irpzqc5ebl06_-0


この記事は過去の記事を再編集したものです


729: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/10/19(水) 11:03:06.69 ID:8YgWSFlD0.net
文章で書こうと思ったんだが、上手くまとめられなかったので箇条書きにしてみた 

・両親・俺(高校生)弟(10歳)でグアム旅行にいく 
・部屋に入るなり弟が「ベランダにオジサンがいる。凄く怒ってる」と怖がる。俺たちには見えず。 
・詳しく聞くと、作業服みたいなのを着たオジサンだという。 
・その後なんとか宥めて買い物に出る。 
・帰りの車の中で弟が寝たのでそのまま部屋に連れて行き家族全員就寝。 
・翌朝、親父が真っ青な顔で「怖い夢をみた・・」と言う。詳細は語らないがグロかったらしい・ 
・おきてきた弟が親父を見るなり「昨日のオジサンがお父さんの後ろにいる。昨日より怒ってる」とさらにビビる。 
・ピンときた母親が親父の実家に連絡をとる 
・叔父さんから、グアムで戦死した親戚(父方の祖父の兄弟)がいると聞く 
・急遽戦没者の慰霊公苑にいきお参りをする 
・グアムで戦死した親戚は遺体が帰ってこなかったので、遺品を受け取りそれを墓に埋葬している 


以後特に何も無し 
親父はその親戚を知っていたけど、実家の墓に名前が刻まれているし 
ちゃんとお参りもしているから、グアムに来ても特に慰霊公苑に行くつもりはなかったらしい 

グアムのほうにはその昔、祖父と叔父はお参りしたことがあるらしいんだが 
その後は遠方のため誰もこちらに来なかった 
だから、怒ってたのか、それとも近くに来たのにお参りしないから怒ったのかは不明 
一応、田舎に墓はあるんだけど、こういうのって成仏してない状態っていうのかね・・・

734: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/10/19(水) 16:50:58.14 ID:BuMrUGOMO.net
>>729
家族としては怖かったかもしれないが
いまだにグァムから帰れない英霊の存在はせつない…

736: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/10/19(水) 20:00:29.83 ID:jG8JRW8C0.net
>>734
だよな
どうしたら成仏させてあげられるのだろう

744: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/10/19(水) 21:54:42.22 ID:BuMrUGOMO.net
硫黄島だっけ?
自衛隊の輸送機が空荷で帰国する際、ある気配が搭乗してきたという逸話
僚友機に英霊が同乗して靖国に帰れたんだね

739: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/10/19(水) 20:33:26.82 ID:c4LCqo1Q0.net
硫黄島では平成6年まで超常現象が当たり前だったが
天皇陛下が慰霊したら、かなりおとなしくなったらしいね。
お国のために亡くなった人の霊は、国家レベルで供養してあげないと
成仏できないみたい。
とくに戦争が終わったことも知らないで、まだ戦ってるような霊は、
天皇陛下が直に語りかけて供養しないと納得しないと思う。

745: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/10/19(水) 21:57:45.46 ID:5n+VVu3e0.net
さすがに天皇陛下きたら成仏しようと思うわな

740: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/10/19(水) 21:07:59.52 ID:jG8JRW8C0.net
それなら自衛隊の偉い人でもよさそうね

741: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/10/19(水) 21:18:38.72 ID:jG8JRW8C0.net
これもあったね


遭難事件から暫く経った頃、「中隊規模の一群が八甲田方面からやって来る」という噂が聯隊内に広まった。
その噂は津川聯隊長の耳にも届き、意を決した聯隊長は、衛兵の詰所に待機してその出現を待つ事にした。
底冷えする夜、夜明け間近の事、血相を変えて飛んできた衛兵の報告を聞いた聯隊長は営門に急行(ラッパの音に混じって軍歌も聞こえたとの事)、
そして今まさに姿を現さんかと思われた時、聯隊長は抜刀し闇に向って叫んだ。

「雪中行軍隊の諸君よ、よっく聞け!
お前達は勇戦奮闘して見事な最期を遂げた!
今や無情雪裡の鬼と化すとも迷ってはならぬ!
お前達の死は無駄ではなかった!
軍装及び厳寒期の戦術には一大改革が施される事になったぞ!
来たるべき戦役に於いて未然に軍の損失を防いだその功績は大きい!
行軍隊員はみな靖國神社に合祀される事になったのだ!
迷うな、心安く眠れ!ここはお前達の来る所ではない!
帝国軍人として見苦しい振る舞いはこの聯隊長が許さんッ!
青森五聯隊の雪中行軍隊、回れ右!前へ進め!」

号令をかけると足音はピタリと止まり、八甲田山に向って静かに遠ざかって行き、以来二度と現れる事は無かったという。

747: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 00:02:39.83 ID:pDgyQtgSO.net
>>741
なにこのいい話…
怖い話が読みたくて来たのにスレチだぜ畜生


引用元: ・http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1474201478/