no title

1: プラチナカムイ ★ 2019/04/25(木) 00:32:59.92 ID:/Wr9FXlZ9
【AFP=時事】サウジアラビアで、雇用主の家族に「呪い」をかけたとして死刑判決を受け、10年以上にわたって収監されていたインドネシア人の家事労働者2人が減刑・釈放され、24日に帰国した。インドネシア外務省が発表した。

 インドネシアの首都ジャカルタに同日到着したスマルティニ(Sumartini)さんとワルナ(Warnah)さんは、2009年にサウジアラビアの裁判所で死刑判決を受けていたが、数年にわたる両国政府の交渉の結果、今年に入り減刑された。

 スマルティニさんは、雇用主の一家の17歳の息子を呪術で「消した」罪に問われていた。だが息子は後に生きて発見された。

 一方ワルナさんは、雇用主の第1夫人に呪いをかけ謎の病にかからせたとして有罪になったと、インドネシアメディアが報じている。

 超保守国家のサウジアラビアではイスラム教の厳格な解釈に基づき、宗教警察が取り締まりを行っており、呪術を用いたとみなされた容疑者は逮捕される。

(以下略)

うしみつ注:引用此処まで。全文はソース元をご覧ください
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00000000-jij_afp-int