51wszaP1oVL
316: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/04/22(金) 07:40:59.03 ID:dCBOin0E0.net
有名かもしれないが昔話 

昔あるところにマタギがいた 
獲物が取れる時期は山で狩りをし皮を衣類にして売り、他は食糧にしてた 

冬も近付くある秋の頃、獲物が全くと獲れない日が10日ほど続いた 
越冬の為の保存用どころか当日食うものもなくなり、数日が経過したので 
マタギは背に腹は代えられないと普段立ち入る事のない山の奥に行くことを決心した 

その地元では山の奥への侵入は神の怒りに触れるとか、バチが当たるとか言われており 
立ち入りが堅く禁止されていたが、実のところ 
単純に地理的に危険で事故が絶えないのでそう伝えられて来た、と言うことをマタギは知っていた 
早朝まだ真っ暗の中、準備をして山の奥に向けマタギは出発した 

順調に山の奥に入ったが、天気は芳しくなく、予想通り険しい場所だった 
しかし一方マタギの睨んだ通り、麓ではさっぱりなかった獣の気配を少し感じた 
マタギが推測するに、どうやら普段より冬が早くやって来ているようで 
獣達も早目に冬眠の準備を始めたらしい 
足場に注意を払いながら獲物をじっと待ち静かに後を尾けていった 

続く