fb262e2a5704a2402e3213683da4f2a0

1: もぐもぐ名無しさん 2010/04/09(金) 20:36:51 .net
そもそも赤犬ってなんだよ

3: もぐもぐ名無しさん 2010/04/10(土) 20:02:29 .net
大阪の郷土料理だろ

5: もぐもぐ名無しさん 2010/04/11(日) 17:30:40 .net
都市伝説×
犬阪の日常○

6: もぐもぐ名無しさん 2010/04/16(金) 21:34:04 .net
ボシンタンだっけ?
7400891d

ポシンタン
ポシンタン(補身湯、ほしんとう)とは犬の肉を使用した朝鮮半島の料理で、言葉通りに体に栄養を補うスープを意味している。もとの名はケジャンクク(개장국、ケは犬を、ジャンククは辛味のスープを意味)である。
1980年代序盤、犬の食用を禁じた当局の取り締まりを避けるため、よく知られていた補身湯という名称を伏せるために作られた別名称が存在する。これらはいずれも韓国での呼び名で、韓国においては犬肉を野菜とともに煮込んだスープが出されるが、北朝鮮では犬肉を「タンコギ」(단고기、「甘い肉」の意)と呼ぶ。
朝鮮において、犬の肉は伝統的な料理の一つであるが、犬の肉を食べることが稀である日本や欧米では理解されず、「野蛮」であるとして批判された。これらの事情から、ソウルオリンピックや2002 FIFAワールドカップの際にはこれを扱う食堂は表通りから一時一掃されたが、2008年頃からでは再び増加している。2000年代後半時点において、韓国では年間200万頭の犬肉を消費しているという調査結果もある。


http://ja.wikipedia.org/wiki/ポシンタン


15: もぐもぐ名無しさん 2010/04/27(火) 09:08:24 .net
大阪で子供の頃から食わされてた俺がいる。
って言うか定食屋の味だ^^

東京に来て食ってないが 居酒屋で馬刺し食ってた時に店主に内容を聞かされた時が衝撃的だったw。

赤犬食ってるより馬刺しの方が 馬のキンタマ食わされてると思うと
ホルモン系は内蔵料理を名前をすり替えて食わされてる気がする。

16: もぐもぐ名無しさん 2010/05/10(月) 20:46:03 .net
>>15
馬刺が馬の金玉ってなんじゃい

17: もぐもぐ名無しさん 2010/05/24(月) 23:45:44 .net
ひい爺ちゃんが赤犬うまいって言ってた
戦時中に中国で食ったそうだ

25: もぐもぐ名無しさん 2010/09/19(日) 19:33:24 .net
一条ゆかりの漫画「有閑倶楽部」に、「犬肉は赤黒白の順にうまい」とあったけど、
中国留学中に知り合った韓国人(おばさんが狗肉料理屋)曰く
「白い狗は賢い、よって美味い。猫は頭が悪い、よって不味い」と。
真偽のほどはともかく、狗・鴨・羊は体が温まる。

31: もぐもぐ名無しさん 2011/04/12(火) 07:17:47.75 .net
うちのジーサン(93)に聞いたけど
「ありゃあチョーセンはよう食いよったがワシらはよう食わんよの
お前はチョーセンと付き合いがあるんか?気ぃつけんと、あんなら恐ろしいけぇの」
と言われた。
街中の人通りの多い道端でも、チョーセンは平気で犬を煮て食べてて臭かったらしい。

35: もぐもぐ名無しさん 2011/07/04(月) 16:46:04.22 .net
俺、沖縄に住んでるけど、60歳くらいのおっさんから赤犬を食べた話し聞いた事ある。

今はたべないけど。

その話聞いてから、同じ年代の人に確認の意味で質問してみたら、自分は食べた事ないけど、食べてるのはみた事あるとか、事実に近い話は聞けた。

で、赤犬食べた事ある?と質問するのではなくて、犬って昔食べてたの?と質問したんだ。

そしたら、赤い犬って共通して言っていたから、やっぱりかぁと。

45: もぐもぐ名無しさん 2011/11/19(土) 11:55:48.64 .net
神奈川だけど、爺ちゃんが戦中から戦後にかけて食べてたらしいよ。

52: もぐもぐ名無しさん 2011/11/20(日) 10:21:51.91 .net
韓国じゃ普通に『犬』料理が食べれますよ。
数年前に東京だったか、川に犬の頭部が何10頭分も捨てられてた事件、あれ中華料理屋だったよね? 料理の材料だったとインタビューに答えてたよ。

58: もぐもぐ名無しさん 2011/11/20(日) 17:19:45.08 .net
戦後は焼肉で犬の肉食ってたらしい、牛や犬の腸なんか日本人は食べる文化無かったので捨てられていたのを、在日朝鮮人が焼いて食べたのが『ホルモン』の始まりで語源にもなった。


95: もぐもぐ名無しさん 2011/12/17(土) 19:47:32.88 .net
ベトナムも食べるよね

107: もぐもぐ名無しさん 2012/03/19(月) 20:34:08.46 .net
十数年前韓国に行ったら、街外れの市場で中型犬の姿焼きが売ってたよ。
文化の違いとはいえ、あれはショックだった。

108: もぐもぐ名無しさん 2012/03/20(火) 15:32:25.85 .net
食肉用の家畜は世界に色色とあるね

109: もぐもぐ名無しさん 2012/06/11(月) 06:48:22.25 .net
日本は江戸時代まで赤犬を食べる文化が根付いてたよ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8A%AC%E9%A3%9F%E6%87%E5%8C%96

>「江戸の町方に犬はほとんどいない。武家方町方ともに、江戸の町では犬は稀にしか見ることができない。
>犬が居たとすれば、これ以上のうまい物はないと人々に考えられ、
>見つけ次第撃ち殺して食べてしまう状況であったのである。」としている[20]。

都民の体には赤犬の血が混じってそうw

113: もぐもぐ名無しさん 2012/06/11(月) 12:45:05.58 .net
>>109

近世になっても犬食の文化は存続していたとされ、松井章などの発掘によると下層民だけではなく上級武士などでも食されていたとされる。
例えば姫路城内のゴミの穴からは刃物による傷のある犬の骨が発見されている。
また岡山城の発掘時には食肉獣の骨の中に混じって犬の骨も出土しており、体の一部分のみ多数出土したことから、埋葬ではなく食用であった可能性がある。


鹿児島にはエノコロメシ(犬ころ飯)という犬の腹を割いて米を入れ蒸し焼きにする料理法が伝わっていた[19]。

「薩摩にては狗の子をとらへて腹を裂き、臓腑をとり出し、其跡をよくよく水にて洗ひすまして後、米をかしぎて腹内へ入納、
針金にて堅くくりをして、其まま竈の焚火に押入焼くなり、納置きたる米よくむして飯となり、其色黄赤なり、それをそは切料理にて、汁をかけて食す、甚美味なりとぞ。
是を方言にてはゑのころ飯といふよし。
高貴の人食するのみならず、薩摩候へも進む。但候の食に充るは赤犬斗を用るといへり」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8A%AC%E9%A3%9F%E6%87%E5%8C%96

111: もぐもぐ名無しさん 2012/06/11(月) 11:20:15.76 .net
昔のキン肉マンでこのネタなかったっけ?

116: もぐもぐ名無しさん 2012/06/13(水) 17:36:44.20 .net
>>111
ちょっぴり贅沢、赤犬のステーキ。ってヤツだね。

119: もぐもぐ名無しさん 2012/10/18(木) 02:50:37.52 .net
少なくとも昭和40年代の関東ではまだ食べてる人が居たよ
自分が幼稚園位の頃、遊びに来た兄の友達(当時小学生)が家で飼ってた茶褐色の犬を見て「旨そう~」とか言ってて…

兄に聞いたら、そのウチは犬を食べる事もあるらしかった

126: もぐもぐ名無しさん 2012/10/27(土) 00:32:01.56 .net
都市伝説じゃなくて新大久保が現実

146: もぐもぐ名無しさん 2013/03/13(水) 07:49:33.97 .net
昔見たバイオレンスジャックにも犬肉の料理が出ていたな。

160: もぐもぐ名無しさん 2014/07/04(金) 20:46:50.97 .net
鎌倉時代に行われた犬追物では
射殺された犬はそのまま食用にされてたんだよね
んで、その後の戦国時代には野犬狩りが武士の嗜みの一つになってゆき
武士は犬を食い物と考えてた
ただ、江戸時代になると江戸府内での刀剣使用が禁止になると同時に
武士が野犬狩りをして犬を食うのが禁じられた
(わざわざ禁令が出たのは食ってた証拠ともいえるが)
これは「野犬狩り」名目で武装した武士が一箇所に集まるのを
幕府が危険視した意味もあったと思われる
そして綱吉の生類哀れみの令で、本格的に犬食い禁止が徹底されたが
その後も「狸汁」という隠語を使い食っていた
元スレ:http://hello.2ch.sc/test/read.cgi/food/1270813011/
04




食用の赤犬といえばチャウチャウ
けど舌は青いのだ