773: 本当にあった怖い名無し 2019/06/28(金) 16:42:25.87 ID:8Nr6jLQ+0
石じじいの話です。

これは、じじいが子供の頃に、親から聞いた話だそうですから、かなり昔のことだと思います。
村に牛が飼われていました。
木材を運んだり、肥料を運んだりと役立ってきましたが、ある年の冬から体調がすぐれなくなりました。
春になっても日に日に弱っていきます。
村人は、死期が近づいているなと思いましたが、長年働いてくれたので、死ぬまで飼おうと話し合っていたそうです。
5月の花まつりの時、村の皆が寺に集まっているとき、その牛はどうしたことか牛屋から出て、やっとのことでひとりで御堂まであがってきました。
だれも、つなを解いたおぼえはないのに。
今にも倒れそうな牛は、御堂に近づくと、よろよろしながら、お堂のまわりを二めぐりしました。
そして、仏前に臥したそうです。
その寺の住職は、お経を唱えてやりましたが、牛は再び立ち上がり歩こうとします。
今度は、もう倒れてしまいそうでした。
村人も住職も、牛の体を支えてやりました。
牛はやっとのことでお堂をひとめぐりして、もとの位置にかえって座り込み、眠るように死にました。
村人は、読経して涙を流したそうです。