1: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)00:31:10 ID:DY0
光秀単独犯説
家康黒幕説
秀吉黒幕説
朝廷黒幕説
将軍黒幕説
宣教師黒幕説…他なんかあったかな

昔っから色々出てるようやけど
no title

本能寺の変
本能寺の変(ほんのうじのへん)とは、天正10年6月2日(1582年6月21日)早朝、京都本能寺に滞在していた織田信長を家臣・明智光秀が謀反を起こして襲撃した事件である。
信長は寝込みを襲われ、包囲されたのを悟ると、寺に火を放ち自害して果てた。信長の嫡男で織田家当主信忠は、宿泊していた妙覚寺から二条御新造に退いて戦ったが、やはり館に火を放って自刃した。2人の非業の死によって織田政権は崩壊し、天下人となった光秀であったが、中国大返しで畿内に戻った羽柴秀吉に山崎の戦いで敗れて、僅か13日後に光秀もまた同様の運命を辿った。この事件は戦国乱世が終息に向う契機となったので、戦国時代における最後の下剋上とも言われる。
光秀が謀反を起こした理由については、史学的には重要な研究テーマと見られておらず、定説が存在していない。一方で「日本史の謎」「永遠のミステリー」などと呼ばれ、専門の中世史研究家ではない多くの人々が多種多様な説を発表している。


https://ja.wikipedia.org/wiki/本能寺の変