no title

1: ◆mZB81pkM/el0 (庭) [BR] 2018/12/20(木) 12:48:52.80 ID:dwYL/mSZ0 BE:844481327-PLT(12345)
【名護】名護市在住で元教員の安座間安史さん(64)がこのほど、沖縄本島北部の森林に生息するフトミミズ類の新種3種を発見し、日本土壌動物学会誌「EDAPHOLOGIA(エダホロギア)」に記載報告した。
記載は11月30日付。県内に生息するミミズの新種記載は2000年に安座間さんらが報告したヤンバルフトミミズやアカシマフトミミズ以来、18年ぶり。
県内ではこれまでに35種の陸生ミミズが記載されており、新たに3種が追加された。

安座間さんによると、ミミズの研究者は少なく、図鑑が発行されているものの県内からはヤンバルフトミミズとアカシマフトミミズしか掲載されていないという。
「今後も研究を進めて、沖縄のミミズ図鑑をつくりたい」と笑顔を見せた。

報告した3種はミドリフトミミズ(Amynthas glaucus)、ムネマルミミズ(Amynthas surculatus)、ヒョウタンミミズ(Amynthas cucurbitae)
それぞれの特徴から安座間さんが名付けた。
うしみつ注:引用此処まで。全文はソース元をご覧ください

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-851247.html