1: 靄々 ★ 2020/08/14(金) 12:59:04.25 ID:umTtIoYk9
伝説の妖刀 漆が塗られた村正と漆を取られた村正 並べて特別公開

 数ある日本刀の中でも名刀として知られる村正。三重県にある桑名宗社では期間限定で、村正の特別公開が始まりました。

 村正はかつて桑名を拠点としていた刀鍛冶の集団で、桑名宗社には村正が奉納した二振りの刀と、村正の流れをくむ正重などが所蔵されています。



 これらの刀は第二次世界大戦の際、戦火から守るためサビ止めの漆を塗って保管されていましたが、去年の即位礼正殿の儀に合わせて、村正と正重の一振りずつの漆を取り、本来の姿を取り戻しました。


 今回の特別公開では初めて、漆を塗ったままの刀と元の姿を取り戻した刀が並べて展示され、訪れた人たちは熱心に見比べていました。


※以下略、全文はソースからご覧ください。
※ソースにその他画像あります。

村正が奉納した二振りの刀とや正重など所蔵=桑名宗社(三重テレビ放送)
no title

サビ止めの漆が塗られた刀
no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/1e578552e0dbf894b0770cf18441a2c64fd6639b
8/14(金) 12:52配信 三重テレビ放送

14: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:07:19.02 ID:vHPbD7DP0
>>1
名刀と言えばやっぱ正宗だなぁ

正宗

正宗(まさむね、生没年不詳)は、鎌倉時代末期から南北朝時代初期に相模国鎌倉で活動した刀工。五郎入道正宗、岡崎正宗、岡崎五郎入道とも称され、日本刀剣史上もっとも著名な刀工の一人(おもちゃの刀に「名刀正宗」と刻印されるほどである)。「正宗」の名は日本刀の代名詞ともなっており、その作風は後世の刀工に多大な影響を与えた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/正宗
Masamune Portrait

2: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 12:59:57.35 ID:ksHkykOd0
村雨は?

村雨 (架空の刀)

村雨(むらさめ)は、江戸時代後期の読本『南総里見八犬伝』に登場する架空の刀。

『南総里見八犬伝』の登場人物である犬塚信乃(八犬士の一人)が用いる宝刀で、抜けば刀のつけ根(なかご)から露を発生させ、寒気を呼び起こす奇瑞がある。使い手の殺気が高ぶれば水気を増し、人を斬るときに勢いよく流れ刃の鮮血を洗いおとすありさまが、あるいは、振りかぶれば切っ先からほとばしる水のありようが、あたかも葉先(か梢)を洗う村雨(叢雨、驟雨のこと)のごとくなので、この名がある。

馬琴の作中では、「抜けば玉散る」、「三尺の氷」(現代の映像作品では「抜けば玉散る氷の刃」)などの形容がみられ、あるいは「邪を退け、妖を治め」る刀とも称されている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/村雨 (架空の刀)

5: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:01:26.66 ID:lICA5Bz40
>>2
謎の?

10: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:05:11.70 ID:+T+DJWbi0
>>2
村雨丸は里見八犬伝の創作な

11: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:05:11.77 ID:uHT5FfHP0
>>2
持ってたら辻斬りに狙われると言われるあれか?

6: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:02:10.49 ID:ettaoKDp0
妖刀ってw
いつの時代にも中二病こじらせた奴がいるんだな

33: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:14:17.97 ID:MXhW29mA0
>>6
付加価値はお金を生むんだぞ

23: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:10:43.16 ID:CfRLp5Bl0
>>6
家康の長男の自刃とか徳川家の縁起悪い出来事に村正が使われたことから
倒幕狙った維新志士が村正を徳川キラーとして神格化したんだよ

228: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 16:16:28.18 ID:mrfaJ2xi0
>>23
NHKSPか何かでこの漆黒の村正の研ぎなおしの番組を見たけど、
村正が徳川に仇為すってのは結果論で、コスパが良かったから流通量が多くて有象無象の侍までもが使ってて
たまたま徳川に対してそうなってしまったってのが真相だったと説明されてたような

オカルト云々は概してそんなもんだけど、隠された寓意なんかがあるから伝承の類は面白いけどな

21: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:09:47.13 ID:m7/lOacY0
妖刀が殺せと言ったのでやった
などと意味不明な供述をしており‥

伝説というのはこういう事

22: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:10:03.10 ID:ety4L3iP0
ムラマサとかコテツとかガキの頃FFの影響で一時期、日本刀にハマったなあ

116: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:49:32.91 ID:bGq4M0VN0
>>22
あと菊一文字な

則宗

則宗(のりむね)は、福岡一文字派の祖で備前国の刀工であり、則宗が製作した一連の日本刀の総称でもある。則宗の流派は、福岡一文字、或は福岡一文字派をさらに分け、古一文字と分類する人もある。則宗は鎌倉時代に後鳥羽上皇の御番鍛冶中の第一に位したと伝えられる。一般には菊一文字、菊一文字則宗の名で知られる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/則宗

129: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:56:44.18 ID:qaslGl210
>>116
ゲームで刀剣の名前覚えた人って多いかね
村正は魔剣でニヒルが妖刀だな

24: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:11:07.43 ID:mDsHh5be0
漆って取るのは簡単なの?

49: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:20:30.94 ID:n448dHVK0
>>24
日本にはそれ専門の研ぎ師がいる

78: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:31:52.49 ID:mDsHh5be0
>>49
簡単にはできないってことか。薬剤で落ちるとか聞いたことねえもんな

27: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:11:40.48 ID:TYAGvzd/0
漆は錆止めだろ
火除けにはならない

91: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:38:10.07 ID:xf3V2Ju50
>>27
火災に遭いそうなところではなく
そうそう (錆止めの) 手入れもできないような場所に
厳重保管するから
漆を塗って、手入れしなくても錆止めになるようにしたんでは?

37: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:15:12.34 ID:YVb5PHL80
村正っていつの間にか伝説がどんどん増えたものなあ。
だけどファンタジー小説やRPGに出てくるような「呪いの魔剣」が実在しているって面白いことだ。

40: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:15:53.12 ID:wN2KQI420
名刀って数が多すぎてどれが一番なのか分からない

42: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:16:16.31 ID:ety4L3iP0
漆は封印
封印を解くなよw

また血が流れるわw

44: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:17:12.59 ID:XCbWR5dE0
村正「とんだ風評被害」

45: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:17:57.15 ID:iVIQ1XLu0
真ん中の黒いのはヤバイ念

47: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:20:09.90 ID:aoXaAvIO0
村正って三河の対岸の伊勢で作られて三河でかなり流通してて徳川家家臣は沢山所有してたんでしょ
徳川の凶事に村正がっていうのも所有者が多かったからそうなっただけだし
徳川家禁忌という伝説も後代につくられたもので別に村正の所有も禁じられてなかった

76: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:31:38.92 ID:E3Qg8Y2d0
村正ってつよいの?FFシリーズでは中盤以降くらいででてくる剣じゃね?

88: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:37:48.86 ID:SexEUOET0
>>76
徳川家に対しては特効

93: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:38:34.64 ID:0Oh8ib1F0
村正が名刀なんてアホですか
国宝はおろか国の重要文化財に指定されてるものはひと振りも無い
程度のいい量産品で敵も味方も村正で切り合っていた

100: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:42:55.09 ID:9k72I7Xn0
>>93
刀一本作るのにどんだけ時間がかかると思ってんだ?

115: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:49:12.63 ID:0Oh8ib1F0
>>100
村正って数打ちの量産品だぞ
値段にしてはよく切れるって言うんで
戦用に大量発注してた

97: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:40:57.15 ID:mJxi7nJl0
正宗って銘が無いらしいじゃん
よくそれで真贋が判るよな
鑑定人の「本物ですよー」っていう鑑定を受けた正宗は証明書「折り紙」が付けられた
これが「折り紙つきの本物だ」とか言われる語源になったとか

102: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:43:21.36 ID:BrpfzMsb0
刀って刃を上にして飾っておくべきじゃなかった?刃先が錆びないように




110: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:47:26.59 ID:mJxi7nJl0
名刀を使ってた英雄とか剣豪って実際いたのかね
新撰組の近藤、土方、沖田とかそれぞれ名のある一振り所持してたらしいけど
幕末当時でもすでに国宝級のお宝だったらしいから実戦で使った事は無かったらしい
竜馬もそうだな

118: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:51:25.14 ID:ifKxbVIA0
>>110
圧し切り長谷部なら実用された逸話はちゃんもあるぞ

164: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 14:30:25.56 ID:S940d3Y20
>>110
剣豪将軍と呼ばれる足利義輝は天下の名刀をとっかえひっかえ使いまくったといわれる

183: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 14:56:29.15 ID:YVUYx5Eu0
>>110
近藤は使ってたんじゃね?
池田屋の後の手紙で他の連中の刀はボロボロになったが自分のは虎徹(と言われた偽物説が有力だけど)ゆえに無事だったって手紙書いてたらしいから、
少なくとも池田屋では振り回してたんじゃね?

114: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:48:54.33 ID:zDxAdcqg0
切れ味に特化した村正
扱いやすさに特化した祐定
丈夫さに特化した同田貫

戦国三大実用刀
注文打ちならそれなりに価値があるが、大半は二束三文の数打ち物

132: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:58:00.30 ID:ncVEQ68C0
今の桑名で作られてた村正だが実戦向きの折れにくい刀で切れ味は後から神聖化された
三河武士が好んで使っていただけで徳川を特に嫌っていたわけでもないしそもそも名刀の部類ではない
今では桑名に名を継ぐ刀鍛冶もいないし評価はゲームで世界的になった異例の刀だな

171: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 14:41:43.75 ID:zDxAdcqg0
>>132
村正は折れにくさではなく、切れ味に特化した実用刀
戦前の試し切りでも無類の切れ味を発揮した記録があるし、
一番の得意としていたのは平造りの脇差作りで、これは
実戦ではなく倒した敵の首を掻き切る用途に特化されている
代わりに薄造りで、折れるとまで行かずとも刃が欠けやすいという欠点を持つ
別に切れ味の優れた刀が必ずしもあらゆる面で優れた名刀なわけではない
いくらよく切れるからといってカミソリで戦うバカもおらず

135: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 13:59:59.82 ID:8zw4ze160
最近まで漆を塗って真っ黒のまま保管されていたということは登録はどうなっていたのかな
地鉄や刃文が見えなければ美術品と認められず登録証は交付されない
登録証がないまま研ぎなどの工作に出すことも銃刀法違反になるんだが…

143: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 14:09:35.66 ID:M2/e6BA20
>>135
なんで黒漆だと思うの?赤漆かもしんないし、
そもそも漆って透明で染料混ぜるんだけど。
神社奉納刀でしょ?
なら戦後銃刀法できたときに収蔵美術品登録した上で鍵付きケースに入れた上で登録証と常に置けば問題ないよ
うちみたいに縁の下に祖父が隠してたのは別
あの野郎、樺太で切ってきやがったからまがってやんの

140: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 14:04:04.38 ID:nwk2eNgO0
敗戦時に戦利品として持ち出された物の中には
国宝級のものも多くあるだろうという話
価値のわからない米兵にはサビだらけの鉄でしかないか

157: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 14:22:50.52 ID:cHXsJzME0
虎徹が高いんでしょ
鑑定団で1000万と思ってだしたら数十万とかで
持ち主が真っ白になってたのを見たぞ

長曽祢興里

長曽祢興里(ながそね おきさと、不明 - 延宝6年(1678年)6月24日)は、江戸時代(寛文頃)の刀工。剃髪して入道名を虎徹と名乗った。長曽祢虎徹興里(ながそね こてつ おきさと)、長曽祢興里虎徹(ながそね おきさと こてつ)、あるいは長曽祢興里入道虎徹(ながそね おきさとにゅうどう こてつ)とも称される。
https://ja.wikipedia.org/wiki/長曽祢興里

158: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 14:24:17.01 ID:kLQ39eWx0
量産品の村正は3代以降が作った量産
(まぁ高い技術力があるから量産できるんだが)

妖刀と呼ばれる業物は初代と2代

172: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 14:42:01.90 ID:dCwKE95Q0
村雨丸はないの?

182: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 14:52:25.74 ID:YVUYx5Eu0
>>172
そいつは江戸時代の小説の登場武器だ
足利の宝刀で絶えず水が滴ってて血や油が刀身に残らない手入れいらず

174: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 14:43:52.65 ID:7IF1Xb720
昔実家の古い納屋を取り壊したら屋根張りから日本刀が出てきた爺さんか終戦時没収に出さなかったようだ あれは村正だったな

185: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 14:59:39.93 ID:+fJweyLy0
反徳川勢がよく持ってただけで妖刀扱いされた村正一門かわいそう

203: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 15:28:01.19 ID:YVUYx5Eu0
>>185
逆逆
その反徳川が持った理由は妖刀だからだよ
正確には家康さんの直近の血族の死に関与率が高かったってだけだけど、
単に松平の本拠地三河と村正の居た伊勢が近かったってのが大きいだろうけどね
御近所に質の良い実用刀を打つ刀工が居れば必然的にその所有率は上がるってだけで

200: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 15:21:21.77 ID:0OEhGGkr0
>>185
それだけ目にする機会が多かった
量産品だって話だっけな

216: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 15:54:56.47 ID:+fJweyLy0
>>200 刀剣作りには砂鉄の質が大切らしいから
良いのが採れたんでしょうね

187: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 15:00:59.01 ID:7nIrgnjW0
そんなに錆びやすいのか日本刀

188: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 15:03:23.49 ID:S940d3Y20
>>187
最近のステンレスが素晴らしく錆びないだけで鉄って簡単に錆びるからなあ

229: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 16:17:24.59 ID:eO+z1X8u0
大名が金儲けのために名刀を宣伝したという話もあるから
投資になっていたかもしれない

231: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 16:24:16.25 ID:+fJweyLy0
>>229 信長「茶器でやったった」

223: 不要不急の名無しさん 2020/08/14(金) 16:07:33.54 ID:eO+z1X8u0
宮内庁でさえ正宗は存在しない後世でつくった偽物だと言っているから本物はなかなか見られない
日本のどこかにラスボス刀があるかもしれないけど一般人が見ることはないね



引用元: ・https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1597377544/