1: Hikaru ★ 2019/06/04(火) 09:02:14.21 ID:mufyBSDQ9
夢野久作の未発表書簡見つかる 大崎出身の作家・佐左木俊郎宛て
河北新報 2019年06月04日 火曜日
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201906/20190604_15020.html

 日本探偵小説の三大奇書の一つとされる長編「ドグラ・マグラ」(1935年刊)を著し、今なお人気が高い夢野久作の未発表書簡2通が、仙台文学館(仙台市青葉区)で見つかった。
宛先は大崎市出身の編集者・作家の佐左木俊郎。当時の作家と編集者の交流が浮かび上がる貴重な文学資料だ。

 書簡は、札幌市に暮らす佐左木の子孫から同館に寄託された遺品241点の中にあった。
32年3月23日付の便せん2枚と同4月12日消印の13枚。末尾に夢野の法号「杉山萌円」の署名が見える。

 前者では、後に「ドグラ・マグラ」となる長編のタイトルを「脳髄は物を考える所には非(あら)ず」としたい旨を伝え「私の書きますものは田舎臭く不調法なのは申すまでもなく、総体に変鬱(うつ)で重苦しいと皆申しますから、目下の傾向ではトテモお役に立つまいとは存じますが」と謙遜する。

うしみつ注:引用此処まで。全文はソース元をご覧ください

◇ 夢野が佐左木に宛てた3月23日付の書簡
no title

3: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 09:07:46.42 ID:kq3tGeRn0
チャカポコ

4: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 09:08:10.77 ID:rSEqDkeI0
この人の息子がまた、すごい人で
インドでは「緑の父」と呼ばれて
資材を投げ打ってインドの半砂漠
地帯を灌漑した

17: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 09:27:00.46 ID:92qOd3aV0
チャカポコのとこもみんなしっかり読んでるの?

23: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 09:31:21.03 ID:3JVJvDVf0
>>17
読んだよ
あそこは七五調でまだ読みやすいけど脳髄論とかはきつかった

22: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 09:31:20.08 ID:2Jo+fvsJ0
「日本三大奇書」「ドグラ・マグラ」という中二心をくすぐるワード
「黒死館殺人事件」「虚無への供物」よりもタイトル勝ちしているよね

24: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 09:32:45.44 ID:7o5b/nUu0
いわゆる日本の四大奇書のうちドグラ・マグラ含め三作品まで
読んだが、特に精神の変調はない
国士舘だけは10ページほどで断念

66: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 14:16:12.23 ID:u4psoD0H0
>>24
健康そうw>国士舘

25: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 09:36:01.78 ID:TvAZJZty0
ドグラ・マグラ読んでみたいけど、
いつも何が言いたいのかよくわからなくて、序盤で断念する
ドグラ・マグラ
『ドグラ・マグラ』は、探偵小説家夢野久作の代表作とされる小説で、構想・執筆に10年以上の歳月をかけて、1935年に刊行された。
小栗虫太郎『黒死館殺人事件』、中井英夫『虚無への供物』と並んで、日本探偵小説三大奇書に数えられている。
1935年(昭和10年)1月、松柏館書店より書下し作品として刊行され、「幻魔怪奇探偵小説」という惹句が付されていた。夢野久作は作家デビューした年(1926年)に、精神病者に関する小説『狂人の解放治療』を書き始めた。後に『ドグラ・マグラ』と改題し、10年近くの間、徹底的に推敲を行った。夢野は1935年にこの作品を発表し、翌年に死去している。
その常軌を逸した作風から一代の奇書と評価されており、「本書を読破した者は、必ず一度は精神に異常を来たす」とも評される。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ドグラ・マグラ

27: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 09:40:40.90 ID:k2xa7aPx0
>>25
最後まで読んだけどよくわからなかった

62: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 13:18:43.85 ID:jY+3S5n80
>>25
若い頃じゃないと読めない
俺は高校時代と大学時代に読んだ
今も棚にあるけど、触りたくもない

34: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 09:56:11.32 ID:8dv+U3hO0
読んだら精神がチャカポコになってしまうから
未読の人はそのままでいろ

35: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 09:57:00.74 ID:X++mWShz0
自由国民社から出てる『世界のSF文学 総解説』があらすじを上手くまとめてる。
もちろんネタバレ全開。
総解説シリーズは読んだ本の感想メモ取るのが面倒な人やエアプ勢にお勧めのシリーズだよ

36: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 09:58:21.62 ID:GQkSJFww0
半分くらいまで読んだけど理解が追いつかなくてやめちゃったな

37: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 10:00:12.56 ID:W3AdMnNl0
あのやりきれない不条理感

39: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 10:02:34.00 ID:LzrkMBRt0
ドグラ・マグラと嵐が丘は読んでる最中に知恵熱が出た。
なんか作者の脳内に渦巻く狂おしい熱量というか、メーター振り切っちゃいました感に圧倒されたわ。

43: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 10:06:56.46 ID:e3GrD/1A0
脳髄は物を考える所には非ず

は、途中の論文のタイトルとして出てくるよね
よほど気に入った言葉と思われ

44: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 10:09:19.00 ID:qH8N771+0
ドグラマグラって
何回読んでも頭に入ってこなくて
また読まなきゃって思う
もしかしてこれがドグラマグラなのか?

46: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 10:12:25.65 ID:J1S/xPPT0
ドグラマグラは俺の厨二心に刺さる

45: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 10:11:41.67 ID:gPEueMJV0

角川文庫版
米倉斉加年のイラストがエロ怖い

49: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 10:22:16.17 ID:2l9vpOby0
まあドグラ・マグラは作者である夢野久作ですら何が言いたかったのか分からなくなってただろうしな
あまりにも執筆期間が長すぎた

52: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 10:44:53.46 ID:QAkzn/PE0
下巻の序盤で怖くなって読むの止めて20年くらい経つけどいまだにまた読もうって気にもならない
一度くらいは最後まで読み終えたいって気持ちはあるんだが…

58: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 12:18:00.63 ID:4Tfz7geF0
夢野久作の最高傑作は「瓶詰地獄」だろ。
かつては常に短編推理小説のNo.1にランクされていた。

「ドグラマグラ」は長すぎて、途中から作者自身も
相当に混乱している様子。

67: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 14:39:18.95 ID:UMUwYkkY0
結局ドグラマグラって何だったの?

65: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 13:38:50.75 ID:A2YPTaPK0
ジキルとハイドの話流用してるかもって話らしい
夢野久作がその著書を読んだ形跡があるとかで
ジキル博士とハイド氏は2つのストーリーを内包していて
1つは邪悪な博士に夢遊病にされ連続殺人を犯した無垢な青年
2つ目は連続殺人を犯したか定かでないが夢の中で生きる精神疾患の青年とそれを治療する精神科医
かの青年の中で殺人は夢か現実か、博士は善か悪か、
信用できない語り手の為に果たして何が真相か分からない仕様になってるのが特徴
ドグラマグラも信用できない語り手である精神病棟にいる主人公視点で結局真相は分からないって作り

70: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 14:53:29.52 ID:1dkFofwZ0
ドグラマグラの中の、
青年と少女の結婚前夜の話が怖かった
前夜に青年は少女を自身の離れに呼び寄せる
そして殺害してから、その死体の絵を描き出す
母親が離れに入りそれを見て、
「あんた何してるの?」と驚いて聞く
ここでの返事が怖かった

「あ、お母さん。待ってて下さい。
もう少しで腐りますから。」

73: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 15:45:19.37 ID:jLlpS/UL0
今の価値観で判断してはいけない。
あれを100年も前に書いてるすごさ

77: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 18:07:30.36 ID:+2grejXV0
夢野は当時の猟奇事件漁りまくっていたんだろうな
実際あったような話も多そうだから不気味
田舎の事件なんて全部実話っぽいし

78: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 18:42:18.73 ID:PdicouYg0
>>77
まぁ新聞記者だったりした事があるし、ネタの伝手にもあんま困らなかっただろう。

74: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 17:01:00.51 ID:gWr2rr/v0
これのベストアンサーが傑作w
ttps://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1027682090

息子が「ドグラ・マグラ」という本を持ってます
表紙のイラストが怪しげです
裏表紙に[これを読む者は一度は精神に異常をきたすと伝えられる、一大奇書。]
とあり、あらすじ的なことは書いてありません

どんな内容なのでしょう?
息子は大丈夫でしょうか?

75: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 17:06:49.04 ID:u4psoD0H0
>>74
ワロタwめっちゃ不安になるなw

元スレ:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1559606534/
07



長すぎて読んでるうちにドンドン心が離れていったんで
精神に異常をきたす事も無かった代わりに
内容もほとんど覚えてまへん…
黒死館は読んでると鼻血が出てくるけど、ドグマグは涎が出てくる、って程度の感想しかないですね白子は
今なら青空文庫で無料で全編読めますよ。読みませんけど




参考リンク:
青空文庫 - ドグラ・マグラ


●「うしみつ」ではみなさんからのネタ提供をお待ちしています●
ブログを見ていただいたみなさんからのネタ提供を募集します。
以下のようなネタがあれば、「うしみつ」にどしどしお送りください。
ネタはブログに掲載させていただきます。

・恐怖体験談、不思議体験談(実体験・創作問わず)
・「うしみつ」でやってもらいたい話題、ネタ(どんなものでも構いません)
・「うしみつ」で調べてもらいたい話題、ネタ(オカルト関連の未確認情報や噂など)
・イラスト投稿
・その他、速報や上記に該当しない様々なネタ


ネタ投稿は usi32@kjd.biglobe.ne.jp へお願いします。
尚、ネタ投稿以外の連絡先は別ですのでご注意ください。

追記①:たくさんのネタ投稿をいただいております。ネタはなるべく一か月以内に掲載させていただきますが、調査依頼など、掲載に時間がかかる物もあります。気長にお考えいただければ幸いです。
追記② :いただいたメールには掲載日までにお返事を送っております。PCからURL込みの返送となるため、設定によってはお手元に届いていない可能性があります。ご了承ください。