7d54b4ea

342: 名無しさん@おーぷん 2014/07/15(火)22:22:28 ID:b3QJUuuVg
今から10年以上前の話です。実話なんでオチは白けるかも。
長文嫌いな方は飛ばしてください。

夜、ふっと目が覚めると、実は体はまだ眠っていて、脳だけが先行して起きちゃった感じ。
金縛りってこんなイメージよね。
自分の場合は、中学に入った頃から癖になってしまって、ベッドで金縛りと格闘する毎日。そのうち、学校で居眠りしてる時にも発現するようになり、机から落ちて同級生の失笑をかったことも。
もちろん例に漏れず、謎の影が迫ってきたり、耳元で誰かが何かを喋ったり、何かが上に乗っかって首を絞めてきたりと、しっかり恐怖体験付きだ。
癖になった原因は、発想が根付いてしまったことだと思う。
レム睡眠のまどろみの中、ふとしたタイミングで「あ、金縛りになる」って考えてしまうともうアウト。そのタイミングでそんな発想が出てこない人は、金縛りになることもないかもしれないと思う。

まぁ、そんな具合に毎日毎日、金縛りになっていると、そのうち俺も、さすがに慣れてきた。
どうにかこれをコントロールできないものかと考え始める。

まずは、自由に金縛りになること――これはあっという間にクリア。何となく意識が目覚めた時に「はい、金縛り~」と思うだけでOK。
次は、金縛り中に手足を動かしてみることに――結構うーんうーんと頑張ってみるも、これは無理みたい。

ただ、後になって思えば、いくら脳だけが目覚めた状態とはいえ、通常、その意識レベルは相当低いはずだ。自分の場合は、そんな状態でもかなりはっきりと思考出来ていたし、判断もあった気がする。何より、金縛りが解けた時に意識がそれなりに繋がって続いてたから。

で、次に試みたのは、目を開けたまま金縛りになってみること――これは口で(文で)説明するのは難しいんだけど、金縛りになる直前に目を開け(一旦起きて?)、また体を寝かし、そして金縛りを発動させるという、自分でもそうなのかどうなのか解らないことを、刹那のタイミングでやりくりしなけらばならない難度Aの離れ業だったりするんだけど、割とあっさりクリア。