fantasy-2879946_640


1: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:25:13 ID:5Vb
人間をはじめとした生物や文化の特徴はこちらとそう変わらない
ワイも最初は違う国に生まれたんじゃないかとか生まれた時代が違うものだと思ってたけど
今振り返るとまるっきり違うわ

3: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:26:44 ID:aqJ
前は何の生き物だったの

5: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:27:01 ID:5Vb
>>3
人間と思ってくれればいい

9: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:28:39 ID:5Vb
人間なんだけど違う世界なら微妙に違うはずなんよ

11: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:29:57 ID:CkI
思い…出したんか?

13: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:33:25 ID:5Vb
>>11
幼少期過ぎたあたりから徐々に鮮明になってきてる
前世の記憶を持つと報告されている子供は逆に幼少期を過ぎると忘れるらしいな

14: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:38:18 ID:5Vb
盛り下がってるから少し自分から話すわ

本来であれば違う世界同士の文明レベルを比較すべきじゃないけど多分向こうの世界の技術の方が進んでる

ワイはいわゆる理系ではなかったから詳しいことはわからないけど、世界の成り立ちとか魂とかいわゆる魔法の詳細はかなり解き明かされてて本にもなってたからある程度は説明できる

15: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:39:20 ID:5Vb
魔法って言っても皆想像するキラキラした魔法ではないで
機械に組み込まれることもあるから完全に物理学的な分野だな

16: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:40:47 ID:5Vb
ちなみに神の様な創造主はいないらしかった
一つの点だったものが爆発的膨張をして世界が形成された点はこっちの所謂ビックバンと似てる

17: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:40:56 ID:SRi
異世界っていうこと?

19: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:41:21 ID:5Vb
>>17
せやね
その言い方だとラノベっぽいが全然違うで

18: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:41:15 ID:Fsv
前世がない人がいる

20: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:42:00 ID:5Vb
>>18
ワイの世界では魂が循環してたから全員前世持ちなんや
記憶がないだけで

22: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:42:29 ID:5Vb
循環してるはずなのにワイの魂だけ世界線がズレたらしい

32: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:43:40 ID:UnS
オカルトまとめでよう見るパラレルワールドを転移して来たみたいな人か?

34: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:43:57 ID:5Vb
>>32
んー、死んでるからな

43: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:48:13 ID:sBV
>>34
この返しホンマガイジ

45: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:49:01 ID:5Vb
>>43
ワイも送った後気づいたで
死んでるから転移じゃなくて転生だと言いたかった

36: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:44:01 ID:SRi
証明できないとただの妄想で終わるやん?

37: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:44:10 ID:5Vb
>>36
別にええで

38: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:45:40 ID:5Vb
ちなみにさっきビックバンで形成されたという点で似てると言ったけど、違うのはその後なんよ

39: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:46:16 ID:UnS
例えば野球選手のドラフト指名球団が別の球団になってたみたいな事はあるんか?
それともそもそも野球やプロ野球がないパターンか?

42: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:47:35 ID:5Vb
>>39
他の喩えをくれ

44: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:48:52 ID:UnS

>>42
歴史のifで
前の世界では
著名な芸能人がデビューしなかったとか他のジャンルで有名になったとかやろうか

48: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:50:47 ID:5Vb
>>44
まぁそんなとこ

50: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:51:34 ID:UnS
>>48
そう言うのでこっちの世界と前の世界で何か違いがある事でイッチが覚えてるのは何かあるんか?

53: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:53:57 ID:5Vb
>>50
とりあえずこっちの世界よりかなり進んでる
電気と魔法的なのを使いわけてた

56: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:55:15 ID:UnS
>>53
ドラえもんの映画でドラえもんやのび太達が行ってた科学の代わりに魔法が発展した世界みたいなイメージやろうか

41: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:47:00 ID:5Vb
「爆発」的膨張と言うけど、「爆発」はただの比喩であって、物理的な爆発ではない。どんな爆発なのか、、、そこら辺はあっちの世界でも解明されてなかった

46: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:49:27 ID:5Vb
魂の話か
そんなとこやな

51: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:51:58 ID:5Vb
前の世界ではビックバンの後に世界が二つに分裂したんや
紙で例えると裏と表みたいな感じやな
ワイらの世界を表とすると、裏が魂の行き場らしい

54: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:54:25 ID:SRi
その魔法的なのを使うと一体何ができるの?

57: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:55:17 ID:5Vb
>>54
たとえば加熱機器は全部魔法的なやつやね

55: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:54:49 ID:5Vb
魔法と言ったら嘘っぽいな
前の世界の住民は魔法を魔法と呼んでなかったで
電磁気と同じ様なある種のエネルギー媒体と思ってもらえればいい

58: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:55:47 ID:5Vb
そういや電気はもうほぼ使われてなかったなぁ

59: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:56:56 ID:5Vb
本来であれば魔法は高知能生命体の意識と接続して使うもんだったんよ
ワイは理系ではなかったからそこをどうやって機械で生み出したのか知らない

60: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:58:01 ID:5Vb
一応魔法と呼ばれてた時期もあったで
特殊な人間が感覚で使ってた超能力的なものを体系化した結果オカルトから科学へと進化した

61: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:58:31 ID:Ozo
スピリットサークルみたい




64: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)16:59:39 ID:5Vb
さっきビックバンと言ったけど、その時に二つの世界に分裂したと言う点でこっちの世界と異なってる
紙で喩えると表と裏みたいな感じだな
二つの世界は表裏一体なんよ
脳の松果体が生み出す非物質粒子が二つの世界を接続してエネルギーを取り出してた
これが魔法や

66: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:01:31 ID:UnS
あまり魔法?以外の違いはないんか
そこが変わってくると歴史上の功績を残した科学者とか
ドラマとかの日常物の創作物のストーリーが前の世界ではこっちとだいぶちゃう物になってそうやけど

68: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:02:17 ID:5Vb
>>66
そもそも物理法則が違うからな
表面だけ見ると似てるけど

72: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:06:36 ID:UnS
>>68
前いた世界の技術は進んでるみたいやし
例えばコロナウイルスの治療が簡単にできて人類にとってノーダメージなら今頃オリンピックでお祭り騒ぎやろうから
表面上でも大きな変化はありそうな気がするけどな

75: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:09:32 ID:5Vb
>>72
パンデミックは滅多に起きなくなってた
というか起きても即座にワクチン開発される
医学的アプローチと魔法的アプローチが合わさってより強力な予防ができてた

78: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:12:14 ID:UnS
>>75
滅茶苦茶凄そうなのに大きな歴史から見たらそれでも変わらん判定になるんか
まさに今コロナ渦の時代を生きてるからそういう感染症対策のありがたみが分かるだけなんかもしれんな

80: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:13:55 ID:5Vb
>>78
せやな
病気を完全になくすってのはかなり難しいことらしい

67: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:01:43 ID:5Vb
うーん、わかりづらいかな
紙の表がワイらが住んでた世界で、裏が虚数空間みたいな感じや
虚数空間には非物質粒子みたいなのが漂ってる
これが再構成して魔法の元や魂を生み出してるんや

70: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:04:00 ID:j1C
>>67
どうやって熱を生み出してるん?
熱を取り出す時に非物質粒子は別の状態に遷移するんか?
再構成された非物質粒子は表世界でエネルギーを取り出された後どこへ行くんや?

73: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:07:51 ID:5Vb
>>70
あまり詳しくないなぁ
非物質体が直接エネルギーに変化してた様な気がする
その代償で魔法使用者の体力とか魔法稼働の機械の燃料が減ってた
ただ減った分のエネルギーと取り出されたエネルギーが一致しない点については理系に聞くしかない

77: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:10:37 ID:j1C
>>73
体力が減るとかいきなりフィクション的ファンタジー持ち出すのか...
期待してたのに残念や...

79: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:12:32 ID:5Vb
>>77
体力が減るというよりは行動力が削がれる感じや
だから酷使すると立てなくなる

69: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:03:36 ID:5Vb
人が死ぬと意識つまり魂は虚数空間に転送されて分解されんだが、その時分解がうまくいかないとまれに前世の記憶持ちの人間が生まれるんや

71: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:04:21 ID:5Vb
ちなワイの意識がなんで違う世界に飛ばされたのかは全くの謎
向こうの世界の科学レベルでも異世界については研究されてなかったからな

74: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:08:02 ID:GIe
なんか役に立つこと教えてーや

76: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:09:38 ID:5Vb
>>74
ないで

81: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:14:52 ID:5Vb
ちなみに面白いのが
魂は生物限定のものじゃないってことやな
こっちの世界でいう魂は動物限定の概念だから結構違う

82: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:17:13 ID:5Vb
魂はある程度流動性と自律性を持った物体すべてに形成されるんや
だから地球にも意識があった
こっち世界でいうガイア理論が証明された世界をイメージすればいい

83: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:20:21 ID:5Vb
ただ地球はあまりにもでかいからな
中心部分はともかく、地球表面の魂には濃淡ができたり分離したりを繰り返して平衡状態になってた
その分離した塊を精霊と称して信仰してる宗教もあった
精霊は訳語だからファンタジー的なもんではないで

84: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:25:29 ID:5Vb
精霊をわかりやすくいうと自律性非物質塊かな
いわゆる精霊使いと呼ばれた人種は、魔法の根源を取り出す媒体を自分の松果体ではなく自律性非物質塊に頼ってたんよ
だからさっき体力を使うと言ったけど、精霊使いに関しては体力を消費しないで大規模な魔法が使える
ワイが死んだ時期の話だけど、精霊使いのこのメカニズムが解明されて魔法物理学ヘ応用したら半永久機関ができるって話が出てたな

85: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:30:54 ID:0YG
向こうの言葉と日本語は違う?

86: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:31:27 ID:5Vb
>>85
ちゃうで
向こうの言葉はあまり覚えてない
固有名詞がヒントになって思い出せるかもだけど

89: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:32:28 ID:C4D
つまりどういうことや

90: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:33:01 ID:5Vb
つまるところ一度帰ってみたい

91: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:34:02 ID:C4D
魔法で性転換とかできた?

92: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:34:36 ID:5Vb
>>91
それは普通に医学に頼ればできる

93: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:35:02 ID:C4D
それはこの世界と同じということか?

95: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:35:11 ID:5Vb
>>93
ちゃうで

94: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:35:05 ID:5Vb
まぁ医療機器に魔法が使われてるんだけどね

96: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:35:50 ID:C4D
医療用具の性能が違うということか?

98: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:36:23 ID:5Vb
>>96
多分向こうのほうが発達してる

97: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:36:02 ID:5Vb
呪文唱えてパッと性転換できるとかいうファンタジー魔法じゃないで 
もっと科学的な感じや

99: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:36:51 ID:C4D
>>97
ようわからんな…
大人を整形で子供にしたりできる?

100: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:37:55 ID:5Vb
>>99
やろうと思ったらできるだろうが違法だからなぁ

101: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:38:05 ID:C4D
>>100
なんで違法なん

102: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:39:11 ID:5Vb
>>101
細胞殺すと記憶障害のリスクあるし倫理的にもまずい

105: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:40:35 ID:5Vb
ワイ文系だから理系の質問には限界があるで

106: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:41:16 ID:0YG
向こうの小説とか物語はどんなんやったん
アニメとかあるん?

110: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:42:18 ID:5Vb
>>106
懐古モノが多かった
畑の広がる田舎の少年少女の恋みたいな感じのやつはよく読んでた

107: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:41:29 ID:5Vb
魔法の質問は答えるけど仕組みを聞かれると答えられないかも
その辺は物理学者で魔法分野研究してる人の仕事

108: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:41:50 ID:AdZ
イッチはどんな言語を使ってたんや?

116: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:44:38 ID:5Vb
>>108
表音文字の言語だった

109: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:41:50 ID:UnS
スポーツとかはあったんか?

114: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:43:40 ID:5Vb
>>109
ボードに乗るXスポーツ的なのがあったな
体幹が重要

あとは射撃とか

115: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:44:17 ID:UnS
>>114
メジャーな種目は全く違うんやろうか
野球とかサッカーとかはなかったんかな

117: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:45:06 ID:5Vb
>>115
野球はない
サッカーみたいなのはある
脚でボールを蹴る発想はどこにでもあるみたいだな

118: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:46:05 ID:5Vb
言語に関してはかなり統一化が進んで方言的なのはほぼ淘汰されてた

119: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:47:06 ID:UnS
前の世界での死因は何なんやろ

120: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:47:28 ID:5Vb
>>119
病死

122: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:48:03 ID:5Vb
脳にできた腫瘍で死んだ
もう少し発見が早ければ完治できたのに

121: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:47:53 ID:AdZ
日本語で発音するとどうなるんや?
HELLO→ハロー
みたいな感じで頼むで

123: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:49:03 ID:5Vb
>>121
Hi→ヤド

124: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:50:24 ID:UnS
日本とかアメリカとかの国はこの世界と同じなんやろうか

126: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:51:45 ID:5Vb
>>124
まるっきりちがう
日本っぽい国はなかった気がするなぁ

127: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:52:16 ID:6ju
>>126
君は何人や

128: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:52:39 ID:5Vb
>>127
ダイバって国

125: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:51:19 ID:5Vb
ヤドは若者言葉だな
もう少し丁寧にいうと
ヤディゴウェーネ

129: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:53:01 ID:5Vb
デイバかな
まぁどっちでもいいか

130: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:55:10 ID:5Vb
小さな君主制国家よ
高層ビルバンバン建っててかなり進んでた

131: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:55:24 ID:0YG
ダイバを日本語の意味に直すとどうなる?


日本→太陽の昇るとこ

132: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:56:10 ID:5Vb
>>131
太陽の昇るところ
日本と同じ

134: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:57:00 ID:5Vb
同じ由来の国名があと10個くらいあったんやで
このことに関して色んな都市伝説が生まれてた

135: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:57:47 ID:SYx
それ統合失調症っていうんやで

141: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:03:48 ID:5Vb
>>135
まぁ仕方ない

136: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:57:57 ID:UnS
もしや出来事の違いが細かくあって
その時の姿は日本とはだいぶちゃうけど元をたどれば昔の歴史は日本とほぼ同じってオチもあるんちゃうか

138: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:59:28 ID:5Vb
>>136
その可能性もあるな
でもワイが学校の歴史で習った範囲は4000年程度だったから捏造でも起こらない限りありえないと思う

142: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:10:15 ID:UnS
>>138
どんな出来事が起きたと習ったか書けるか?
覚えてる範囲でええけど

143: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:12:21 ID:5Vb
>>142
こっちでいう中世くらいのレベルからスタートして世界大戦的なのを四つくらい経て世界政府的なのが作られて今に落ち着く

137: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)17:58:02 ID:5Vb
こじつけで共通点を見つけ出して
何千年前に分裂した一つの王家だとか言ってるオカルト民いたな
日ユ共同論と同じくらいガバガバだった

139: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:00:37 ID:5Vb
まぁオカルトの中でも「太陽の昇るところ」論争は面白い方だったな

140: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:01:56 ID:5Vb
名前の由来が同じだからと言って日本を想像したらあかんで
地中海性気候だから何もかもが違う

144: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:13:22 ID:5Vb
4000年以上前に関しては流れだけ教わった
詳しく知りたいと思っても文献がない

145: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:15:50 ID:5Vb
第二次の世界大戦から魔法の研究がスタートしてたな
半信半疑で超能力者の研究をしてたらたまたま科学的な発見をしちゃって即座に軍事応用の研究がスタート
実戦で使われたのは第四次だった気がする

147: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:17:10 ID:UnS
>>145
第二次世界大戦はそっちの4000年の歴史の間の何年目くらいやろうか?

148: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:18:37 ID:5Vb
>>147
第一次、第二次3000年前
第三次2000年前
第四次1800年前

146: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:16:58 ID:5Vb
当時は一部の人のみ使える未知の能力だったから魔法と呼ばれてたけど今は科学
昔の慣習で魔法と呼び続けてる

149: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:18:58 ID:5Vb
よく考えたら第二次と第三次の間が空きすぎなんだよな

150: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:20:04 ID:5Vb
4000年前が中世レベルでそこから千年間ほとんど進歩してなかった
オカルト信者はそこに疑問を感じて捏造説を唱えてた

151: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:23:42 ID:UnS
>>150
まあその歴史が捏造やないとしたら大きな戦いや災害が無くて急いで発展する必要性が無くて頭打ちしてたとかか……?
真偽を確かめようが無いから断言できんけど

152: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:25:33 ID:5Vb
>>151
うーんその可能性もあるね
ワイらの世界では歴史は雑学程度にしか捉えられてなかったから本当に詳しくない
歴史学の重要さに気づいたのはこっちの世界来てからやで

155: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:34:32 ID:UnS
>>152
そっちの世界の一番重要な学問はなんやろ
魔法学?とかか

157: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:36:41 ID:5Vb
>>155
魔法だな
正確に言うと魔法学というのはなくて
魔法は物理学の範囲に入ってた

153: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:26:59 ID:uGK
イッチに退行催眠受けてほしい

154: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:27:43 ID:5Vb
>>153
やりたい

156: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:36:11 ID:5Vb
魔法の話するけど
具象化の魔法は一番面白かったで
非物質粒子をエネルギーじゃなくて実際の形を持った物質に変換するんよ
今まで一部の人種しか使えない魔法だったけど300年前に体系化されてから急速に科学技術が発展した 
プレート生成型の防弾チョッキの開発は画期的だった

158: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:37:49 ID:5Vb
>>156
このプレート生成型の防弾チョッキは今や全ての衣服に応用されてる
衝撃が加わった瞬間に鎧みたいなのを生成するから怪我は格段に減った

159: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:40:09 ID:UnS
>>156
何でも生成できるなら覚えたばかりの学生が変なもん作って遊びそうやな

161: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:41:17 ID:5Vb
>>159
あー、人間はほとんど使えないで
応用して機械に組み込んだだけだから

164: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:44:02 ID:UnS
>>161
工場の機械みたいなのに魔法を覚えさせて生産効率を上げるみたいな感じなんかな

165: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:44:36 ID:5Vb
>>164
んー、よくわからんな
あまり仕組みは詳しくない

160: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:40:35 ID:5Vb
あとは具象化魔法だと日用品のコンパクトサイズ化かな
数十年前に空間に形状記憶する技術が進んだおかげで色んなものがポケットに入るサイズになった

162: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:41:52 ID:5Vb
具象化系統はゼロ人とかいう人種の一部の人間しか使えない

163: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:42:19 ID:5Vb
ゼロ人は違うわ間違えた
なんかそういう人種がいたんよ

166: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:45:59 ID:5Vb
その辺の機械は松果体とかニューロンを模倣してなんとか作り上げたらしい
生物学とか魔法とか物理とか色々な分野の集大成だから難しすぎる

167: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:47:03 ID:5Vb
発電機ならわかるけど魔法を生み出す機械の仕組みは比較にならないほど難しい

169: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:47:56 ID:5Vb
とりあえずそういうデバイスがあってどんどん小型化されてきたイメージやな
デバイスさえ取り付ければあとはプログラミングとか回路の問題

170: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:50:18 ID:UnS
恐らく人工知能みたいな感じなんやろうな

174: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:53:26 ID:5Vb
>>170
そんな感じかなぁ
ちょっと違うけど
生物工学とかの方が近いんじゃないかな
生物の体の構造を模倣したわけだし

171: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:51:19 ID:R0x
今北
イッチは俗に言うなろう主人公か

173: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:51:53 ID:5Vb
>>171
誤解を生みそうだけどそんなとこかな

172: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:51:31 ID:5Vb
交通機関はあまりこっちと変わらない
車みたいなので自由に地上を移動するか
電車みたいに導線に沿って移動するかが一般的

269: 名無しさん@おーぷん 20/08/04(火)04:11:05 ID:Equ
>>172

車みたいなではなく
その世界での車の概念にあたる乗り物のその世界での名称とか日本語の文字で書くべきやろ

175: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:54:51 ID:5Vb
こういう話だと空飛ぶ車とか期待されるけどそんなのないで 
空中を自由に移動できるほどの規制作りは難しい
そんなことするんだったら空中に導線みたいなの張り巡らせて電車みたいに沿って移動した方が早い

176: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:56:30 ID:5Vb
飛行機みたいなのはあるで
翼付きのものは完全に無くなった
揚力コマンドのデバイスによって飛行する

177: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:57:10 ID:UnS
旅行とか観光はあったんやろうか

178: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:58:19 ID:5Vb
>>177
自由にできるで
こっちの世界と比べて時間距離もかなり短いから気楽にいける
懐古感を求めてわざわざ古い乗り物で行く人もいたな

179: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)18:59:10 ID:5Vb
旅は過程が重要だとかいう書籍が売れて一時期流行ってた

180: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)19:09:11 ID:UnS
旅行先でやることもあまり変わらんのやろうか

181: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)19:10:29 ID:5Vb
>>180
食事観光なーんも変わらん
こんなに技術が進んでても観光資源は残してるからね

183: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)19:11:20 ID:UnS
>>181
割と自然とか環境は大切にされてるんやろうか

184: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)19:12:25 ID:5Vb
>>183
都市部はまさにビルの森みたいになってるけど
植物もかなり多い

182: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)19:11:02 ID:5Vb
別に畑なんかなくても野菜は育つのに畑残してるところいっぱいあるからな
景観保全とかで

185: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)19:13:38 ID:5Vb
アフリカのサバンナみたいなやつもかなり広い範囲で残されてるから楽しかったなぁ
ある方向を向くとビルがボーボー建ってるのが見えちゃうのが難点

186: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)19:14:15 ID:5Vb
今考えると生き物も結構面白かったな
翼竜みたいなのおった

187: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)19:15:24 ID:5Vb
環境保全は頑張ってたんだけどなぁ
流石に汚しすぎて完全に元に戻るまでは果てしない時間がかかると習った

188: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)19:16:58 ID:5Vb
海洋汚染とかは特にひどい

189: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)19:17:43 ID:5Vb
別に海洋汚染したところで人類にはなんの影響もなかったから改善しようとしてなかったんかな

190: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)19:20:14 ID:UnS
>>189
海洋汚染をカバーする技術があったんか?
こっちの世界では一応まずい問題として扱われてるけど

191: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)19:20:43 ID:5Vb
>>190
海鮮はぜーんぶ養殖できるし

192: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)19:21:29 ID:5Vb
倫理的にまずいと判断した国だけ取り組んでたけど一番でかい国がなにもしなかった

193: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)19:26:20 ID:5Vb
翼竜的なやつの話をするけど
ドラゴンみたいなやつじゃないで
背中に翼が生えてるなんていう有り得ない構造じゃなくて、前腕が翼になってるワイバーンタイプだった

194: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)19:27:16 ID:5Vb
そいつかなりでかし構造的にも空を飛べる形をしてないから長い間どうやって飛んでるか謎だったんだけど

195: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)19:30:08 ID:5Vb
それを解剖した結果松果体のサイズがかなり大きいことが判明して魔法利用の憶測がたったんよ
のちの実験で揚力魔法の存在が確認されて飛行機に応用されたんやで
興味深い

196: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)19:31:10 ID:j1C
このスレの半分以上イッチのレスで草

197: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)19:31:56 ID:5Vb
>>196
それ
あんま質問来ないから語りまくってる

198: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)19:43:49 ID:UnS
イッチは前の世界で何歳くらいのときに亡くなったんやろ
結構興味ありそうな所は割と勉強してそうな雰囲気やけど

199: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)19:45:44 ID:5Vb
>>198
19で死んだ

201: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)19:46:30 ID:5Vb
学校の勉強より本の方が勉強になるからサボってたわ

204: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)19:52:21 ID:UnS
>>201
学校の勉強は物理(魔法)以外はどんな科目あったんやろ

206: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)19:54:32 ID:5Vb
>>204
物理というか理科だった
理科で物理も化学も生物もみーんな混ぜこぜで習ってた
社会科教科は地誌政治経済歴史国語
古典は数年前に廃止されてた

207: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)19:58:33 ID:UnS
>>206
古典無い以外は割と普通やな
なんで古典を習うのやめたんやろ

208: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)20:00:13 ID:5Vb
>>207
なんでやめたかはよくわからん
そもそも文献不足で習う価値を見出せなかったんかな

209: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)20:01:15 ID:K5U
その話利用してSF書いたらどうや

210: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)20:01:39 ID:5Vb
>>209
文章力ない

212: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)20:02:24 ID:K5U
>>210
そうなんか、どっかに原案として提供したり出来んのやろか。話おもろくて

214: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)20:05:06 ID:5Vb
>>212
これ売れるんか?
でも小説家になるつもりはないからなぁ
今建築家目指しとるんよ

218: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)20:26:11 ID:UnS
>>214
建築家はこっちの世界だけでなく前の世界でも死亡していた職業やったんか?

219: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)20:27:21 ID:5Vb
>>218
ん、どゆことや
建築家はいたで

221: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)20:31:39 ID:UnS
>>219
間違えた志望や
イッチが目指していたんかということや
すまんな

224: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)20:34:37 ID:5Vb
>>221
建築家目指そうと思ったのは今世になってからや
前世では特に夢がなかった

213: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)20:04:30 ID:Lf6
うしみつさんワイのコメ黄金色で

220: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)20:30:23 ID:0VK
魔力はどういう力で作ってたん?
流石に電気の代替品なら学校で習うやろ

222: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)20:33:42 ID:5Vb
>>220
ワイは文系だからさっぱりや
魔法系は理系にとっても難しすぎて大学行かないと習えない

223: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)20:34:36 ID:0VK
>>222
いや電気やって原子力発電とかあるやん
向こうの世界にはニュースとかないんか?さわりぐらいはわかるはずやろ
電気が衰退するくらい浸透してるのに一般人が少しも知らないっておかしくないか?

225: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)20:36:54 ID:5Vb
>>223
詳しい変換の仕組みはわからんが

まずは生物の脳を模倣した自律性デバイスを作るところから始める
自律性や恒常性を持った物体には生物問わず意識が宿るという話を随分前にしたけどそれを利用してる

226: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)20:39:28 ID:5Vb
自律性デバイスは完成させた後にしばらく電気を流して稼働させる必要がある
大体数週間かけて意識を宿す
その後に具象化のところで話した空間記憶で意識の領域を拡張して燃料とか電気回路に接続してエネルギーや変換をする

229: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)21:05:49 ID:UnS
前の世界はネットとかあったんか?

230: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)21:07:41 ID:5Vb
>>229
あったで

231: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)21:08:30 ID:5Vb
向こうでも似たような掲示板はあった

232: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)21:09:41 ID:UnS
>>231
野球の代わりに何か別のスポーツでネタ作ってたんやろうなあ

ネトゲとかはあったんやろうか

233: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)21:12:54 ID:5Vb
>>232
ネトゲかぁ
やったことないけどグラフィック以外は特に何も変わらん

234: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)21:13:07 ID:5Vb
レトロゲームとか流行ってた

235: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)21:16:16 ID:5Vb
携帯電話とかパソコン系もこっちの世界とそこまで変わらない
SFで空間表示とかあるけど実際需要ないし
そんなんに金かかるんだったら普通のパソコンでいいんよ

237: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)21:22:22 ID:5Vb
パソコンは紙みたいな感じのやつあった
めっちゃ折りたたんでポケットにしまえる
そのままだとペラペラして使いづらいけど硬化させると折り目も消えてピンと張るから使えるようになる
これも具象化魔法を応用した技術やな

238: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)21:23:58 ID:5Vb
具象化魔法は本来物体を覆うように形成されるから物体そのものを硬化させるもんじゃないんだけど、このパソコンは多孔質構造の素材で作られてるからそれが実現できてる

240: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)21:39:50 ID:5Vb
具象化で硬化すれば色んなものの耐久性上がるで
デバイスに意識の拡張を施して加速度を検知して硬化すれば落としても割れない携帯電話とか作れる

241: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)21:43:39 ID:UnS
>>240
壊れにくくできるとか色んな事に重宝しそうやな

242: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)21:45:26 ID:5Vb
今思い返すと本当に便利な社会だった
その世界にいるときは気づかないのにな

243: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)21:51:26 ID:UnS
>>242
多分この世界の多くの人がコロナで色々制限されて似たような事思うようになってるやろうね……

244: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)21:52:43 ID:5Vb
離れてこそそのありがたみがわかるんやな

247: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)21:56:49 ID:ur8
どこでもドアはあるんか?

248: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)21:58:33 ID:5Vb
>>247
ない
瞬間移動とかは無理

255: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)22:33:09 ID:UnS
前の世界では平和やったんか?

256: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)22:35:36 ID:5Vb
>>255
平和やで
違う地域で紛争の話はちょくちょくあったけど こっちほどではない

259: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)22:37:13 ID:UnS
>>256
技術はこっちよりちょっと発達してる程度で一応戦争が少ないというのは現実的な範囲の理想やろうな

261: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)22:40:40 ID:5Vb
>>259
まぁそうやろな
こっちの基準で言ったら先進国しかないけどその中でも格差はあるから紛争が生じるのも仕方ない

257: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)22:36:13 ID:5Vb
平和の定義にもよるな
戦争の対義語として捉えるならばそのまんま「平和」だけど

258: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)22:36:26 ID:5Vb
海洋汚染とかスラムとかのことを考えるとそうでもないのか

268: 名無しさん@おーぷん 20/08/04(火)04:08:44 ID:Equ
呪文唱えてとか想像したら発動するのではなく

科学的にエネルギー源として活用したり科学的に機械や道具で現象起こしてるなら

それは魔法では無く科学やん。地球で一般的に使われてるエネルギー源とは別のものをエネルギーにして
別の法則や仕掛けで機械動かしてるだけでは

275: 名無しさん@おーぷん 20/08/04(火)07:20:16 ID:0a8
>>268
イッチは科学って言ってる
昔は超能力として認識されてたものが科学的に体系化された
だけど昔からの慣習で魔法と呼んでたらしい

217: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)20:22:03 ID:5Vb
今世のワイが先祖だったら面白いな


前世が未来もしくは異世界ということだろうか…


魔法がある世界、行ってみたいモスな〜


スレ主さんは消えてしまいましたが…続きが気になりますね


引用元: ・https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1596439513/