image (1)


429: 1/2 04/08/14 19:38 ID:KiFLP1do
大学時代の友人から聞いた話。
当時友人(仮にAとします)は、新大塚で一人暮らしをしていました。
本当は大学のそばに住みたかったらしく、春日・本郷などを色々探した結果条件に合うものがなくやむなく大塚にしたそうです。
彼はよく有楽町・銀座・新橋などで遊び歩き、終電で帰ってくることも少なくなかったようです。

Aはその日も有楽町で遊び歩いて、終電で帰ることにしました。
普段なら、有楽町線で帰るところですが、なぜかその日に限って銀座駅まで歩いて丸の内線で帰ることにしたそうです。
まあ、護国寺駅よりは新大塚駅のほうがアパートから近かったこともあるのでしょう。
その日は、終電であるのに関わらず電車はがら空きでした。
1番後部車両に乗り込み、Aはシートに座って寝ることにしました。
彼はいつも電車の最後部の車両に乗ります。
彼曰く「人身事故を見ないで済むし、車両が脱線して反対側の車両に接触するような事故があっても安心できる」だそうで…

430: 2/2 04/08/14 19:39 ID:KiFLP1do
しばらくウトウトしていると、急に寒気がして目が覚めたそうです。
ひどく爆睡していたらしく「周りの視線が気になり」ふと辺りを見回すと、ひどく暗い顔つきのOLやリーマンたちが何人か乗車しているだけでした。
生気がないといった感じだったそうです。
目が覚めてしばらくしても、なぜかひんやりと冷気のようなものに包まれたような状態は解消されず「冷房の調子が悪いのか?」と思い、一つ前の車両に移動したのです。
まあ、ヨダレ垂らして大口開けて寝てるのを、周りに見られた恥ずかしさもあったのでしょう。

最後部の一つ前の車両は、ぼちぼち乗客がいたらしくなんとか空席を見つけると再びAはウトウトしました。
今度は降車駅に近いこともあり、本格的には寝込まなかったそうです。
しばらく目を瞑っていると、新大塚駅に到着する旨のアナウンスが流れました。
何気なく後部車両の方に目をやるA。
しかしそこには、本来あるべき「最後部の車両」はなかったのです。
確かに銀座では、最後部の車両に乗りました。
それから一つ前の車両に移動したのですから、後ろにはもう一つ車両があるはずです。
しかし新大塚駅に到着したとき、Aは最後部の車両に乗っていました。
もちろん後ろの車両に戻ったわけではありませんよ。

乗り込んだときから、おかしな雰囲気がした。
Aはそういっていました。
目が覚めたときも、周囲の乗客からして不自然だった、とも。
夏であるのに寒気がした等。
しかしあのときに、前の車両に移らなかったらAはどうなっていたのか。
あの車両は何だったのか、何者をのせていたのか。
もっと言ってしまえば、なぜAがその車両に出会ってしまったのか、考えるだけでゾっとします。
それ以来、彼は丸の内線は使用していないそうです。
車両も真ん中しか乗れないそうです。

420: コロン ◆rptiDhSObY 04/08/14 18:48 ID:liDkq94j
これは私の友人Kが5年前にそこに引っ越したばかりのころ【かくかく】(友人が勝手そう呼んでる)に遭遇した話だそうです。

ある日私の友人Kは、コンビニに夜食を買いに、徒歩で向かっていました。
Kの家と、コンビニまでは約5百メートル、しかし5百メートルというのは、田んぼの周りを大回りに道ができているためで田んぼを通って行くと、結構近道になるらしく、Kはいつも田んぼ道を歩いていました。
田んぼ道には、約30メートルおきに街頭があり、電灯と電灯の間は結構暗いらしいです、
そこをKが通っていると、先の電灯の下に白のワンピースをきた髪の長い女性が前を向いて立っていました。
不思議に思ったKは彼女に話かけようと、そこまで近づこうとした瞬間、すべての電灯が消えました、
一瞬真っ暗になり、どうしたんだと思ったものの、すぐに電灯はつき、そこには彼女がいなくっていました。

続きます。

423: コロン ◆Bacm67DU0s 04/08/14 19:11 ID:liDkq94j
少し変だと思ったKでしたが、きっと見間違いだろうと、また歩き出しましたが、そのとき後ろからすごい視線を感じ、振り返ると、なんと彼女が自分の後ろの電灯の下に笑いながら立っていました、
それを見たKは「なんだ、どうして彼女がおれの後ろに?おかしい、あの一瞬の間に俺の後ろの電灯まで移動した?ありえない、それにここは砂利道、なんの音も立てないでどうやって…?」などと、いろいろと考えているといきなり彼女が、こちらを指差しながら首をかく、かくと横にふりだしました。

これはマジでヤバイと思ったKは、コンビニに向かって走り出しました、
帰路には彼女がいたため通れなかったのです、
Kはこう考えました、
「そうだ、とりあえずコンビニに行ってしばらくしたら普通の道から帰ろう…」
そう思いながら走っていると、またすべての電灯が消えました。

続きます。

425: コロン ◆Bacm67DU0s 04/08/14 19:14 ID:liDkq94j
「なんだ、どうなってるんだ、今度はすぐにつかないじゃないか!」
あせったKは暗くなった砂利道を走りました、
ほとんど何も見えないそのとき、Kは誤って足を踏み外し、田んぼに落ちてしまいました。
あせるKしかし、なかなか足が抜けない、なんとか足が抜けたもののなぜか足が重い…
なんとそこには青白い手が足をつかんでいました、
狂いそうになるK、そんなのおかまいなしに田んぼに引きずりこもうとする手、それでもなんとか手を振り払って走ったKは、コンビニになんとかつきました、

コンビニに着いたKはしばらくしてさっきの出来事を思い出しました、
そうだ、きっとあれは幻覚だ、すべて夢だ、そうに決まってる、
自分にそう言い聞かせ落ち着こうとするKその姿を見た店員がさらに追い討ちをかけます、

店員「あの~、その足どうしたんですか?泥だらけのうえに、なんか手形みたいのついてません?」

続きます。

426: コロン ◆Bacm67DU0s 04/08/14 19:15 ID:liDkq94j
唖然とするK、もう帰りますと店員にいい、帰宅しようと普通の道を通り帰っている途中、またワンピースの女性がたっていました、

足がふるえて動けないK、というよりからだが思うように動かない、
彼女はまたこちらを指差すと首を、かく、かくと動かしながらこちらに向かってきます、
その手はこちらをさしている手は、まるでなにかに殴られたようにあざがたくさんできていました。
Kとあと5メートルまで近づいたところで、
「どうしてくれるの…?」と一言。
声にならない悲鳴をあげるK、しかしとうとう目の前まで彼女はきて、一言。
「…おかえし。」
と一言告げると、目をくわっと開き、口を笑うように大きくあけ消えていきました。

その後、5分ほど動けなかったものの、やっとからだの自由がきくようになりました。
そしてなんとか家に帰宅でき、そのときはすごく疲れていたのか、すぐに眠ってしまったようです、
翌日起きるとなぜだか腕が痛む…「なんだ…?」と自分の腕をみると、自分の腕があざだらけになっていました。

以上です、見てくださった皆様ありがとうございます。

416: 本当にあった怖い名無し 04/08/14 17:44 ID:BdynHE0e
先月の中ごろ、妻の実家へ子供を連れて遊びに行った時のことだった。
妻の実家へは、挨拶程度に2回しか顔をだしたことしかなく、泊りがけで行くのは今回が初めてだった。
そこは県境にある小さな町でさらに町から少し離れた田園が続くのどかな所だ。
妻はお義母さんとなにやら楽しげに話しをしながら夕飯を作っていて、子供は、お義父さんと遊んでいた。
私は少し居心地の悪さを覚え、散歩でもしてくることにした。

妻に散歩をしてくると伝え、外にでると夕焼けが私を橙色に染めあげた。
道は人通りが少なく、煙草を吸いながらぶらぶらと散歩をしていると、左側の林の中に道が一本あった。
その一本道が不思議と気になり、私はその道に入った。
しばらく行くとお堂のような建物が私の目の前に姿を現した。
鳥居が建っていて神社なのかと思った。
嫌な感じがし、背中に悪寒が走る。
しかしお堂と鳥居以外はなにもなく、帰ろうとお堂に背を向けたときそれは起こった。

バンバンバンバンバン私は驚いて振り向くとお堂の扉を誰かが叩いているようだった。
辺りは日も落ちかけて暗くなってきている。
まさか、地元の子供がお堂の中に閉じ込められてしまったのではないのか?
その時私はすぐにその場を去りたかったが、そんな想像もしてしまったので、扉を開けて確かめることにした。
実際怖いもの見たさもあった。
「おーい、誰かいるのか?いたら返事しろぉ。」
なんの返答もない。
ゆっくりお堂に近づく。
引き戸になっているお堂の扉に手をかけた。
ガラ扉を開けたが誰もいない。
暗かったが奥にはお地蔵さんが祀ってあった。
お地蔵さんはちょっと不気味だったがこれで帰れると安堵した。
その瞬間肩に重みを感じ耳元で息づかいが聞こえ、その後に
「まだ帰るなよ」

505: 本当にあった怖い名無し 04/08/15 17:41 ID:yuPQuS8i
別に怖くないけど誰も信じてくれないから読んでくれ。
なるべく短くする。

俺が小学生の頃、夏休みに寺で、座禅したりお経読んだりする体験があったんだけど、(「子供、禅の集い」ってやつ。)友達が行くって言うから行ってた。
最初行ったときは、座禅とかしんどいけど、楽しい!っておもって毎年行ってたんだけど(つっても小4から小6の間)小6の最後の禅の集いの話。
この行事は毎年いろんなとこにお寺を貸しきってやるんだけど(お寺は毎年違う)その日の遊びとして肝試しがあって、寺だから当然お墓もあるわけで、お墓が舞台となった。
で、お坊さんたちが脅かし役やったりして、けっこう怖い。
5人一組で集団で行くわけだけど、決められたルートもあるのに、俺たちは迷って変な道をいってしまった。
お寺の小さい入り口みたいな所の前を通ったとき、障子?みたいなので向こうが明るいから影だけ見えるんだが小さい宇宙人みたいなのがすごくアクティブに動いていて、これも脅かし役の人がやってるんだろうな。とおもっていた。

で、終わった後、別の集団にいた友達にあの小さい奴めっちゃ怖くなかった?と聞くとそんなのなかったよ。といわれ、よくよく考えてみると決められたルートじゃないのに数少ないお坊さんがいるわけないんだけどね。。

まあこれは前フリ。

506: 505 04/08/15 17:48 ID:yuPQuS8i
で、ちょっとコワーって思ったが、就寝時間になって、寝ていて、途中で目が覚めたんだけど、ニワトリがしゃべってんの。
いやマジで。
普通「コケコッコー」とかだと思うが、はっきり「たすけて」って。
俺達は境内で寝ていて、ちょっとした壁もあり、よく見るのは無理だったため、ニワトリ自体を確認できなかったが、何回も何回もたすけてって鳴いてる。
ニワトリで言葉教えてしゃべるようになるのがいるのかな?
そうだとしたら無知ですまんが、仮にそうだとして「たすけて」なんか覚えさすだろうか?
めちゃくちゃ怖かったが、また寝てしまい、朝になってお坊さんがドラ鳴らしをしてみんな起こした。

あれから大分経ったがどうせ信じてもらえないので誰にも話していない。
誰か詳細分かる人いるかな?
これは本当の話です。
そもそもこんなくだらない話作らないよね。
ああ、気になる・・・。

507: 本当にあった怖い名無し 04/08/15 17:50 ID:r+YtLNrV
霊的な話じゃないんだけど10年位前に友人から聞いた話。

経験したのはその友人の知り合い。
友人の知り合いは、当時、電車の車掌の仕事をしていた。
田舎の私鉄だったものだから、運行経路には見渡す限り田園地帯ってのもあって、人家がないと言う場所もある。

ある日、夜中に回送車両を同僚と運行していたら、突然目の前に人らしきものが飛び込んで来た。
突然だったものだからブレーキをかけても間に合わず、電車で引いてしまった。
場所は見渡す限りの田園地帯。
だもんで、会社に緊急連絡をし、そのままにしては置けないと言うのもあって、懐中電灯を持って飛び込んだ人を同僚と一緒に探した。
けれども体は全部見つかったものの、頭部だけが無い。
季節は夏で、田の稲が大きくなっていた頃だったから、多分田の稲の中に落ちてしまったんだろうと思い、田に入り頭部を探しに。

田に入ると足元に何かが当たり、激痛が走った。
同僚に助けを求め、片足を上げると、頭部が足に食らい付いていた。
踏んづけた途端に顎の神経かなんかを刺激したんじゃないかと本人は語っていたそうですが。
亡くなった方にはご冥福をお祈り申し上げます。

508: 案ずるより産むが易し 1/5 04/08/15 19:10 ID:2nAXcm9Q
もう10年以上も前になる出来事です。
叔母さんが子宮筋腫の手術のため入院し、私がそれに付き添うことになりました。
叔母さんは私の母の妹にあたる人で、私がまだ幼少時に私の母が交通事故で他界してしまったこと、そして叔母さんには子供がなかったこともあって、私のことを実の娘のようにかわいがってくれていた人でした。
だからその入院の折にも、仕事が忙しくてなかなか付き添えない叔父さんに代わって、私が高校を休んで付き添いをすると申し出たのでした。

叔母さんの手術は無事に終わり、手術後の経過も順調でした。
そして、手術した日から4日目にいよいよ歩行開始となりました。
昼食を終えると看護婦さんが二人部屋に来て、私と合わせて三人で補助しながら叔母さんはベッド脇に立ち上がりました。
そのままゆっくりとトイレまで歩き、用を済ませ、そして部屋に向かって歩き始めた、その時でした。
香織ちゃん、何だか気持ち悪い・・・叔母さんが細い声で言いました。
胸が苦しいわ、息が、・・・コホッ・・・そう言ったかと思うと、叔母さんはそのまま前向きに崩れ落ちるようにして倒れ込み、2、3度けいれんしたかと思うとそのまま動かなくなりました。

私は大声を上げて人を呼びました。
近くにいた患者さんがすぐに看護婦さんと先生を呼んできてくれたのですが、先生達の懸命な手当てにもかかわらず叔母さんはそのまま帰らぬ人となりました。

510: 案ずるより産むが易し 2/5 04/08/15 19:11 ID:2nAXcm9Q
ここで、話を手術の前日まで戻します。
叔母さんが入院していた部屋は個室で、部屋に入ると左手前に洗面台、右手前に収納棚が備え付けてあり、対面には大きな掃き出し窓とベランダ、右側の壁にはベッド、左手の壁にはベッドに向かい合うようにしてソファと簡易棚、テレビが置かれていました。

その日の午後、叔母さんと談笑しているうちに外が暗くなってきたのに気付き、窓を閉めてカーテンを引こうとした時でした。
部屋の右隅に落ちていたものに目が留まりました。
近づいて良く見ると、それはわらのようなものでした。
よく、納豆をこれに包んで売っているのを見かけるような、そんな感じの長さ、太さのものが二本、そこに落ちていたのでした。
どうしてこんなものが?、とも思いましたが、その時はあまり深く考えずにそのままゴミ箱へ捨ててしまいました。

511: 案ずるより産むが易し 3/5 04/08/15 19:12 ID:2nAXcm9Q
ところが翌々日、洗面台で手を洗っていた私は、今度は洗面台の右隅のところに一昨日見つけたのと同じようなわらが三本落ちているのに気がつきました。
丁度、一昨日それと同じようなものを見つけた場所とは部屋の対角線上にあたる場所になります。
不審に思ってそれを拾い上げ見ていた私に、どうかしたの?、と叔母さんが声をかけてきました。
こんな物が落ちてたから、と言ってそれを叔母さんに見せました。
叔母さんはしばしの間何か考え事をする様な仕草を見せましたが、すぐに私に顔を向け直すと、どこか他にもこんな物が落ちていなかった?、と聞いてきました。
私は一昨日同じような物を見つけたことを話しました。
すると即座に叔母さんはあっちを探してみて、と言ってテレビの方に向き直ります。

言われた方の部屋の隅を探して見ると、そこには同じようなわらが一本だけ、簡易棚にくっつくようにして落ちているのが見えました。
叔母さんは、深く大きく息を吐くと、そのまましばらくの間黙り込んでしまいました。
やがて私の方に向き直ると、叔母さんはゆっくりと話をし始めました。
以下、叔母さんが私に語ったことです。

513: 案ずるより産むが易し 4/5 04/08/15 19:13 ID:2nAXcm9Q
いい?、香織ちゃん、落ち着いて聞いてね?
これはね、あなたのお母さんが亡くなるほんの少し前にあったことなんだけど。
生死の境をさまよっていた姉さんの枕元に、編み笠みたいなものをかぶって、錫杖のような棒を持って立っている人が見えたの。
最初は私もあなたと同じで、姉さんの足元のところにわらが落ちているのを見つけただけだったわ。
それが、姉さんが亡くなるちょっと前になって、姉さんの枕元近くの部屋の隅で、俯き加減に姉さんの方をじっと見つめて立っているのに気がついたの。
私、この人はきっと姉さんを連れて行こうとしているんだと思って、「お願い、連れて行かないで!」・・・って叫んだの。
そしたらその人、私の方にゆっくりと振り向いて、俯いたまま首を横に振ったのね。
その時、かぶっていた編み笠のようなものから、さらさらとわらが落ちていくのが見えたの。
丁度、今あなたが見つけたのと同じようなものだったのね・・・。

今、その姿は私には見えないけど、でもきっと今度は私を連れて行こうとしてここに来ているんだと思う。
こんなところに落ちているはずのないわらが、だんだんと私の枕元に向かって移動してきている感じがするでしょう?
ごめんね香織ちゃん、突然変な話をして。
こんな話、信じられないでしょうけれど・・・

515: 案ずるより産むが易し 5/5 04/08/15 19:14 ID:2nAXcm9Q
部屋に運び込まれた叔母さんの周囲で、看護婦さん達がめまぐるしく動いています。
先生達が懸命に叔母さんを救おうと努力してくれています。
震えながら呆然と立ちつくしていた私を、看護婦さんが促すようにして部屋の外に連れ出してくれたのですが、その部屋を出て行くまでのほんの一瞬のことです。
私は、はっきりと見てしまいました。
お遍路さんのような姿、枕元、覗き込むようにして叔母さんのことをじっと見つめたまま立っているその姿を、恐らくはかつて母の枕元に叔母さんが見たものと違わないであろう、その姿を。

***私は、お盆が明けたら帝王切開のため入院する予定になっています。
この入院が、私は今何だかとてつもなく不安です。
マタニティブルーだとか考えすぎだとか妄想だとか、単にそんな類のものなのかもしれません、が、最近妙に叔母さんが入院した時の出来事を思い出してしまうことが多くて、こんなに不安になり胸騒ぎを覚えるのは三年前に盲腸で入院した時には全くなかったことなんです。
もしも部屋の隅に何かが落ちていたら・・・?
そしてもしも、私には見えないその姿が枕元に立ってしまったら・・・?
「案ずるより産むが易し」
悪しき予感を覚えながらも、本当に文字通りそうであることを願っている、今日この頃です・・・。


引用元: https://hobby7.5ch.net/test/read.cgi/occult/1092275404/