pay-phone-4017425_1280


483: 本当にあった怖い名無し 05/01/24 22:50:21 ID:M4eVoF9B0
高校生の時の話授業で出された課題が終わらずに、その日は放課後にクラスメイト数人と居残りをしていた。
課題よりも友達と雑談してる方に集中してて、気が付いたら17時前。
17時からバイトが入っていたので慌てて校舎を飛び出して帰ろうとしたが、今から飛んで帰ってバイトにギリギリ間に合うかどうかの所。
無断で遅刻するのは申し訳ないので、事前にバイト先に連絡を入れようと、校内に設置してある公衆電話にまず向かった。
(まだあんまり携帯が普及してない時代w)
校内には公衆電話が3つある。
職員室前と、売店前。そして校舎の隣にある体育館の1階。
迷わず一番近い体育館の公衆電話へダッシュ!バイト先は親戚が経営する飲食店。
親戚宅の番号はバッチリ覚えてるので手帳も見ずにダイヤルをした。

484: 本当にあった怖い名無し 05/01/24 22:52:04 ID:M4eVoF9B0
プルルルル…
ガチャ

自分「もしもし、○○さん(親戚の名前)のお宅ですか?」
相手「?…いえ、違いますが」
自分「あれ?すみません…」
相手は見ず知らずのお婆ちゃんの声。
あせって間違い電話をしてしまった。
恥ずかしさを抑えつつ再度ダイヤルトライ。
…プープープー今度は何だか繋がらなくなった。
話し中みたい。
何かおかしいな、と思い今度は手帳を出し、親戚の番号をしっかり確認しながらダイヤルを試みる。
しかし何度かダイヤルしても、ずっと話し中。
飲食店を経営している親戚の家がずっと話し中なのは変だ。

485: 本当にあった怖い名無し 05/01/24 22:53:33 ID:M4eVoF9B0
「この電話機が壊れているのかな?」
さすがに変に思っていると、通りすがった友達に声を掛けられた。
友達「さっきから何処に電話してるの??」
自分「バイト先なんだけど…。この電話壊れてるみたいで繋がらないんだ。最近これ(電話機)使った?」
友達「いや、壊れてるなんて聞いた事無いよ」
確かに、まだ携帯があんまり普及してない時期だったので校内の公衆電話はよく利用されていた。
壊れているならそれなりの噂は耳に入るはず。
結局その日は友達の携帯を借りて親戚の家に連絡をした。
ついさっきまで話し中だったのに、あっさりと繋がった。

486: 本当にあった怖い名無し 05/01/24 22:55:46 ID:M4eVoF9B0
それから半年位経ったある日。
いつかのように放課後友達と居残りをしていたら、いつのまにか時間は17時前。
バイト行かなきゃ!!
これまたいつかのように、慌てて校舎を飛び出した。
そして一旦バイト先に連絡を入れようと、あの体育館1階の公衆電話へ走った。
そしてまた慌ててダイヤル。
…プープープー話し中で繋がらない。
そのとき半年前のことを思い出した。

487: 本当にあった怖い名無し 05/01/24 22:57:23 ID:M4eVoF9B0
あの時も電話は繋がらなかった。
しかし、この半年間、やはり電話機が壊れているなんて話しは聞いた事が無かったし、何人かこの電話機を使っている人を見ている。
自分があせって番号を間違えてるんだ、と思った。
別の公衆電話に移れば良かったのだろうが、絶対ここで電話をかけてやる!
と、変な意地が出てきている。
落ち着いて、深呼吸をして再度ダイヤルをする。

プルルルル…プルルル…(カカッターーーー(・∀・)ーーーーー!!!)
自分、勝利を確信!!
プルルル…
ガチャ自分「もしもし、○○さん(親戚の名前)のお宅ですか?」
相手「いえ、違います。株式会社△△ですが」
自分「…???あ、すみません間違えました…」
また間違えた。
番号は手帳を見て確認しながらプッシュしてるはずなのに。
…ていうか間違えた先が前回のお婆ちゃんではない。
さっきのは、どこかの会社の若い男性だった。
変だ。
手帳の番号が間違っているなら、同じ所へ掛かるはず。

488: 本当にあった怖い名無し 05/01/24 23:00:23 ID:M4eVoF9B0
この時点であきらめれば良いものを、変な意地があるので引くに引けない。
その後何度かダイヤルした。
が、何故かその後ずっと電話は話し中で繋がらない。
5~6回掛け直したただろうか。
その電話は不意に繋がった。
プルルルル…ガチャ!!

自分「もしもし、○○さん(親戚の名前)のお宅ですか?」
相手「…はぁ?」
自分(やばい、また間違えた…)相手は中年の男性の声。
親戚の叔父さんの声に似ているがおそらく違う。
もう一度確認してみた。
自分「○○さん(親戚の名前)のお宅ではないですか?」
すると、相手「…はぁ??うちは焼き場ですよぉ?誰か亡くなったんですかぁ?」
自分「!?!?」
どうやら私の掛けた電話はどこかの焼き場へ繋がってしまったらしい。
恐ろしくなってそのまま電話を切り、逃げるようにその場を後にした。

489: 本当にあった怖い名無し 05/01/24 23:02:07 ID:M4eVoF9B0
帰り道にふと、「あの電話は、悪戯好きの叔父さんが冗談やったのかもしれない」という思いがよぎった。
バイト先に着いてすぐ、今日電話がずっと話し中ではなかったか、叔父さんが自分からの電話を取って冗談を言ってなかったかを伯母さんに聞いてみた。
(叔父さんに聞くと、また冗談を言われるかもしれないし、伯母さんは嘘をつかないので信用できる。)
伯母さんはキョトンとして、
「その時間はもう店の厨房に居たから電話はしてないし、今日は一度も誰からも電話なんてかかってきてないよ。」
と教えてくれた。
ともかく、高校を卒業するまで、あの体育館1階の公衆電話は使わなかった。

おしまい

551: 本当にあった怖い名無し 05/01/26 20:08:16 ID:KhhvSZ9a0
私は子供(小学生)の頃、怖い話や心霊写真などが好きで当時ギボアイコが流行っていたので本や漫画などをよく読んでいたが、実際にはそういった怖い経験もしたことがなくフィクションものを楽しむ感覚でいた。
幽霊というものを全く信じてはいなかったし、心霊写真も気のせい(そう見えるだけ)だと思っていた。
しかし、小6の12月に今の実家に引っ越してからは信じざるを得ない現象を目の当たりにするようになった。
結婚して家を出るまでの14年間で数え切れないほどの不思議な経験をしたので、いくつかあげてみる。

552: 本当にあった怖い名無し 05/01/26 20:09:18 ID:KhhvSZ9a0
私は小6、姉が高2の時の話(思えばコレが最初の経験だった)バブルがはじける少し前に父がやっていた不動産会社で売れ残った土地(東京某区)に家を建て引っ越してすぐ。

当時、中学受験に向けて深夜まで勉強をしていた私を2時頃隣の部屋の姉が『K―!早く来てー!』と私を呼んでいる。
私は、「またどうせパシらせるつもりだろう。」といやいやながら姉の部屋にいくと、号泣の姉。
若干ひきながら『なに?』と聞くと『寝てたんだけど、部屋中を子供が走りまくっている感じがして起きちゃったの。
でも夢だと思ってまた寝ようとするんだけど子供の話声がして怖くて寝れないの。』
我が家の末っ子は私だし隣近所にも子供はいない。
なにより、こんな夜中に起きてる子供はそうはいない。

553: 本当にあった怖い名無し 05/01/26 20:11:48 ID:KhhvSZ9a0
『はぁ?』
私は姉が何を言っているんだかさっぱりわからず、でもとりあえず静かにしててほしかったので『あぁ、寝ぼけてたんだね。もう寝なよ。うるさいから』と私が言うと小学生に馬鹿にされた姉は『もういい。じゃあ布団をパサってかけなおしてってよ。』と精一杯の命令を私にした。

『はいはい。』
しかたなく私が布団をかけなおしてあげて自分の部屋に戻って勉強を続けていると1時間ほどしてからまた私を呼ぶ姉の声が聞こえる。
「いい加減にしてよ。馬鹿姉ちゃん!」
と思いながら姉の部屋に行くと真っ青な顔の姉が『女の人が私の胸の上で…泣いているの。』と姉自身もまた号泣している。

554: 本当にあった怖い名無し 05/01/26 20:13:05 ID:KhhvSZ9a0
確かにさっき布団をかけなおしてあげたとき布団に手をいれて仰向けに寝てた姉の胸らへんが何かが長くそこにあったかの様にへこんでいる。
羽毛布団を使っている人ならわかると思うけど、例えば手を布団から出して押しておいてまた手を中に入れると布団はまたふっくらしてしまうので自分でへこますことはできない。
変だなとは思ったけどそういったことを信じてない私にとって、そんなことはどうでもいいことだと思い『気のせいだよ。いい加減静かに寝なよ。』と言った時、『………。』
ボソボソと姉とは違う変な声が聞こえた。
「…なんだ?」と思ったけど姉に言えばまた、ギャーギャーうるさいのでとりあえず電気をつけていてもいいなら勉強を姉の部屋でするということで姉をなだめた。
自分の部屋から勉強道具一式を持ってきて勉強を再開して5分ほど…。
女の子の声がボソボソ聞こえ始めた。

555: 本当にあった怖い名無し 05/01/26 20:14:22 ID:KhhvSZ9a0
姉は『ほらー。これ何?』と早くもパニック状態。
『しー。静かに』私が言うと起き上がって私にしがみつきながらとりあえず静かにはなったが、(まったくどっちが姉だかわからない;)
声の正体はわからない。
ボソボソ話す内容はわからないけど女の子(幼稚園か小学低学年位の)だということはわかる感じの幼い声。
(ん?じゃあ、これが最初に言ってた子供の声でしょ?胸の上に乗ってたっつー女の人は?)と変に冷静に考えていると『…は、……が…いって………もん。』ってまた聞こえてきた。

『お母さんは、○○が悪くないって×××もん?って聞こえる?』と姉が言い出した。意味はさっぱりわからないけど、かかわってはいけない気がしてきて『とりあえず、K(私)の部屋で一緒に寝ようか?』と私が言うと『うん…。そうだね。』と姉。
狭いシングルベッドでも小学生と高校生の女の子ならたいして苦もなくその日は眠れた。
でも、朝起きて朝食を取っている時に

556: 本当にあった怖い名無し 05/01/26 20:15:37 ID:KhhvSZ9a0
真ん中の兄が『お前達、昨日夜中に喧嘩かなんかしてたの?』と言うから
『いや、喧嘩なんかしてないよ。なんか変な事があったんだよ。』
と昨夜の事を話すと
『はいはい。姉ちゃんはなんでも怖い怖いって言うからな。』
と全く信じてくれないので、
『だって、昨日怖くてKの部屋で一緒に寝たんだよ?』
と言うと母が
『そうなの?お母さん昨日2時頃起きちゃって、そしたら2Fでばったんばったんうるさいじゃない?お母さんも喧嘩してるのかと思って、よっぽど怒ろうかと思ったんだけど上から「静かにしなさい」って声が聞こえたからお姉ちゃんがしかってくれてるならいいわってまた寝たのよ。』
『えー、私たちそんなに響くような大きな音なんか立ててないし、第一私「静かにしなさい」なんて言ってないよ?』
と姉。
確かに姉は泣いてばかりでそんなしっかりした事なんか言ってない。
私も言ってない。…誰?

557: 本当にあった怖い名無し 05/01/26 20:16:26 ID:KhhvSZ9a0
次のは私が中2くらいの時だったと思う。
その頃私はアロマキャンドルとかお香に凝っていて色々な種類のものを集めていて、ベランダで(部屋の中だと匂いが混じっちゃうので)火を付けては香りを試していました。
だから、母に朝いきなりこう言われた時は自分でも「どれのことだろう?」と真剣に考えちゃったんですけど…
朝、ごみ捨てに行ってた母がバタバタと居間に入ってきたかと思うと
『K!!あんた、また火遊びしてたでしょ?家の周りに灰と匂いがすごいわよ!?どうすんの!あれ!!』
『えっ?何?』
『何じゃないわよ!見てみなさい!』

558: 本当にあった怖い名無し 05/01/26 20:17:23 ID:KhhvSZ9a0
見に外に出てみると、ほんとになんかお線香の燃えた灰みたいなのが家の周りに散らばってるんです。
でも、変な違和感があって…。
匂いも、もろお線香なんだけど門の外には全然ないんです。
つまり、家の敷地内にはパッとみてすごいあるのに隣の家の庭とか道路とかには全くないんです。
風がなかったとしてもそんな事、変ですよね?
それに私はお香も甘い匂いのものしか集めてないのでお線香の匂い事態おかしいんですよね。

『ねえ、お母さん変だよコレ。』
とそのことを母に言うと『ホントだねぇ。そういえばそうよね。』母も不思議がっていました。
それからたいして日を空けずに今度は、灰じゃなくて血みたいなものがまた敷地内にだけ垂れていたことがありました。
表札にだら~って感じに付いてたり。
もしかして誰かの嫌がらせかもって思ったりもしたんですがうちの塀って防犯のため3mぐらいあるので、外からは入れても出る時上れないと思うんですよね。
1階には両親がいるし。
門は電子錠で特別な鍵か家の中からしか開かないんですよ。
さすがに両親も気味悪がって御祓いをしようかとも言ってたんですがその後、敷地内散布事件はなくなって忘れたみたいですね。
両親は。


引用元: https://hobby7.5ch.net/test/read.cgi/occult/1105765771/