image (1)


72: 本当にあった怖い名無し 04/08/13 00:34 ID:ebdr4wkN
私が体験した本当のお話です。
もう3年以上たちますが、ある専門学校に通っていた私は昼は学校、夜アルバイトという生活を送っていました。
お金が足りなくて、たまに親にねだって送金してもらいなんとか毎日を過ごせていました。
夏期講習のスケジュールを書き写していたとき、友達が私に旅行へ行かないかと誘いました。
夏期講習を調整し、バイト先に許可をもらい、友達同士四人で海へ二泊三日の旅行をすることにしました。
変な話ですが、旅行の資金を確保するため、私はほとんど毎日食パンにジャムという食生活でした。
もちろん、動物性たんぱく質に少しばかりあこがれましたが旅行へいくため、ずっと我慢していました。
旅行の2~3日前から、胃の調子が悪く、胃液がこみあげました。
その時の口の中に、生臭い臭気が漂って気持ち悪くて薬局で胃腸薬を買い、その日はアパートで休んでいましたが次の日もやはり生臭いものが、胃から湧き上がってくる感じ。
でも、ようやく収まってなんとか楽しみにしていた旅行へいくことができました。

私と、3人の女の子。
一人だけ私とは面識のないSという子がいました。
けっこうおしゃれな子で、しゃべると面白く、明るい感じの子でした。
旅館に到着し、チェックインを済ませ、海へ泳ぎに行きました。
男の子から声をかけられたりして、すこしスリリングで、時間の経つのもわすれて浜にいました。
旅館に戻り、露天風呂に入って部屋に戻り、食事の時間。
そのときの席の配置は、四角いテーブルに私、私の横と向かいがわに友達そしてSは斜め前でした。

73: 本当にあった怖い名無し 04/08/13 00:35 ID:ebdr4wkN
すっかり、おなかがすいて目の前には海の幸。
わたしたちは喜んで「いただきまーす」って飛びつきました。
するとSがいきなりです。
お刺身をわしづかみにして、自分の口へ押し込んだんです。
「ちょっとちょっとあんた!」
友達の一人が驚いてSをとめましたが、彼女は目をかっと見開き、まるで犬がえさを食べるように歯を剥き出しにして、お刺身を食べるんです。
そこらじゅう、食べ物が散らばって、あまりの出来事に私たちは言葉を失い、呆然としていました。
もうひとりの友達は怖くて涙を浮かべていました。
彼女の体を無理やりテーブルから引き離し座布団をならべて彼女を座らせ、寝かせようとしました。
最初、力んで体を硬直させていたけど、座布団に座らせたとたん力が抜けたようにだらんとなり、口を半開きにして上目遣いで私たちをボーっと眺めていました。
もう、食事どころではありません、私たちはてんかんのように、何かの発作の一種か、もともと彼女に精神的な病気があったのか、いろいろ思案していましたが、結局、交代で彼女を看ることにしました。
ようやく気を取り戻したのか、彼女は泣きながら「わたし、変なことしたでしょう?」と私たちにあやまりました。
彼女はそれを覚えていないようなので、一部始終を話すと
「明日、私だけかえるね」と一言つぶやきました。
私たちもそのほうがいいと思いました。

76: 本当にあった怖い名無し 04/08/13 00:49 ID:ebdr4wkN
ほんとうに怖かったのはその夜です。
寝床についた私たちは気をとりなおし、冗談も言えるようになって和気あいあいと夜遅くまで語り合いました。
Sが先に眠り、続いてもう一人が眠り、私と最後までおしゃべりしていた子も「もうねようか」って切り出し「本当に今日は大変だったね」と私が言うと彼女が「あんたは大丈夫?」って言うんです。
「何が?」
「あんたもやりかけたんだよ」
私がSと同じようなことをやろうとしていたと、彼女は語りました。
もちろん、私にはそんな記憶はありません。
半信半疑で、とても気持ち悪くて、眠気が消し飛んでしまいました。
真夜中、みんな寝静まったと思っていたら、くっくっくって笑い声が耳元で聞こえます。
寝返りをうったら、横で寝ていたSが私のほうを凝視して、それでも口元は笑っていて・・・。
私はとっさに、まともに相手をしてしまったらいけないと判断しました。
そして、まるで冗談を言い合っていた延長のようなかんじで「なっによお~、も~」ってゆっくり寝返りを打って、おふとんをかぶっていました。
体がこわばって、朝まで震えていたと思います。

翌朝、早くにSは帰りました。
私はSと目をあわすこともできず見送りもしませんでした。
もう、このときの友達とは会っていませんが今でも思い出すのは、旅行前に胃がわるかったこと。
生臭いものがこみ上げていたのは、あれはなんだったんだろうって。
おわりです。
長くてごめんなさい。

77: さたな偽(1/3) 04/08/13 00:53 ID:tmpjLVXM
聞いた話である。
現在広告代理店に勤める彼が(仮に田中氏としておこう)大学生だった頃、と言うから5、6年前の事になる。
当時、彼は大学から少し離れた都心部の1ルームマンションで1人暮しをしていた。
大半の一人暮らしの人間がそうであるように、彼もまた近所のコンビニには毎日のように買い物に行っていた。
大学での授業を終え、色々と用事も済ませ、部屋に戻って人心地ついて、ふっとコンビニに出かける。
特に目的が無くてもなんとなく出かけていってしまう、一人暮らしの人間にとってコンビニとはそういう場所ではないだろうか?
少なくとも、田中氏にとっては、そうだった。
そんな訳で、彼がコンビニに出かける時間はだいたい決まっていた。

だいたい、夜の10時頃。
最早、習慣のようになったコンビニ通いには細い裏路地を使っていた、
コンビニまでの最短距離であったし、彼の根城としているマンションその物が表通りから少し奥まった所に建っていたので自然とその細く暗い道を使っていた、
彼は男性であったし、なにしろ大した距離ではない、
たまに、コンクリートブロックを持った若い男性が徘徊していたりもしたらしいが彼は特に危険と遭遇する事もなかった。
なにしろ、距離は短いし、通い慣れた道であったから、
そう、本当に、毎日、毎日、歩いている道であったから。

81: さたな偽(2/3) 04/08/13 01:17 ID:tmpjLVXM
新学期が始まり、少し経った頃、恐らく5月の始めだったと彼は言う。
まだまだ夜は冷えていた、
彼はいつものようにコンビニへと出かけ、雑誌を物色し某かの買い物を済ませ、帰路へとついた。
そう、毎日のように通った道筋である。
自分の住むマンションの、すぐ手前まで来て彼は普段そこに無いもの、を確認した。
そこには電柱があり、公衆電話が設置されていた、
電話器だけをボックスにつめた簡単な作りのタイプである。
電柱の街灯に照らされた公衆電話は、無論普段から存在する、
問題なのは、そこに人が立っていた事である。
もちろん人が使う為に設置された公衆電話である、
そこに人がいても不思議は、ない。
だが不自然なのは、その人物が壁に向かって、すなわち道路には背を向けて立っていた、
微動だにせずに、電話をかけている様子も、ない。
今までなにも無かったとは言え、前述した通り全く治安に不安のない場所、と言う訳でもない、
彼は無意識に緊張する自分を感じていた。
もしかしたら、足音を忍ばせていたかも、知れない。
しかし、その人影は終止微動だにしなかった。
真っ赤なトレンチコートのような物を着たそれは彼が通り過ぎるまで本当にピクリとも動かなかった、
ただ背を向け、ジッと壁に向かって立っていた。
多少、不気味ではあったものの、実害はなかったし、習慣のようになったコンビニへの夜の買い出しは止める事は出来なかった、
多少気にはなっていたのでマンションを出る時に、ちらっと確認すると、公衆電話は無人だった。
もともと暗い裏筋である、
夜半ともなると人通りは殆どなかったからそれを確認するのは容易だった。
少し安堵してコンビニへと向かい、弁当だかなんだかを買い込んで帰路についた。

いた!
それは昨日と同じ位置で全く同じ姿勢で公衆電話の脇に立っていた、
すこし俯き加減で、壁に頭を預けるような姿勢で。
次の日も、次の日も「それ」は公衆電話と壁の隙間に隠れるように立っていた、
ずっと、指先一つ動かす事もなく。
そして、彼がコンビニへ出かけようとマンションを出る時には、いない、
しかし、コンビニ袋を下げて彼が通りかかると「それ」はそこに立っていた。
毎日、毎日、俯き加減で通りに背を向け、異様に長い真っ赤なトレンチコートを着て。

85: さたな偽(3/3)まだ続きます。 04/08/13 01:53 ID:tmpjLVXM
1週間ほど経った頃であろうか、
田中氏は、それでも夜中のコンビニ通いを続けていた。
無気味ではあったが、何をする、と言う訳では、ない。
ただ、暗く、細いその裏路地に設置され街灯に弱々しく照らし出された公衆電話の脇で通りに背を向けて立っているだけ、である。
勿論、それは普通の行動では、ない、決して普通では。
だが、実害がないのであれば関わり合にならなければそれで良い、
ただ、黙って後ろを通る分には何も問題は無かった、
実際、何も、無かったのだから。

だが、気には、なる。
当然である、気にならないと言えば、その神経の方が異常である。
「それ」がそこで何をしているのか?
そもそも、「それ」が何なのか確認も出来ない状況は真綿で首を絞められるような、圧迫感を田中氏に与えていた。
実害は無い、と考えていたが、このままでは精神衛生上、不都合が生じる、せめて「あれ」が何故そこに立っているのか、
それを知る事ができれば、何か納得できる答えさえ見つかれば、田中氏の首の真綿は排除できる。

86: さたな偽(4/3) 04/08/13 01:57 ID:tmpjLVXM
いつものようにコンビニへの帰路、いつものように佇む「それ」を横目で見ながら、ふっ、と思い付いた。
自分の住む部屋のベランダはちょうど、この道を見おろせる位置にある、彼の部屋は5階であった。
そこからなら、安全に、「それ」の行動を観察できるのではないか?
田中氏はいつものように「それ」の背後を通り、マンションに入り、急いで自分の部屋へと駆け込んだ。
コンビニ袋を投げ出し、玄関から6畳をはさんだベランダへと向い、そっと下の様子を伺った。
案の定、そこからは件の公衆電話がよく見て取れた、
当然「それ」も、いた。うつむき、壁に向い、公衆電話と壁と電柱に挟まれるように、赤い、ほんとに赤いトレンチコートを着て・・・

トレンチコート・・・なのだろうか。
彼は最初どこに違和感があるのか、分からなかった、
違和感の原因が分かった時彼は理解した、
いや正確には「それ」が「何」で「何をしている」と言う当初の目的を理解できた訳では、ない。
ただ、彼が理解したのは「それ」が決して常識の範疇で語れる「物」ではなかった、と言う事である。
トレンチコートには切れ間がなかった、
「それ」を中心に道は真っ赤に染まっていた、
人通りのない、弱々しい街灯で薄暗く照らし出された「決して治安の良く無い」裏路地」は真っ赤に染まっていた、
そして「それは」まるでそこから生えているように突っ立っていた。

初めて恐怖を覚えた、俺は、毎日、毎日、あの上を歩いていたのか。
もう、夜中にはコンビニには、行けない、
いや、もう夜中に出かける事も、出来ない。
次の日からの事を思うと絶望感すら沸き上がって来た。
だが、次の日から、「それ」は出なくなった、
結局最後まで「それ」が何なのか分からなかった、が、分からなくて良かった、と思うのは同じような経験をした人間なら、わかる気持ちである。
なにより、「それ」がいなくなった事の重大さに比べれば、そんな事は些事である、少なくとも本人にとっては。

133: 本当にあった怖い名無し 04/08/13 13:34 ID:bXM6S1P+
私は父親が生まれた時からいなくて、ずっと母親と二人暮しでした。
(現在結婚して家は出ていますが)
私がまだ母と暮らしていた17歳の頃の事です。
夜中の3時ぐらいに「ピーー」と玄関のチャイムが鳴りました。
丁度その日は母と夜中までおしゃべりをしていて二人とも起きていました。
「こんな遅くに誰だろね」なんて話しつつ、私が「はい」とインターフォンをとりました。
そうすると女性の声で
「あの…あの…突然すみません…。今晩、あの…泊めて頂けませんか」と。
声の感じでは40代ぐらい。
その妙におどおどしていた感じが気になって
「え?泊めてくださいって母の知り合いの方ですか?」
と聞き返しました。
すると相手は「いえ…全然違うんです…あの…私近所のマンションに住んでましてあの…私会社をクビになって…あの…もう住む所がなくて…だから泊めて頂きたいと…」
話がよく理解できなかった私は
「母の知り合いではないんですね?でも泊めるのは…」
とおろおろしてしまいました。
そこで見かねた母が「私が変わるから」といって、インターフォンで話はじめました。
私は一体なんなんなんだろ?
と思って、玄関の窓越しに相手を見に行きました。

続きます

140: 本当にあった怖い名無し 04/08/13 13:52 ID:bXM6S1P+
私が玄関の窓越しにみたその女性は、明らかに変な人でした。
まず、顔はもうどうみても50代なのに金髪の長髪。
白い帽子をかぶっていて、明るい緑のブラウスに赤地に白の水玉のふわっとしたスカート。
右手にはたくさんの物が入った紙袋を持っていました。
その様子をみて、「これは変な人だ!!」と察知した私はまだインターフォンで話している母に
「ちょっとママ!玄関に来てる人、絶対変!怖いからもうやめよう!相手にしないで『駄目です』っていって断ろう!」
とまくし立てました。
そしたら母は「ははははは」と笑って
「なんかこの雨の中、傘もなく歩いてきたんだって。怖いなら傘だけでも貸して帰ってもらおう」
と言うじゃありませんか。その日は確かに雨がざんざん振りでした。
私はもうその人の外見をみてるので泣きたくなって、こういう事にだけは度胸がある母をうらみました。

私は怖くなったので、玄関から離れた奥のリビングで玄関の様子を伺っていました。母が玄関を開けて話している声が聞こえてきてしばらくすると
「家には入れられません!帰ってください!」
と母の怒鳴り声が聞こえました。

すみません長くて、続きます。

158: 本当にあった怖い名無し 04/08/13 14:10 ID:bXM6S1P+
私は普段、母の怒鳴り声なんか聞いたこともなかったので、それだけでかなりビビッてしまい、その時点で涙目になっていました。
玄関ではガチャガチャガチャガチャ!!とチェーンの付いた扉を無理やり開けようとする女性と、閉めようとする母が出す音が大きく響き渡り、17歳の私を泣かせるだけの迫力がありました。
でも、その押し問答の最中も聞こえてくるのは母の声だけ。
相手の声はしません。
やっとバタン!と玄関が閉まる音がして、母がふぅふぅ言いながら部屋に帰ってきました。

「あの人、やっぱり○○(私の事)の言うとおりだね。頭おかしいみたい。怖かったでしょう、ごめんね。」
と母が言うので、「なんかされたの?大丈夫??」と聞き返しました。
すると母はまた笑って
「いやいや、全然大丈夫。今日はもう寝なさい」と。
しかし、この話をしている最中にまた玄関のチャイムが「ピーーピーーピーーピーーー」と物凄い勢いで鳴り始め、今度は玄関のドアがドンドンドンドン!!と叩かれました。

私のビビり具合はMAXに達して、「警察に電話しようよ!」と泣き始めました。
母は「あとしばらく続くようなら警察を呼ぼう。あなたはもう寝なさいって。大丈夫だから。」と言い、寝る準備を始めました。
私は怖くてなかなか寝付けず、しばらく玄関の音に耳をすませていました。
玄関の音は30分ぐらいで止みましたが、それ以来しばらくは夜中のお客さんは怖くて怖くて仕方ありませんでした。
ごめんなさい、続きます。

次が最後です。

166: 本当にあった怖い名無し 04/08/13 14:24 ID:bXM6S1P+
その夜の出来事から5年後、私は一人暮らしを始める事になりました。
明日から新しい部屋で暮らす事になった晩に母と話をしていて
「そういえば、あんな事があったね~私怖くて怖くてめっちゃ泣いた記憶がある(笑」と話したら、母が「う~ん、あれだけで怖がってるようじゃ大丈夫かしらね、一人暮らし。」というので、「あれだけで?」と聞いたら母が言うには。

私ね、あの時あなたが物凄い怖がってたから、言わなかったけど、まずあの人ね、雨が降ってる中歩いてきたっていったのに、全然雨にぬれてなかったのよ。
で、左手にバットを持ってたの。
しかも、あの人、男の人だったよ。

私が腰を抜かしたのは言うまでもありません。
警察呼んでよママ…。
「なんで警察呼ばないの~!!!」
と言ったら「なんだか逆恨みされそうじゃない、家はもう知られてるし」と。
その次の日から一人暮らしをする事になった私ですが、怖くてしばらくは実家に帰っていました。
以上です。
長々とすみませんでした。
みなさんも夜中の来客にはお気をつけください。

208: 本当にあった怖い名無し 04/08/13 17:15 ID:KtpZY7rF
2~3年前の話なんだけどいきなり友達から電話があって
「今から胆試しするから来い」
暇だったし「まあいいや」って感じで友達の家に行ったら地元では結構有名ないわゆる「心霊スポット」に行くって言い出していやだな・・・と思ったんだけど俺以外の3人がもうやる気まんまんでしょうがなく車に乗りこんだの。

そこは車で30分くらいの場所でただの道なんだけど結構出るって評判でみんな「でるかな?」「出たらどうする?」とか妙に盛り上がってた。
着いてみると当然のように何も出ないし見えない、俺が「もう帰ろうよ」と言ってるのに運転してる奴、(Aと呼びます)が「何言ってんだよ」と2~3回往復して、あろうことか「いるんなら出てこいよ!」と窓を開けて叫んでしまいました。

おそらくこれがいけなかったんだと思う。
みんな出なかったことにしらけてしまい「カラオケにでも行くか?」という事になり帰路につきました。
途中話に夢中になっていたんですけど気付くとかなりのスピードを出していてさすがに危ないと思いAに「危ないだろ?スピード落とせよ」と言うと「・・・落とせないんだよ・・・」と震えた声で言ってきます
みんな「何、驚かそうとしてんだよ」とか言っていたけど、カーブを曲がりきれるかきれないかというスピードでなんとか曲がった時に何かヤバイと気付きました。
Aに「どうしたんだよ?」と聞くと「アクセルとブレーキが・・・」と視線で足元を見るように指示してきました。
一瞬凄く嫌な感じがしたけど、意を決して見てみるとそこにはブレーキペダルと床の間に挟まった子供の頭と床から生えてきてAの足をアクセルから離さないようにしてる左腕・・・その「子供」と目が合った瞬間、俺は「うわー!」と叫んで思いっきりブレーキペダルを踏みつけました。

すると「ゴシャ」という嫌な音と共に頭と腕が消え、車は急停車しました。
後の二人は見えなかったらしくAと俺に「危ないじゃないか!何があったんだよ?」と怒鳴ってきましたが、本気で怯えてるのを見てそれ以上何も言ってきませんでした

270: 本当にあった怖い名無し 04/08/13 20:24 ID:TAkzuk5V
自分が中一の時当時小学生の弟と通学途中、もう学校がみえるというあたりで知り合いのおばさんにあった

その家には3人子供が居て、特に年の離れた末っ子の女の子は甘やかされていてよく忘れ物をしてはお母さんに届けさせていたのを知っていたのでまたか、あの子は・・・・と思いながら挨拶をした
「おはようございます。」
自転車に乗ったおばさんはにこにこしながら頭を下げた

一週間ほどたった朝、母が「○○さんとこのお母さん亡くなったのよ」と言う
あのおばさんだ、
事故にでも遭ったのかしら?
「癌で1ヶ月前から入院してて、もう一週間ぐらい意識が無かったらしいわよ」
あの日の事は話さなかった
生きている人間の執念というか想いって強いものだと・・・・

358: 本当にあった怖い名無し 04/08/14 03:56 ID:Ch8VUGCV
俺が小学生の頃の話。
俺が住んでいた町に廃墟があった。
2階建てのアパートみたいな建物で、壁がコンクリートでできていた。
ガラスがほとんど割れていて、壁も汚れてボロボロだったから、地元の人間でも、あまりこの場所に近づくことはなかったらしい。

ある日俺は、友人と肝試しをすることになって、この廃墟に行くことにした。
まだ昼ぐらいだったから、建物の2階まで上がって建物を探索した。
そしたら並んでいる扉のひとつに、文字が書いてあるものがあった。
友人と近づいて確認してみると、扉の前に「わたしはこのさきのへやにいるよ」と書いてあった。
俺と友人は扉を開けて中に入り、先に進むことにした。
歩いて行くと分かれ道に突き当たって、壁に「わたしはひだりにいるよ」と書いてあった。
少し怖くなったけれど、俺と友人はそのまま左に進むことにした。
すると両側に部屋があるところに突き当たって、壁に「あたまはひだりからだはみぎ」と書いてあった。
友人はこれを見た瞬間に、半狂乱になって逃げだした。
でも俺はその場所にとどまって、勇気を出して右の部屋に行くことにした。
部屋に入り進んでいくと、突き当たりの壁に「わたしのからだはこのしたにいるよ」と書いてあった。
下を見ると「ひだりのへやからわたしのあたまがきてるようしろみないでね」
俺は急いで、その部屋の窓から飛び降りて逃げた。
それからはもう、その場所には近づいていない。

408: 本当にあった怖い名無し 04/08/14 16:58 ID:r+o+nGZi
以前ある事務所でバイトをしていた時

その事務所はフリーの集団に雇われ社長を置いた形で自由な雰囲気皆好き好きにラジオやテープ、CD等聞きながら仕事をしていました
ある日「○○君、○○君!」と言う呼びかけが本人は気付いていないようです
「○○君!」何度も呼びかけられているのに反応がありません
「○○君、呼んでるよ」
「え?聞こえなかった」
「何度も呼ばれてたじゃない、ねぇ××さん?」
××さんは事務の人でその人が呼んでいたと思っていました
「え?呼んでないよ?」

十数人居た部屋中が一瞬固まったようになりました
ヘッドフォンやイヤホンで音楽などを聞いていた人達にだけ聞こえていたんです
呼びかける声が・・・・
聞こえていた人は皆、なんで気付かないんだろうと思っていたそうです
はっきり事務の人の声で○○君を呼んでいたんです

410: 本当にあった怖い名無し 04/08/14 17:01 ID:r+o+nGZi
今思えばその部屋では人の居ないはずのブロックで鉛筆削りが動き出したり仕事中急にに後ろからシャツを引っ張られたり色々な事がありました
不思議な事に当時は恐いと思っていなかったのですが今はもうその部屋には入りたくはありません




怖い話
福澤徹三
幻冬舎
2013-07-31



引用元: https://hobby7.5ch.net/test/read.cgi/occult/1092275404/