no title

1: みつを ★ 2019/06/17(月) 03:38:11.93 ID:36FVMNW79
https://www.afpbb.com/articles/-/3228371?act=all

ラップ風の礼拝に賛否両論、若者の宗教離れ阻止狙い イラク
2019年6月16日 10:00 
発信地:ミドハティヤ/イラク [ イラク 中東・北アフリカ ]

【6月16日 AFP】全身黒ずくめのラッパーが、舞台の上でマイクを握りしめて吐き出すように歌う。舞台の下ではイラクの少年たちが、胸をたたいて哀悼の意を表す。ラッパーが歌っているのは、殉教したイスラム教シーア派(Shiite)指導者イマーム・フセイン(Imam Hussein)にささげる哀悼の言葉だ。

 耳をつんざくドラムがホールに響き渡る中、10代のイラクの少年らは、預言者ムハンマド(Prophet Mohammad)の孫、イマーム・フセインやその他のイスラムの名士たちを称賛する言葉を叫び返す。

 これは、保守的なイラクのシーア派信仰地域でみられる一つの宗教運動だ。若者の宗教離れに歯止めをかけるため、イスラム教を象徴する人物への哀悼歌「ラトミヤ」を欧米スタイルのラップにアレンジするこうした動きは、功を奏しているように見える。

 首都バグダッドから南に約100キロのミドハティヤ(Midhatiya)にある地元の礼拝所では、おそろいの赤いシャツを着た10代の少年らが、礼拝に臨むかのように肩を並べて立っていた。

 だがスピーカーの電源が入って鳴り響いたのは、歯切れの良いドラムのビートと全身黒ずくめの若いラッパーの声だ。彼は、米ニューヨークの最も激しいラップバトルにも引けを取らない速いリズムで言葉を繰り出している。

 後ろの壁に並んだ高齢の聖職者でさえ、リズムに合わせて体を揺らしている。その中にはシェイク・サレム・ジャナヒ(Sheikh Salem al-Janahi)氏の姿もあった。ジャナヒ氏は、保守的な伝統を破壊していると繰り返し非難されている。

 ジャナヒ氏は、大音量の音楽にかき消されないよう声を張り上げながら、より保守的な聖職者らが「汚職や政治に関わったために、若者が宗教から離れ始めた」とAFPに語った。