no title

1: 風吹けば名無し 2019/07/15(月) 06:20:22.87 ID:JiaVowOa0
彡(●)(●)

中国・湖北省で、有毒で常習性があるケシの実が「やみつきになる火鍋の特製スープ」の材料として使われレストランで提供されていたことが分かった。同省公安庁が発表した2018年の食品偽装にまつわる摘発・検挙についての報告で明らかになった。
ケシの実は、アヘンやモルヒネの原材料になるものもある。

報告によると、湖北省襄陽市城北街にあるレストラン「鮮香魚」は、料理が評判で各地から客が訪れていた。
2018年1月、地元警察はこの店について「変わった味だが、食べるとやみつきになってしまう」という通報を受け、直ちに捜査を開始。
料理や火鍋の調味料などを湖北省検査検疫局の技術センターに送ったところ、有毒なケシの実の成分が検出された。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-03234151-clc_cns-cn