1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [ニダ] 2019/03/11(月) 19:43:38.40 ID:BZY4m5b70● BE:555332173-PLT(13000)
 約2万8千年前のマンモスから取り出した細胞核の動きを確認することに成功したと、近畿大の入谷明・名誉教授らの国際研究チームが11日、英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表する。
 マンモスは、ロシア北方のサハ共和国の永久凍土から2010年に発見された「YUKA(ユカ)」(メス、体長約3・5メートル)。保存状態が良くチームは脚から、筋肉と骨髄の組織を採取。そこから細胞の核を抽出し、マウスの卵子に注入した。すると、細胞分裂の直前に起こるような動きが確認できたという。

うしみつ注:引用此処まで。全文はソース元ご覧ください

https://www.asahi.com/articles/ASM3C53B4M3CPLBJ006.html