no title

1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)12:31:31 ID:moc
半村良の石の血脈とか荒俣宏の帝都物語とか笠井潔とか夢枕獏とか好きなのに
伝奇小説
伝奇小説(でんきしょうせつ) 主に中国の唐-宋時代に書かれた短編小説のこと。六朝時代の志怪小説より発展して成立した。唐代伝奇、唐宋伝奇とも呼ぶ。晩唐の作品集である裴鉶 『伝奇三巻』の題名が一般化して、唐の小説を伝奇と総称するようになったといわれる。また、これらを元にした後代の作品を呼ぶこともある(芥川龍之介「杜子春」など)。

東雅夫は日本の伝奇小説を以下の3つのタイプに分類し、またそれぞれの代表作を挙げている。
伝奇時代小説
 代表作:国枝史郎『神州纐纈城』(1926年)
 時代小説に忍術や妖術、超常バトルなどの要素を取り入れた波瀾万丈、奇想天外な物語。

伝奇ロマン
 代表作:半村良『石の血脈』(1971年)
 伝奇時代小説の舞台を現代に移した、SFサスペンス色・ファンタジー色が濃厚な物語。「伝奇ロマン」というジャンル名は『SFマガジン』の編集長だった森優(南山宏)が考案した。

伝奇バイオレンス
 代表作:菊地秀行『夜叉姫伝』(1989-92年)
 主に現代を舞台にした、ヒロイック・ファンタジー色が強い伝奇小説。また個々の作品が特に強く持つ特徴により、「伝奇SF」(または「SF伝奇ロマン」)、「伝奇ホラー」、「伝奇ファンタジー」、「伝奇ミステリー」、「伝奇サスペンス」、「伝奇アクション」などさまざまな呼称が使われる。


https://ja.wikipedia.org/wiki/伝奇小説