d72673bc-480x478

消えた過去記事復活掲載について
最近「過去記事が大量に消えていますが、どこにいったのですか?もう読むことはできないのですか?」といった内容のお問い合わせをいただいています。
かつてサイト移転をした際、 新たなレイティングに合わせて幾つかの記事をお蔵入りにしました。皆さんからいただいたコメントも一緒に消えてしまっている為、非常に申し訳ない気持ちで居たのですが…この際、幾つかの記事はちょこっと手を加えて当時のコメントをそのままに復活させることにしました。
本来の記事の邪魔をしないよう平日の深夜帯、時事性の無い記事のみに絞って少しずつ復活掲載させていただきますので、ご了承ください。
モス男、金子たちが居ない時期の古ーい記事もありますので、懐かしむ気分で楽しんでいただければ幸いです。
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/24(日) 13:44:15.018 ID:3rC3EU0+0.net
絶対熱いだろあれ
焼身自殺
焼身自殺(しょうしんじさつ)とは、自分の身体を自分で焼いて自分自身を焼死させ、自殺することである。しばしば政治的、あるいは倫理的な抗議として行われる。
実行者は自らの体にガソリンや灯油、軽油などの比較的引火性の高い油を振り掛けてから引火させる方法を採る事が多い。火災などの事故や噴火(火砕流)などに巻き込まれた結果による焼死と同様、多くは肉体の焼損が直接の死因とはならない。
探偵ファイルの取材によると、焼身自殺を図った場合の主要な死因は火災などによる焼死に多い直接死因(有毒ガスによる窒息)ではなく、全身の大部分の皮膚が火傷して喪失する事で、人体から急激に水分(リンパ液や間質液)が流失していくことによる脱水症状による衰弱死であり、救急搬送の連絡を受けた医師の多くは火傷の範囲とその原因を聞いた時点で救命の可能性を概ね判定する事が可能という。搬送された自殺未遂者は集中治療室で輸液などの対症療法を施される(火傷面積によっては救命の可能性が皆無である事が事前に分かる為、皮膚移植など積極治療を施す選択自体が放棄される)が、多くは臨終まで意識が明瞭なまま死亡していく為、近親者との今生の別れを済ませる時間的余裕が他の自殺法による未遂事例に比較して多い反面、未遂者は自らの行動を後悔しながら時間を掛けて逃れようのない死を迎えていく事から、肉体的苦痛以上に精神的苦痛が他の手段に比べ圧倒的に大きく、例え自殺を試みる場合でも手段として焼身は決して選択すべきではないと結論付けている。


https://ja.wikipedia.org/wiki/焼身自殺