image


1: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)20:53:55 ID:tec
飛鳥時代って世界史的にはもうほとんど中世だよね

7: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)20:56:29 ID:8K5
ある国の方がすくないやろ

12: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:00:53 ID:gFj
>>7
中東アフリカ西洋中国って結構ないか?

8: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)20:58:18 ID:7we
思ったけど日本ってなかなかに古い国やから日本史ボリューミーやけど
新しくできた国とかってスカスカなんかな

13: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:01:03 ID:R9v
平安時代は時代区分やと古代カテゴリやぞ

19: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:03:30 ID:tec
古代って言ったら西洋ではローマ帝国、東洋では漢までやろ

21: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:03:53 ID:QHs
文化の交流がない島国だから当然やろ
水もあるし森もあるから狩猟と農作だけで生きていける

23: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:04:12 ID:Wor
アフリカの古代時代は紀元前1万年より前の氷河期のころの人類がヨーロッパやアジアにだどりつく前のアフリカ大陸を出て世界に旅に出る前の頃ですかね

26: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:04:40 ID:QHs
>>23
エジプトやろ

36: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:07:32 ID:tec
神武天皇の実在を認めたとしても統計的にせいぜい西暦200年頃の人物らしい
つまりそこまで認めても古代の終わりまでしか遡れない


天皇のはじまりと卑弥呼たち 教科書や通説とはちがう日本古代史
BLUE THREE
NextPublishing Authors Press
2020-07-03


37: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:07:33 ID:QHs
江戸時代は江戸時代で優れた文化だし今より悪いとは言えんな

40: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:08:11 ID:gFj
>>37
少なくとも国民生活はひさんやったからあかんと思うわ

42: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:08:51 ID:QAa
>>40
飢饉とかが起きない限りは明治よりも良かったで
安定してたし

43: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:09:34 ID:8nv
>>42
ほんまか?

58: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:12:06 ID:QAa
>>43
江戸時代の生活とかで調べて見れば
江戸も戦国終わった直後は荒れてたけど中期~アヘン戦争起こる前までは大災害が起こらん限りは安定してて平和やったで

38: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:07:45 ID:QAa
古代⇒中世⇒近世⇒近代⇒近現代⇒現代
この区分やと古代って600年くらいまでやから普通に大和朝廷とかも古代に入るやろ

46: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:09:46 ID:6M0
端っこにしては歴史は十分にある方やろ…
世界史の方が面白いのは認める

47: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:09:57 ID:R9v
どんなに短く測ったって1300年はあるんやしな

49: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:10:14 ID:6M0
>>47
2000近くあるぞ

55: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:11:37 ID:R9v
>>49
完全にわざと醜いまでも悪し様に日本に歴史なかった!日本書紀は嘘!って言おうとしても8世紀の日本製の文献は山程出ちゃうってことや

59: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:12:09 ID:tec
>>47
古代までは遡れないんやね

67: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:13:33 ID:QAa
>>59
そもそも古代の基準がガバガバ過ぎて判断出来ん
中世は封建制が始まった年からやカール大帝によるカールの戴冠が起こった700年から古代が終わって説もあるし

61: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:12:33 ID:3Jc
古代や中世の定義って何や

62: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:13:03 ID:tec
>>61
古代→中世の前
中世→古代の後

65: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:13:16 ID:gFj
>>61
明確な文明の転換点やないか
日本の場合近代がないのかもな

68: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:14:08 ID:Er2
>>61
欧州と日本のを見てみると
古代→中央集権的な政府が存在
中世→その政府が権力を失って地方が台頭
やろか

77: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:15:40 ID:9nU
>>68
公家社会から地方豪族による群雄割拠への移行って考えると
まあ日本でもあったな

69: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:14:13 ID:QHs
言い出したらアメリカの古代っていつまでってなるしな

70: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:14:20 ID:tec
西洋では西ローマ帝国の滅亡が古代の終わりやね

72: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:14:35 ID:QAa
>>70
カールの戴冠が起こった年って聞いたが

カールの戴冠

カール大帝(カールたいてい、742年4月2日 - 814年1月28日)はフランク王(在位:768年 - 814年)にしてローマ皇帝(在位:800年 - 814年)。初代神聖ローマ皇帝とも見なされる。

797年、東ローマ帝国でエイレーネーが皇帝コンスタンティノス6世を追放し、ローマ皇帝史上初めての女帝を名乗った。この女帝即位は帝国の西部では僭称として認められず、ローマ皇帝位は空位の状態であるとみなされた。

800年11月、カールはバチカンのサン・ピエトロ大聖堂でのクリスマス・ミサに列席するため、長男カール(少年王)、高位の聖職者、伯、兵士達からなる大随行団をしたがえ、イタリアへ向かって5度目のアルプス越えをおこなった。ローマから約15kmのところでカールはローマ教皇レオ3世より直々の出迎えをうけた。そして、サン・ピエトロ大聖堂まで旗のひるがえる行列の真ん中で馬上にあって群衆の歓呼を浴びつつ進むと、レオ3世はカールを大聖堂の中へ導いた。

800年12月25日の午前中のミサで、ペトロの墓にぬかずき、身を起こしたカールにレオ3世は「ローマ皇帝」としての帝冠を授けた。この時、周囲の者は皆「気高きカール、神によって加冠され、偉大で平和的なるローマ人の皇帝万歳」と叫んだという。
https://ja.wikipedia.org/wiki/カールの戴冠

78: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:15:55 ID:Er2
>>72
中世って概念は元々は偉大な古代ローマがいた古代とその文化がよみがえった近代の間の時代を指してルネサンス期の人間が作った物やから
カール大帝から中世ってのはだいぶ少数派やないか

73: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:14:39 ID:6M0
中世の終わりもどこで区切るか微妙やしな
まぁ本来時代なんて区切れるもんじゃないんやろうが…

80: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:16:18 ID:QAa
>>73
封建制度が崩壊して王が強くなった辺りが中世の終わりって聞いたが
どうなんやろうな

79: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:16:07 ID:tec
東洋では唐から中世やな

81: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:16:39 ID:QAa
>>79
その基準やと卑弥呼や大和朝廷辺りは古代に入るんちゃう

84: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:17:20 ID:Er2
大和朝廷は余裕で古代やろ
日本やと平安末期からが中世ちゃう

92: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:18:41 ID:tec
>>84
日本史の括りではそうやで
本文読んでや

86: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:17:33 ID:DXg
教科者的にはモンゴルの台頭によって西洋東洋問わず近世入りって感じやな

88: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:17:56 ID:tec
教科書でまともに習うのも飛鳥時代からやん
そういうことやで

90: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:18:20 ID:QAa
>>88
ワイの学校は大和朝廷辺りもやったんだが

94: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:18:59 ID:hFi
>>88
イッチ的には飛鳥時代は中世なの?

98: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:19:52 ID:tec
>>94
日本史という括りの中ではもちろん古代
世界史では既に中世

102: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:21:34 ID:tec
飛鳥時代って
中国は大唐帝国やし
ヨーロッパはフランク王国中期
中東ではムハンマドが出てくる頃
完全に中世やで

91: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:18:28 ID:gFj
現代は戦後ってことでいいよな?

96: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:19:02 ID:QAa
>>91
現代は冷戦が終わった辺りやないか
近現代に入ると思う

97: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:19:48 ID:gFj
>>96
なんか名称いっぱいあってわからへんな
歴史的区分だと名称ってなんこあるんや?

104: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:21:56 ID:QAa
卑弥呼の時代は普通に古代やろ
なんで無しになってるのかわからんが

109: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:22:45 ID:tec
>>104
それは「歴史」ではなく「先史」や
外国の文献でわかるだけなんやから

123: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:26:13 ID:c5p
https://www.youtube.com/watch?v=rJksL53XGRE



日本は弥生時代あたりに現在の国境線における人口ランキングで上位15位以内入りして鎌倉時代あたりに人口世界3位になった国やぞ
マルサス人口論的に食糧が豊富やった国やし十分すごいやろ

199: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:48:34 ID:MNN
日本に古代はないけどこの日本列島という土地になら古代は存在するぞ少なくとも6000~7000年前のが

小竹貝塚から翡翠の装飾品の未完成が発見されてる

201: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:49:01 ID:xJM
>>199
翡翠言うと家具ニキを思い出すな

218: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)21:51:19 ID:MNN
>>201
家具ニキが何かはわからんが
ハンマーとしての利用も含めるなら翡翠は7000年前から道具として使われてる
大角地遺跡から見つかってる

これは確実に文明と呼べる

284: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)22:03:08 ID:MNN
あとイッチ、糸魚川翡翠文化は世界最古の石文化やぞ

当時は日本では無いけど、この土地には世界に誇れる文化はある

287: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)22:03:36 ID:qSj
青銅器時代がなく鉄器時代があるのはかなり稀らしいな

292: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)22:04:13 ID:gFj
>>287
当時のにほんて銅じゃなくて砂鉄から作ってたんヤッケ?

300: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)22:05:56 ID:qSj
>>292
そう
鉄の溶ける温度よりも銅の方が溶ける温度は低いから銅の方が剣にするのは容易なんや
せやけど日本は銅剣は主に祀る物に使われてて戦いなどでは鉄剣だったらしいね

309: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)22:07:03 ID:gFj
>>300
まぁ青銅は綺麗やしなそれにもろいし
けっこう戦争には合理的なんやなって

352: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)22:15:24 ID:z4w
日本の磨製石器は世界最古らしいで

355: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)22:16:05 ID:yau
no title

no title


撮ってきたわ
糸魚川産の翡翠や

366: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)22:18:27 ID:6qF
ちなおまえらは、邪馬台国ってどこにあった説なん?


370: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)22:18:57 ID:pSf
>>366
北九州

372: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)22:19:14 ID:z4w
>>366
大和やから幾内やろ

560: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)22:56:30 ID:XQA
「日本」の実質的な建国はやっぱり大化の改新じゃないか?

あらかた本州も統一しきって日本と国号を定めたのもこの時だし

561: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)22:56:58 ID:HiC
>>560
日本を名乗り始めたのは8世紀の遣唐使のころからや

610: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)23:08:45 ID:zhr
かっつり建国時期を決めようとなると前提作りが大変そう



引用元: ・https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1593604435/