chang_eng3
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/04/29(金) 22:20:03.40 ID:2quO3XhYdNIKU.net
そもそもシャム双生児知らんやろ?
結合双生児
結合双生児(けつごうそうせいじ)とは、体が結合している双生児のことである。シャム双生児とも呼ばれるが、これは著名な結合双生児「チャン&エン・ブンカー兄弟」の出生地がシャムであったことに由来し、特別にシャムで結合双生児が多かったわけではない。
結合双生児は、およそ5万〜20万出生あたり1組程度の割合で発生するといわれる。中東およびアフリカではより発生率が高いといわれるが、正確・確実な統計は無く、推計の域を出ていない。1970-1977年に行われたアメリカの大規模調査では出生7,903,000件に対し81組(出生10万に対し約1.025組の割合)であった。
一卵性双生児の発生において、通常、受精後およそ10日以内に受精卵が分裂した場合は完全に分離した双生児が発生するが、受精後13日目以降に分裂が起きた場合、原始結節や原始線条の部分的な分離によって結合体が生じる。結合部位により胸結合体、臀結合体、頭蓋結合体などが分類される。グースコイド(Goosecoid)のような遺伝子の発現異常が原因となることもある。こうした部分的な分離において、生命維持に必要な器官が共有されていない場合には外科的に分離することができる。また、脳や心臓などの非常に重要な臓器が結合している2人を分離して両者が生存した例もある。


https://ja.wikipedia.org/wiki/結合双生児