no title

1: 本当にあった怖い名無し 2018/10/10(水) 16:31:58.07 ID:vvyNdttO0
狐について色々と調べてる者です
昔の記録ではなくなるべく最近の出来事で狐に化かされたような話を聞いたり体験した人がいれば教えて欲しいです


2: 本当にあった怖い名無し 2018/10/10(水) 16:38:18.81 ID:dDxCWg/20
昔の話ならありそうだけど最近は聞いたことないな

3: 本当にあった怖い名無し 2018/10/10(水) 16:48:13.21 ID:vvyNdttO0
>>2
そうそういろんな本読んだけど最近のはあまりなくてさ
もちろん俺が全ての話知ってる訳では無いけど狐に限らずそういうものに対する信仰がはっきり消えたのは戦後から高度経済成長期ぐらいまでだと思う
それ以降の話を知ってる人がいたら聞いてみたい

4: 本当にあった怖い名無し 2018/10/10(水) 16:50:41.02 ID:dDxCWg/20
>>3
今は東北にある狐の施設?
外国人旅行者に人気なものがある位しか聞いたことが無いかな
スマホのせいでやはりその手の話題が出にくいのだと思う

5: 本当にあった怖い名無し 2018/10/10(水) 17:04:43.57 ID:dDxCWg/20
狐や狸の話は心霊番組でもずっと聞いてないかも

6: 本当にあった怖い名無し 2018/10/10(水) 17:07:26.92 ID:wPZHC6u/0
近所のおっさん曰く、よく憑かれるそうだ
ふらふらが憑いたとか言ってるわ、その日何をしたかわからんのだって
憑かれた時のおっさんの眼は気持ち悪いくらいギラギラしている
でも奇行には走らんけど言動がおかしい

7: 本当にあった怖い名無し 2018/10/10(水) 17:09:23.49 ID:dDxCWg/20
>>6
ふらふら?

9: 本当にあった怖い名無し 2018/10/10(水) 17:10:49.36 ID:tAqblBE60
>>7
憑かれる時には体がだるく、ふらふらするから本人は『ふらふらがまた憑いて来よるわ』って言うんだ

28: 本当にあった怖い名無し 2018/10/11(木) 13:45:35.17 ID:kzkNyS8q0
>>6
これ何がついてるんだろう
狐との因果話がおっちゃんにあるなら狐憑きになるけどないなら難しいね

29: 本当にあった怖い名無し 2018/10/11(木) 15:51:02.60 ID:Lib5oMmp0
>>28
子供の頃、狐火を見てから2日くらい自分の行動がわからなくなった事があるそうだよ
正気になった時、奇行はしてないけど言う事が支離滅裂だったって周りに言われたって
その後近所の坊さんに、『お前は狐に憑かれ安い』と言われたってさ
実際おかしい時がある
朝会った時夕方に会う約束していたんだけど昼過ぎに来て、『体だるい』と言ってへたり込む
夕方の約束だったと言うと、『そんな話はしていない』とか言って帰って行って、また夕方に来たんだよ
で、その時昼に来て夕方の約束はしてないって言ったのに来たのか問いただすと、『昼には来ていない』とおっしゃるw
で昼の行動を問いただしたら『ふらふらに憑かれていたんだ』と言い出して、狐憑きの話を教えて貰った

31: 本当にあった怖い名無し 2018/10/11(木) 18:07:22.69 ID:kC107OTN0
>>29
昔は精神病者とかを憑き物のせいにしたりとかしてたらしいけど狐火を見たっていうトリガーがあるからこれは外的要因(狐)によるものと考えられそうだよね
いい話をありがとう

34: 本当にあった怖い名無し 2018/10/12(金) 22:08:03.02 ID:eYFlpUmM0
>>31
大阪の松原市という所です。

35: 本当にあった怖い名無し 2018/10/12(金) 22:12:44.73 ID:eYFlpUmM0
追伸で、その当時は皆んな狐と呼び捨てにせず、
お狐さんと呼んでた。

8: 本当にあった怖い名無し 2018/10/10(水) 17:09:35.83 ID:tAqblBE60
よく狐火ってのも見ると言っている
白い縦の楕円みたいなのがずらーっと山の方に並んでいるって言っている
俺は山を見てもそんなのは見えなかったけど
no title

狐火
狐火(きつねび)は、沖縄県以外の日本全域に伝わる怪火[1]。ヒトボス、火点し(ひともし)、燐火(りんか)とも呼ばれる。
郷土研究家・更科公護がまとめた狐火の特徴によれば、火の気のないところに、提灯または松明のような怪火が一列になって現れ、ついたり消えたり、一度消えた火が別の場所に現れたりするもので、正体を突き止めに行っても必ず途中で消えてしまうという。また、現れる時期は春から秋にかけてで、特に蒸し暑い夏、どんよりとして天気の変わり目に現れやすいという。
キツネが人を化かすと言われているように、狐火が道のない場所を照らすことで人の歩く方向を惑わせるともいわれており、長野県飯田市では、そのようなときは足で狐火を蹴り上げると退散させることができるといわれた。


https://ja.wikipedia.org/wiki/狐火

11: 本当にあった怖い名無し 2018/10/10(水) 17:22:06.98 ID:+vz7HBtR0
白い色の狐で9本のしっぽがあると位が高いとか
no title

九尾の狐
九尾の狐(きゅうびのきつね)または九尾狐(きゅうびこ)九尾狐狸(きゅうびこり)は、中国神話の生物。9本の尻尾をもつ狐の霊獣または妖怪である。
『山海経』「南山経」には、青丘之山に「有獸焉 其狀如狐而九尾 其音如嬰兒 能食人 食者不蠱」という記述がある。『白虎通』では皇帝の徳が良いと現われる瑞獣の一つとして記されているほか、九は子孫繁栄を示しているともあり、瑞兆を示す霊獣であるとしている。


https://ja.wikipedia.org/wiki/九尾の狐

12: 本当にあった怖い名無し 2018/10/10(水) 17:34:34.37 ID:jqPtAqig0
>>11
養殖出来たら、一匹からふかふか尻尾たくさん取れてウマーだな
その前に呪い殺されろうだけどね、玉藻の御前に


17: 本当にあった怖い名無し 2018/10/10(水) 22:09:58.76 ID:5aTQ0K2H0
山怪で読んだ話だけど、夜中の山中で木を切り倒す音が聞こえる天狗倒しも地方によっては狐狸の仕業とされる。
面白いのは、昔は斧で切る音だったのが、現在はチェーンソーの音が聞こえるというのがw
トレンドの取り入れがすごい。

28: 本当にあった怖い名無し 2018/10/11(木) 13:45:35.17 ID:kzkNyS8q0
>>17
なるほど
天狗倒しについては知ってたけどチェーンソー云々は面白いね

18: 本当にあった怖い名無し 2018/10/10(水) 22:24:03.82 ID:bppbmYLR0
二十年以内に聞いたキツネに化かされた話あるけど面倒だから書き込まない

19: 本当にあった怖い名無し 2018/10/11(木) 02:01:03.73 ID:9OzhPHgp0
ふむふむ
野狐と善狐がごっちゃになってるな
人の魂を食らうのが野狐、白面9尾などがそれにあたる。
善狐はお稲荷様などで神様のお使いやお稲荷様として仙狐や神狐になったもの。これらはWikipediaに載ってるよ。
野狐に憑かれるとギャンブルにハマったり猛烈な食欲で短期間で激太りしたりする。
祓う時にたまに狐憑きが来るね、野狐の場合だとほっといたら魂喰われる。
喰われるまでの期間は、尻尾が少ない程長く、多い程短くなる。
7尾以上なら早急に祓わなければスグに乗っ取られてしまうよ。

20: 本当にあった怖い名無し 2018/10/11(木) 03:23:06.34 ID:47LLEmMb0
>>19
そういえば?
ギャンブルがヤメレない
体重を戻してもりバうんどする
ギャンブルはたまに当たるから厄介
実感して、20年は経った
あと
人との縁をそぐのは本当なのかな

26: 本当にあった怖い名無し 2018/10/11(木) 09:02:58.27 ID:9OzhPHgp0
>>20
縁切りも起きますね
自分だけが幸せになって周りが不幸になる

27: 本当にあった怖い名無し 2018/10/11(木) 10:14:35.86 ID:47LLEmMb0
>>26
有り難う
京都に無関心だからヤコのほうか

リアルでコギツネを見かける
まさか翌日にこんなスレをみつけるとは

30: 本当にあった怖い名無し 2018/10/11(木) 17:43:02.86 ID:015ADgul0
昭和30年代の頃、近所の主婦が狐に騙された話を真顔でしていた。それを聞いていた主婦連も真顔で怖がっていた事を思い出す。あの頃は狐が本当に人間を騙していたのだ。

31: 本当にあった怖い名無し 2018/10/11(木) 18:07:22.69 ID:kC107OTN0
>>30
やっぱり新しくても昭和中頃になっちゃうのかな
大学の先生の受け売りだけど映画平成狸合戦ぽんぽこがまさに転換期を描いた作品らしい

あと出来ればでいいんだけど地域とかも教えて貰えるとありがたい

32: 本当にあった怖い名無し 2018/10/12(金) 08:05:52.33 ID:Mn5rNgp90
ちょっと前に仕事でイライラしていた時の話なんだが
ふと鏡で顔を見たら、右目だけ異常に斜めにつり上がった
ような形に変形していた。

ものすごく感情的で非論理的な怒りに一日中振り回され、気持ち悪かったが、もしかしたら脳梗塞の症状で顔面の筋肉が引きつってるのか?と思った

しばらくしたら、今度は右目が元に戻り左目がつり上がった。
無視して怒りを収めたら治った。
これは狐?

33: 本当にあった怖い名無し 2018/10/12(金) 16:32:35.21 ID:A4Cc5YXo0
うちの地元では、お稲荷さんが見える時は、周りの音が聞こえ無くなって、まるで時が止まった状況になるって話がある。

36: 本当にあった怖い名無し 2018/10/12(金) 22:33:08.60 ID:DwsLoNE90
確か本来の神の使いは狐ではなく、ジャガーかジャッカル的なものでは?日本に信仰が入ったとき、分かりやすく似たものの狐にしたとか。エデンの林檎みたいに。
no title

野干
野干(やかん)とは漢訳仏典に登場する野獣(正確には干は犭に干で犴。の字体を正確に知らない当時の人たちにより野干という表記も多く存在するので間違いではない)。射干(じゃかん、しゃかん、やかん)豻(がん、かん)、野犴(やかん:犴は野生の犬のような類の動物、キツネやジャッカルなども宛てられる)とも。狡猾な獣として描かれる。中国では狐に似た正体不明の獣とされるが、日本では狐の異名として用いられることが多い。
この動物は元々インドにおいてジャッカル(この名称も元は梵語に由来する)を指していたが、中国にはそれが生息していなかったため、狐や貂(てん)、豺(ドール)との混同がみられ、日本においては主に狐そのものを指すようになる。


https://ja.wikipedia.org/wiki/野干

37: 本当にあった怖い名無し 2018/10/12(金) 22:36:36.73 ID:DwsLoNE90
ウカノカミでしたっけ?狐の御主人にあたる神様。その神が連れているのは狐じゃない、という話。日本は奉って神にするから、狐が神になったかもしれんが。目が3つ口が頭にあるらしいよ?

39: 本当にあった怖い名無し 2018/10/15(月) 21:10:08.93 ID:i0Y3Oaif0
昔って60年近く前と思われる話も含まれてしまうのかな?

もう知ってるかも知れないけど面白い話だし一応書いておく
漫画家の魔夜峰央の妖怪缶詰というホラー漫画短編集の中に魔夜峰央の実体験や妖怪についての考察などの描き下ろしがいくつかあるんだけど、その中に生家にいたお手伝いさんの女性が時々狐憑きになっていたという話がある

ある時 子供時代の魔夜峰央は川で溺れたが何とか近所の大人達に助けてもらった
後日 件のお手伝いさんが例によって狐に憑かれて暴れ始めたので皆で押さえつけようとした
その中にいた魔夜少年も思わず「こら! おとなしくしろ!」と言ったらお手伝いさんが
「何を言う! お前が川で溺れていたのを助けてやったのはこのワシだぞ!」と叫んだ
お手伝いさんは川での事故の際、現場にはいなかったはずなのに……というような話

今これ書いてるだけでもゾワッときたわw
でも不思議で大好きな話


01



狐憑きの話は今でもありそうだなぁ
アカギツネはいかにも狡猾で人を騙しそうだけど
フェネックなんかも人を化かすのか?
スナギツネとかあの眠そうな顔で絶対無理だろ





no title


05



引きこもりや登校拒否は狐憑きのせいと考える
地域の研究を以前読んだことがありますが
今でもそうした考え方は残ってるんでしょうかね





02




今年の大みそかは
狐でいくか、狸でいくか…それが問題だ
いっそ両方食うか





●「うしみつ」ではみなさんからのネタ提供をお待ちしています●
ブログを見ていただいたみなさんからのネタ提供を募集します。
以下のようなネタがあれば、「うしみつ」にどしどしお送りください。
ネタはブログに掲載させていただきます。

・恐怖体験談、不思議体験談(実体験・創作問わず)
・「うしみつ」でやってもらいたい話題、ネタ(どんなものでも構いません)
・「うしみつ」で調べてもらいたい話題、ネタ(オカルト関連の未確認情報や噂など)
・イラスト投稿
・その他、速報や上記に該当しない様々なネタ


ネタ投稿は usi32@kjd.biglobe.ne.jp へお願いします。
尚、ネタ投稿以外の連絡先は別ですのでご注意ください。

追記①:たくさんのネタ投稿をいただいております。ネタはなるべく一か月以内に掲載させていただきますが、調査依頼など、掲載に時間がかかる物もあります。気長にお考えいただければ幸いです。
追記② :いただいたメールには掲載日までにお返事を送っております。PCからURL込みの返送となるため、設定によってはお手元に届いていない可能性があります。ご了承ください。