no title

1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [ニダ] 2019/01/27(日) 00:26:33.05 ID:zK4FqVi50 BE:323057825-PLT(12000)
無数にいるエイリアン・アブダクティー(宇宙人による拉致被害者)の中でも、一際異彩を放つ人物がいる。
宇宙人に童貞を奪われ、地球外生命体とのセ〇〇スに明け暮れたデイヴィッド・ハギンズ氏だ。
現在75歳になるハギンズ氏は宇宙人ガールフレンド「クレッセント」との蜜月を絵に描き続けている。

●ハギンズ氏の体験の詳細はコチラ
 そんなハギンズ氏の体験と人物に迫ったドキュメンタリー映画が2017年に発表された。その名も『Love and Saucers』(愛と円盤)。
映像はハギンズ氏の部屋の壁一面にずらっと並べられたSF映画のVHSから始まる。
明らかにヤバそうな雰囲気が漂っているが、映像が進むにつれ視聴者の期待は裏切られることになる。
クレッセントとの思い出話を語るハギンズ氏は語る内容こそ信じられないものだが、彼の人となりはどう見ても“普通”だ。
精神的におかしなところは一切見受けられない。ハギンズ氏を知る近隣住民も口を揃えて「彼は普通の人だ」と語る……。

 ハギンズ氏は一体何者なのか……。
そこでトカナ編集部は同作品の監督ブラッド・エイブラムズ氏にご協力頂き、ハギンズ氏に独占インタビューを敢行した。
インタビュー第1回となる今回は宇宙人に童貞を奪われたハギンズ氏のインタビュー、第2回ではエイブラムズ監督のインタビューを掲載する。

――今もクレッセントと会っていますか?
ハギンズ氏 しばらく会っていない。1、2カ月前に見たように思う。
年に2、3回会うこともあるけど、セ〇〇スをしたのはもう7、8年前になるよ。

――クレッセントとのセ〇〇スは人間とは違いますか?
ハギンズ氏 人間よりクレッセントとのセ〇〇スの方が強烈だ。
クレッセントは外面的には人間と違いがないけど、とにかく強烈だった。彼女の体は人間そっくりで性器も同じだった。
肌もベリーナイスな感触だったよ。彼女を抱きしめた時、とても心地よかった。


https://tocana.jp/2019/01/post_19469_entry.html
no title

no title

no title

no title

no title

うしみつ注:引用此処まで。全文はソース元をご覧ください。画像は全てYoutube動画より