no title

450: 本当にあった怖い名無し 2019/06/24(月) 01:23:26.15 ID:wRVTGMDi0
大学時代沖縄出身の友達が事故物件住んでた。 
造りは古いが風呂もついてて明らかに相場の半額に近い値段。 
どんな事故なの?って言ったら前に住んでたお婆ちゃんが強盗に襲われて死んださー 
と明るく言った。でも俺自身は霊感ないから平気さー何もないよーと笑ってた。 
大学に割と近くてたまり場になってたこともあり俺も何度も泊まった。 

ある日、男4人でそいつんちで飲んだあとそのまま雑魚寝してた。 
すると夜中3時ころか変な音で目が覚めた。 
誰かのいびきかヒューヒューと息苦しそうな呼吸音が聞こえる。 
顔を上げようとしたが体が動かない。と言うか指先も動かない、初めての体験だった 
んだが、もしかしたらこれが金縛り?と冷や汗が噴き出した。 
暫く体を動かそうと頑張ったが金縛りは解けず、何とか動く視線で上下左右に 
見渡すと、右下の視界遠くに見える押し入れの襖が音もなくスーッと開く。 
泥棒か?と視線を動かさずにいると押し入れの上の段から髪が真っ白で和服姿の老婆が 
にゅうっと半身を現した。老婆は長い首をまわし部屋の中を確認すると崩れ落ちてくる 
ように押入れから出てきた。 
ずるりと畳に着くと暫く伏した後、畳を這い動き回ろうとしている。 
友達たちは誰も起きようとしない。 
これは見たらいかんやつだと思ったが視線を外すことが出来なかった。 
老婆はうつぶせで畳に爪を立て部屋の徘徊を始めた。 
俺のちょっと右で寝てる友達の顔を覗き込んでいる。 
それから俺の足の方へ移動して視界から消えた。