no title

1: 稲妻レッグラリアット(四国地方) [US] 2019/07/04(木) 07:34:30.70 ID:7JTv+7sr0● BE:201615239-2BP(2000)
米国の高速道路では、渋滞緩和を目的に、2人以上が乗っている車だけが走行できる専用の車線「カープールレーン」が設けられていることが多い。

米西部ネバダ州の高速道路では1日、運転手しか乗っていない霊きゅう車がカープールレーンで警察に停止させられたが、運転手は「もう一人、後ろに乗っている。死んでいるだけだ」と主張。

あきれた警官が結局、注意だけにとどめ、罰金を払わずに済んだ。

現場にいた警官が、CNNテレビに明らかにした。停車させた車の内部には、確かに棺おけがあり、遺体が寝ていた。
「後部席に同乗者がいたのではいけないのか」と主張する運転手には、カープールレーンが認める同乗者は法律上、生きていないといけないと説明した。
ただ、それまで聞いた中で「何より面白い返事だった」ことから、注意で済ませてしまったと警官は話している。

http://sp.m.jiji.com/generalnews/article/genre/intl/id/2229928