた狩猟に使える銃です。
子供の頃には簡単に買えて鳥をなどを撃つことができました。
てるてる坊主のような形をした金属弾を圧縮空気で撃ち出します。
小学校のときに、夏休みの注意として「空気銃を使わないこと」というのがありました。
今では考えられないことです。
子供の頃、中学校の体育の先生が空気銃で雀を撃って焼いて食っていたことを覚えています。
竹やぶに向かって撃つと、弾が竹の間を複数回跳弾して「カン、カン、カン!」と音を立てます。
じじいは、銃を扱うことができましたが、猟銃を持つことはなく狩猟もしませんでした。(と記憶しています)
一度、若いあんちゃんが空気銃の練習のために、きれた電球や空き瓶を並べてそれを撃つ練習をしていました。
私はそれを見ていたのですが、じじいが通りかかり、危ないからやめろとたしなめたことがあります。
あんた銃が撃てるか?と、そのあんちゃんに尋ねられた(からまれた?)じじいがその銃を受け取りかまえて撃ちました。
非常に正確な射撃だったと思います。
空気銃は速射はできないのですが、何発も続けて標的に命中させるので、「かっこいいな」と思ったものです。
子供心にすこし、じじいを見直しました。石拾いのダメ大人じゃないんだな、と。



05



人魂は昔じゃなくて平成の時代に見ています
かなり山奥の田舎の村でしたが、夜中に山の中腹あたり(墓がある場所でした)を
赤い光が盛んに動いていました
「おお、あれあれ」と大人が指さして教えてくれてみんなで眺めていたので確かな記憶です
今ではお供え物を食べに来た獣の瞳が光っていたのでは?と推測しています
大人たちはただ「人魂」としか教えてくれませんでしたが、不気味な動きでしたねえ





●「うしみつ」ではみなさんからのネタ提供をお待ちしています●
ブログを見ていただいたみなさんからのネタ提供を募集します。
以下のようなネタがあれば、「うしみつ」にどしどしお送りください。
ネタはブログに掲載させていただきます。

・恐怖体験談、不思議体験談(実体験・創作問わず)
・「うしみつ」でやってもらいたい話題、ネタ(どんなものでも構いません)
・「うしみつ」で調べてもらいたい話題、ネタ(オカルト関連の未確認情報や噂など)
・イラスト投稿
・その他、速報や上記に該当しない様々なネタ


ネタ投稿は usi32@kjd.biglobe.ne.jp へお願いします。
尚、ネタ投稿以外の連絡先は別ですのでご注意ください。

追記①:たくさんのネタ投稿をいただいております。ネタはなるべく一か月以内に掲載させていただきますが、調査依頼など、掲載に時間がかかる物もあります。気長にお考えいただければ幸いです。
追記② :いただいたメールには掲載日までにお返事を送っております。PCからURL込みの返送となるため、設定によってはお手元に届いていない可能性があります。ご了承ください。